【夫婦関係の修復はもう無理?】電話占いで相談&解決するコツ

電話占いの相談内容の中で、非常に多い悩みの一つが「夫婦問題」です。

夫婦問題は身近な人には相談しにくく、悩みを抱えこんでしまうケースが少なくありません。

そんな精神的に追い込まれてしまった人に、電話占いは最後の救済の手段になる可能性があります。

今回は夫婦問題で行き詰まってしまった人に、電話占いでの解決方法をご紹介しましょう。

なぜ電話占いで夫婦関係の悩みを解決できるのか?

夫婦関係を電話占いで相談するメリットは主に2つあります。

■相談することで気持ちが軽くなる

電話占いで夫婦問題の相談をしてくる人は、「他人には言えない」という追い詰められた状態に置かれているケースが目立ちます。

親との信頼関係があり、親に夫婦問題で泣きつける人は良いですが、親子関係が悪かったり、既に親が他界している場合、頼りできる人が身近にいない為、誰にも相談できずに孤立してしまいがち。

親に話すことができたとしても、親が相手へあなたの不満をうっかり伝えてしまったり、怒って詰め寄ってしまったために、夫婦関係がますます悪化する場合も考えられるため、必ずしも親に夫婦関係を相談することが良い解決になるとは限りません。

また、いくら仲が良い友達だとしても、「不倫されている」「生活費を渡してくれないでお金に困っている」など、打ち明けるのに勇気がいるような話も多く、なかなか言い出せないもの。

特にこれまで夫婦関係や結婚について、周囲から「羨ましい!」「憧れる!」と思われていた人ほど、プライドが邪魔をしてしまい、自分の悩みを周囲に言い出せなくなってしまいます。

そんな時、夫婦関係について積もり積もった気持ちを意外に簡単に打ち明けられるのが「電話占い」です。

電話占いの場合、顔を合わせる必要がないので、悩みを打ち明けるプレッシャーや負担が軽減されるのが大きな魅力。

対面鑑定の場合だと、顔を合わせないといけないので、人によっては負担が大きく感じられてしまうでしょう。

電話占いは「他人」だからこそ、対面では話しにくい内容も打ち明けられやすいという部分があります。

電話占いを上手く利用することによって、人には言えない胸の奥にしまっていた悩みを全て吐き出すことができ、不安から解放されることができるのです。

誰にも言えなかった不満を、一度吐き出してしまうと、中にはそれだけで気持ちが元気になってしまう場合もあるので、悩みを聞いてくれる人を見つけるということが非常に重要なのです。

対面鑑定だと、営業時間内に相談に行く必要がありますが、電話占いであれば、365日24時間利用できるので、夫婦の悩みを打ち明けたいと思った時に、場所や時間を問わずにすぐに相談できるのがメリットと言えます。

■視野が広がり良い解決方法が見つかる

電話占いで夫婦関係を相談すると問題を解決できる理由として、「視野が広がる」という点が挙げられます。

これまで一人で問題解決方法を模索していた人は、視野が狭くなっている可能性があるため、他の人の意見を聞いてみるということがとても重要です。

鑑定士は、ただ相談者が置かれている状況や相手の気持ちをみるだけではなく、状況が好転するように解決策を提案してくれます。

ただ、霊視や透視をするだけなら、経験の浅い鑑定士でも十分に対応できますが、実際には霊視や透視をして言い当てるだけでは、「良い鑑定士」とは言い切れません。

口コミでも評判が良い鑑定士は、占い技術の高さに加えて、事態を好転させる「解決能力」に長けています。

特に経験が豊かなベテランの鑑定士ほど、「解決能力」が高く、鑑定料金も高額になる傾向です。

そのため、夫婦関係の相談をする場合は、いくら霊感が強くても、人生経験の浅い鑑定士より、多少鑑定料金が高くなったとしても、人生経験も鑑定実績も豊富なベテランの鑑定士にみてもらうことをおすすめします。

それでは、夫婦の悩みを電話占いで相談する時のコツをこれから一つずつチェックしてみましょう。

電話占いで夫婦の悩みを相談するコツ①質問内容を決めておく

夫婦の悩みを電話占いで相談する場合、「質問内容」は予め決めておきましょう。

夫婦の悩み相談は、状況を説明したり、感情的になってしまうと、ついつい鑑定時間が長引いてしまうことがよくあります。

何個も質問をすれば、その都度鑑定時間が必要になり、気づいたら1時間以上も話をしていたなんてケースも。

電話占いは一般的に1分200円~300円前後の鑑定士が多いため、1時間も鑑定をしてもらうと、それだけで1万円以上の鑑定料金が確定してしまいます。

そのため、質問内容を事前に絞って、本当に必要な部分だけ相談することによって、高額な請求を回避することができます。

電話占いをするのであれば、1回の相談で質問は1個か2個に絞っておきましょう。

また、電話占いは鑑定士の能力や扱っている占術によっては、鑑定時間が短いケースもあれば、長いケースもあります。

霊感霊視の場合は、生年月日や名前を必要とせず、聞き取りが少なく比較的サクサクと鑑定が進む場合が多いですが、生年月日や名前などの聞き取りを必要とする四柱推命などの占術は、鑑定に時間がかかりやすいです。

中には、鑑定時間を意図的に引き延ばそうとする悪質な鑑定士もいますので、事前に口コミをチェックして、スピーディーな鑑定をしてくれるか確認しておきましょう。

電話占いで夫婦の悩みを相談するコツ②相談する時間帯を決めておく

電話占いで夫婦問題の悩みを相談する時は、「相談する時間帯」を決めておくことが大切です。

夫婦問題の悩みは、家族であっても聞かれたくない内容なので、出来るだけ家族が出払っている時間帯がベスト。

家族が仕事や学校に行っている昼間の時間帯、もしくは家族が寝静まった深夜や早朝の時間帯なら、ゆっくり電話占いで相談できるでしょう。

用事と用事のすきま時間にかけてしまうと、鑑定途中で切り上げないといけなくなってしまう可能性もあるので、「落ち着ける時間帯」を狙うことがポイントです。

電話鑑定の一般的な相談時間は、鑑定時間や説明などを含めて30分~40分程度なので、最低でも30分程度の時間が確保できる時間帯を利用しましょう。

また、電話占いをしている鑑定士は、個々によって待機時間がそれぞれ異なります。

平日に昼間しかいない先生もいれば、深夜にしか現れない先生もいて、なかなか鑑定時間が合わずに困っている人もいますよね。

どうしても鑑定してほしい鑑定士が要る場合は、鑑定士の待機時間に合わせないといけなくなってしまいますので注意が必要です。

小さな赤ちゃんなどがいて、気になる鑑定士の待機時間に合わせるのがどうしても難しい場合は、もしも対応しているのであればメール鑑定をお願いするのも一つの手段。

コンタクトや予約を取れるようになっている場合は、予約をリクエストするのも良いでしょう。

電話占いサービスによっては、初回鑑定の特典として、「優先予約」をつけているところもあります。

本当は相談したい人気鑑定士がいるけど、いつも順番待ちで時間が合わず入れないという場合、優先予約を上手く利用すると、びっくりするほどスムーズに鑑定してもらえることができるのでおすすめです。

電話占いで夫婦の悩みを相談するコツ③夫婦問題に強い鑑定士を選ぶ

電話占いで夫婦の悩みを相談する鑑定士を選ぶ時には、「夫婦問題」に強い人を選びましょう。

電話占いでは、よく「恋愛」や「復縁」などを得意ジャンルに挙げている鑑定士が多くいます。

夫婦問題も元を辿れば恋愛問題なので、「恋愛が得意な先生でも大丈夫だろう」と思って、あまり深く考えずに鑑定士を選んでしまう人も少なくありません。

しかし、恋愛と夫婦問題では、全くジャンルが異なります。

また、夫婦問題を読み解くには、鑑定士本人にも、結婚の経験があったほうが理解しやすく、相談者の悩みを深く理解できるでしょう。

そのため、若い独身女性の恋愛ジャンルを得意としているのではなく、「家族」や「離婚」問題に長けている鑑定士を選ぶことをおすすめ。

電話占いサービスによっては、「恋愛」ジャンルにばかり特化した鑑定士を集めているケースもあるので、どんな電話占いサービスを選択するかが、非常に重要になります。

鑑定士によっては、夫婦問題については、「占えるけど得意ではない」というケースもあるため、口コミなどでどんなジャンルの鑑定を得意としているか、チェックしておくのがポイントです。

不得意ジャンルの鑑定を依頼してしまうと、鑑定士によっては実力を発揮できずにハズしてしまう可能性があるので、鑑定ジャンルを重視して鑑定してもらいましょう。

最初の夫婦占いで納得できなければ「セカンドオピニオン」

初めて電話占いをする人の場合、多くの電話占いサービスでは初回10分無料鑑定をしていることが多いので、まずは新規会員登録をして特典を利用してみましょう。

電話占いサービスによっては、特典は1回だけではなく、複数回の無料鑑定がつく場合もあるので、よく比較することが大切です。

どちらかというと、創業年数が長く実績がある大手の電話占いサービスは、あまり初回特典には力を入れておらず、知名度の低い中小規模の電話占いサービスの方が、紹介特典が豪華な傾向があります。

複数回の無料鑑定がつく電話占いサービスだと、もしも一人目の鑑定士がダメだった場合、二人目を気軽に試すことができるので安心です。

ただ、中小規模の電話占いサービスは、通話料が自己負担になっていたり、大手に比べて鑑定士の質が悪かったりするケースもあるので、必ずしも初回特典のお得さだけで決めてしまうのもよくありません。

また、夫婦問題の相談で電話占いを利用する場合、鑑定時間によっては何万円もの請求が発生する可能性があるため、請求方法によっては家族に怪しまれる可能性があります。

特に夫名義で契約しているクレジットカードやキャリア決済を使用している場合、請求書を夫が確認した時に、占いのことがバレてしまうかもしれません。

また、通話料のかかる電話占いの場合、かけ放題契約している契約を利用しないと、鑑定料金とは別に通話料が別途発生するため、通話料の高さから電話占いを利用していたことがバレル可能性もあります。

家族に電話のことをバレタクない人は、家族名義の決済方法は利用しないようにしましょう。

一人目の鑑定士では満足できず、二人目、三人目とセカンドオピニオンを求めて鑑定を続けるのはよくあることですが、やはり「鑑定時間」や「利用頻度」に気をつけないと、ただの占い依存のジプシーになってしまう可能性があるので気をつける必要があります。