実は素人が鑑定?!占い師の募集条件でわかる電話占いの本当の質

占い専門掲示板のウラスピやレディスピを見ていると、「電話占いの占い師なんて、相談上手な素人の主婦がお小遣い稼ぎでやっている!」という投稿をたまに目にします。

電話占いを利用している人や、これから利用しようと思っている人にとっては、ショッキングな内容ですよね。

電話占いの占い師は、本当に素人の主婦がやっているのか?

とても気になりますよね。

そこで今回は電話占いサービスの占い師の質を左右する「募集条件」について調べてみました。

電話占いの占い師に疑問や不安を感じている人は、是非チェックしてみて下さい。

・占い師の募集条件が甘くポテンシャル採用がある電話占いの問題点

電話占いサービスを見ると、どこも「厳選した占い師を採用!」と謳っていますよね。

利用者はその言葉を信じて、電話占いサービスに在籍している占い師を、全員プロだと思っている人が多いでしょう。

しかし、実際には100%プロ経験者のみとは言えない場合もあります。

なぜなら、占い師の募集条件が厳しい一部の業者を除き、ほとんどの電話占いサービスでは「ポテンシャル採用」があるからです。

ポテンシャル採用は、未経験の人でも「コミュニケーション能力が高い」「人の相談に乗るのが得意」など、霊感や鑑定能力などとは関係のない能力で採用が決まってしまうこともあり、素人の主婦でも占い師に慣れる可能性は十分にあります。

レディスピやウラスピの口コミで、「近所のおばさんに話を聞いてもらっただけのような感じ」「霊感なんて全然なく視えていないと思う」と、占い師の能力に疑問を持つ人が多いのも、鑑定技術が未熟なポテンシャル採用をされた占い師に当たってしまった可能性があるでしょう。

特に占い師の質に問題がありそうなのが、「ココナラ電話占い」です。

ココナラ電話占いは、従来の電話占いサービスではなく、「フリーマーケット」のため、誰も占い師の審査をしていません。

勝手に占い師を名乗り、「鑑定」を出品することで、誰でも簡単に占い師になれてしまうのです。

そのため、ココナラ電話占いでは、「自称占い師」が通用してしまうのです。

ココナラ電話占いは、1分当たりの料金も安く、手軽に鑑定が出来るところが口コミで人気にはなっていますが、占い師の質という点については、正直なところ問題が大きいと言えそうです。

ポテンシャル採用をしている電話占いサービスや、ココナラ電話占いのように、誰も占い師の審査をしていないフリーマーケットでは、あまり占い師に質を求めることはできません。

本物の占い師に会いたい人は、しっかり占術やプロとしての経験を重視して採用している電話占いサービスを利用しましょう。

・占い師の募集条件が厳しく経験者重視の採用をしている電話占い

では、占い師の募集条件が厳しい電話占いサービスとは、一体どこなのでしょうか?

素人には入り込むスキがない3つの電話占いサービスを厳選してご紹介しましょう。

■2占術以上取得している占い師のみ募集している【クオーレ電話占い】

創業20年以上の実績を誇るクオーレ電話占いは、知名度も高く、メディア出演している鑑定士も多い人気の電話占いサービスです。

そんなクオーレ電話占いは、電話占いサービスの中でも、採用条件が非常に厳しいのが特徴。

他社の電話占いサービスの中には、占術を持っていない人でも応募できるケースもありますが、クオーレ電話占いでは最低でも「2つ以上の占術」を取得していることが求められます。

更に習得占術には、「人の気持ちが占える占術を1種類以上」と「命占を1種類以上」という細かい条件までついています。

占い師の採用条件が厳しい電話占いサービスでも、占術数や占術の種類まで指定している業者は滅多にありません。

各電話占いサービスの占い師の募集条件を比較すればするほど、いかにクオーレ電話占いのハードルが高いかわかります。

趣味の延長でタロットをやっていたというレベルでは、クオーレ電話占いの占い師の募集に合格することは難しいでしょう。

数ある占い師の募集の中でも、クオーレ電話占いは業界屈指の厳しさと言えます。

こうした厳しい募集条件をクリアした人のみが、クオーレ電話占いの占い師として活躍できるのです。

クオーレ電話占いの占い師募集で採用されるためには、素人の主婦が合格する可能性は極めて低いでしょう。

そのため、クオーレ電話占いでは、本物の占い師に出会える確率が高いと言えます。

■即戦力のベテラン占い師を募集している【電話占いピュアリ】

占い師の質が良いと口コミで評判の電話占いピュアリも、採用の募集条件が厳しい電話占いサービスです。

電話占いピュアリの占い師の募集では、基本的に即戦力となる「ベテラン」を重視しているのが特徴です。

未経験での応募も可能としていますが、電話占いピュアリでは要求されるレベルが高いため、全く占いの経験がない人では、実際に採用されるのは難しいでしょう。

また、電話占いピュアリでは、占い師としての技術だけではなく、「コミュニケーション能力」や「アドバイザーとしての能力」も重視されるのが特徴で、社交性がある人の方が通過しやすいかもしれません。

占い師とは言え、電話占いは接客業なので、最低限の一般常識を身につけていないと、利用者とトラブルになる可能性が出てきます。

いくら鑑定技術が高くても、接客態度が悪く、コミュニケーション能力に難があるタイプだと、合格できない場合もあるでしょう。

電話占いピュアリでは、鑑定能力以外の部分もしっかりチェックしているため、接客技術も含めて総合的にバランスの良い占い師が選ばれやすいかもしれません。

■占術を持っている占い師のみ募集している【電話占いカリス】

恋愛問題の悩みに強い事で有名な電話占いカリスも、占い師の募集条件が厳しいことで知られています。

電話占いカリスの場合、占い師の募集条件に「能力・占術を持っている人」が挙げられています。

そのため、占術を取得していない人にとっては、電話占いカリスの占い師の募集に応募しても合格するのは難しいかもしれません。

一般社団法人日本占いコンテンツ協会の正会員になっているだけあり、電話占いカリスは占い師の質が業界でもトップクラスと言われています。

万が一、占術を持っていない人が書類審査を突破したとしても、実技のオーディションが待っているため、経験不足が発覚すれば、合格するのは難しいでしょう。

また、電話占いカリスも電話占いピュアリのように、「相談者の気持ちに寄り添える」という点も重視されているので、人柄も大きなポイントになります。

・占い師の募集条件が厳しい電話占いの方が実力派が多い!

電話占いサービスは、占い師の募集条件についてそれぞれ方針が異なります。

純粋な鑑定技術を重視して採用しているケースもあれば、鑑定技術はあまり問わず人柄重視のポテンシャル採用をしているケースもあるので、一言で「占い師」と言っても、個人差が大きいです。

口コミで「外れた」「当たった」という賛否両論の結果になるのも、単純に「相性」や「コンディション」の問題ではなく、単純な鑑定技術の未熟さが原因になっている可能性が十分に考えられます。

鑑定技術が未熟な占い師に当たりたくない人は、以下の3つのポイントに注意をしましょう。

■「占術の取得」が応募資格になっている

占い師の採用条件が厳しい電話占いサービスの場合、「占術の取得」を募集条件に挙げているのが特徴です。

占術の取得を占い師の募集条件に含めることによって、ただの素人が採用される確率はぐっと下がり、占い師の質がキープされやすくなります。

そのため、本当のプロ占い師に鑑定してほしい人の場合、クオーレ電話占いのように、占い師の募集条件に「占術」を指定している電話占いサービスを利用するのがおすすめです。

クオーレ電話占いは、占い師の募集で業界屈指の厳しい条件を指定しているからこそ、高い鑑定技術をキープし、現在も電話占いサービスの「元祖」として、20年以上もブランド力を保ってこられたと考えられます。

ポテンシャル採用ばかりで当たらない占い師ばかりを寄せ集めしている電話占いサービスは、いつか淘汰されてしまうでしょう。

■鑑定料金が安すぎる占い師は避ける

電話占いサービスでは、1分100円からという破格で鑑定をできる占い師もいます。

一見「ラッキー!」と思えるかもしれませんが、鑑定料金の安さだけで食いつくのは危険。

なぜなら、電話占いサービスで最安値に設定されている多くは、経験や実績が少なく、いわゆる占い師の募集でポテンシャル採用された人ばかりだからです。

どこの電話占いサービスでも、人気のある占い師は300円~400円前後の鑑定料になることが一般的。

100円鑑定できる占い師は、相場よりもかなり安いというメリットはありますが、その分鑑定技術もあまり期待できません。

大事な悩みを相談する時には、安い占い師ではなく、ちょっと鑑定料金は高くても経験や実績が豊富な占い師にお願いしましょう。

■鑑定歴を確認する

電話占いの募集でポテンシャル採用された経験の浅い占い師を避けるためには、鑑定歴をチェックしてみることも一つのポイントです。

特に注目をしたいのが「対面鑑定の経験」の有無です。

実は電話占いサービスというのは、ここ数年になってからどっと増えてきた傾向があり、それに合わせて鑑定実績が未熟なポテンシャル採用の占い師の数も増えてきたという背景があります。

つまり、電話占いサービスでしか鑑定経験がない人というのは、「占い師募集のハードルが下がってから採用された人」の可能性が高いのです。

一方、電話占いがなかった以前は、「対面鑑定」を主流であり、長年プロの占い師として活躍してきた人ほど、対面鑑定の経験がある人が多いという特徴があります。

過去に対面鑑定の実績もある占い師は、それだけ長くプロとして活躍している証拠。

勿論、電話占いの実績だけでも良い占い師は沢山いますが、対面鑑定の実績もある方がより好ましいと言えます。

多くの電話占いサービスでは、占い師のプロフィール画面からこれまでの鑑定歴を確認できるようになっているため、占い師を選ぶ時に参考にしてみましょう。

しかし、一部の電話占いサービスの中には、本来だったら占い師のアピールポイントになるはずの「鑑定歴」を非公開にしているケースもあります。

鑑定歴を掲載できないということは、それだけ自信がないという気持ちの表れにも見えるため、真剣な相談をする時には避けた方が良いでしょう。