電話占い依存の克服方法とは?

「電話占い依存症」とはご存知でしょうか?電話占いに依存してしまう方の事を言うのですが、抜け出したくても抜け出せない方に今回は電話占い依存の克服方法をお教えいたします。是非困っている方はご覧ください。

おすすめの占いサービス

電話占い依存症

電話占い依存症とはその名の通り電話占いに依存してしまっている状態の人の事を言います。「月に何万も電話占いにつぎ込んでしまう方。」「一日に何度も占い師に電話をしないと不安で眠れない方。」「電話占いにお金を使いすぎて生活がままならない方。」
煙草やお酒と言った依存症とは異なり、現実での問題を相談したことをきっかけにどんどん深刻化していってしまう電話占い依存症。「抜け出したくても抜け出せない。」

具体的には、電話占いを一日に何回もかけてしまう人や電話占いで先生の意見を聞くまで安心が出来ない人、10何人もの先生に一気に電話をしてしまう人。電話占い代が払えていなく、催促がが来る状態なのに、まだ電話占いをしている・・・などの状態です。この電話占い依存症、実は結構なってしまう人が多いのです。今回の電話占い依存症がどれほど恐ろしいものなのか、また電話占い依存症になってしまった時の克服方法をお伝えします。

電話占い依存の末路とは

電話占い依存になってしまった人の末路はどのような感じなのでしょうか?検索をしてみると「電話占い依存症、占い依存症の人たちに対する厳しい意見が出ています。中でも周りの方には「イタイ」と思われているようです。このままですと、周囲からイタイ認定をされてしまい孤立しかねません。

電話占い依存は借金を抱える?

電話占い依存症の末路で一番恐ろしいものがこの借金でしょう。電話占いは基本的に無料で楽しむものではありません。占ってもらったらきちんと対価として金額をお支払いしなくてはなりません。しかし、電話占い依存症の方は自身にお金が無くても電話をかけてしまうため、ものすごい額の借金が溜まっていきます。最終的には踏み倒しや自己破産・・・なんて事にも!

電話占い依存は依存が繰り返される

そして、依存症の本当に恐ろしいところはふとした瞬間に再びハマってしまうということ。もう止められた、これで大丈夫と思っていても、何年後何か月後に電話占いをやってしまう。せっかく足を洗ったのに、せっかく借金を返せたのにまた繰り返しというようなことにならないためには「もうやらない!」と言う強い医師が必要になってきます。再び繰り返して閉まった時には、悪化しないようにもう一度早期の治療をしましょう。

こういったように占い依存症になってしまうと多くの辛いことがまっています。では、電話占い依存症になってしまった場合はどのようにしていけばよいのでしょうか?それは、電話占い克服法に頼るのが良いでしょう。

電話占い依存の克服方法は電話占いをやめること

電話占い依存を克服するには電話占い自体をやめてしまいましょう!なかなかそれが難しいところですよね。それができたら苦労しないのではないでしょうか?しかい、本気で辞めたいのであれば「電話占いサイトを退会する」ことが良いでしょう。その時に残っているポイントなどがあれば、勿体ないと思うかもしれませんが、電話をかけないでください。逆に考えて、沢山ポイントをどぶに捨てたのだからもうやることはないと思ってポイントを使い切らず、辞めたって構いません
はじめは電話占いがなくて不安な日々を過ごす事になると思いますが、耐えることが大切です。そのうち、なぜ電話占いにはまっていたのか馬鹿らしくなる日がきっときます。それまではどのような辛い悩みも自分の力で切り開き、また他の人に相談して心を安らかにしてください。

電話占い依存の克服方法は違う楽しみを見つけよう

全く絶つことが難しい人は、少しずつ減らして一日5回電話をかけてしまう人は一日1回に。週に2回かけてしまう人は1回に、月に4回かけてしまう人は月に1回に。こうしてどんどん減らしていってみてください。半年に1回。1年に1回くらいになってきたら、思い返して見てください。

毎日毎日電話する必要性があったのかどうかをまず、考えてみましょう。もし電話占いが恋しいと思うのであれば、この方法を続けてください。そうでもない。なんであんなにハマっていたのか分からないという人は電話占いサイトを退会するか、それかこの方法を止めても構いません。そう思えた場合は既に電話占い依存症は脱却しています。

電話占い依存の克服方法は違う楽しみを見つけること

電話占い以外の違う楽しみを見つけましょう。そしてその楽しみ方を全力で楽しんで下さい。そうすれば、電話占いをする回数は自然と減っていきます。おすすめとしてはスポーツをすると良いです。自分自身で抱え込んでる悩みのストレス発散にもなりますし、疲れて変えると不思議と電話をする力も無くなります。

そして、エステなどの美容系の楽しみでもいいでしょう。エステ自体単価が高いので、電話占いをするお金が無くなり、綺麗になることができます。しかし、今度はまた別の依存症にならないように注意が必要かもしれません。エステ依存症、買い物依存症などにならないよう注意が必要になってきます。

電話占い依存の克服方法はまさかの電話占い師に相談?

どうしても電話占いをやりたくなり、夜は落ち着かないし眠れないというような禁断症状のようなもおが出始めた場合、自身の意識や行動では少し限界があるのかもしれません。祖のようなときは、「電話占い師」に相談してみましょう。

「電話占い依存症のようです。どうしてもやめられなくて電話してしまいましたが、どうやったら依存症をやめられますか?」とハッキリと聞いてしまいましょう。
良い占い師さんであれば、あなたが電話占い依存症を抜け出すアドバイス、そして、良いお言葉を頂けますし、逆に今まで悪い占い師に鑑定を受けていたのならばあなたの心からの叫びに不誠実な反応をし、あなた自身が何かハッとすることがあるでしょう。是非お世話になっている占い師の方に聞いてみましょう。

電話占い依存の克服方法は心理カウンセラーに相談

電話占い師に聞いても、止まらず、違う電話占い師に電話をしてしまう。こうなってくると、いきなりハッと我に返り、電話占いをしなくなる日が来るのを待つ、もしくは最後の頼みである心理カウンセラーに相談する他ありません。やはり、煙草やギャンブルなどの依存症もそうですが、現在日本では心の病や精神病が理解され辛く、近しい人にすら自身がそのような依存症であるかもしれないと思っていても言い出せないもの。

なので、そのような時には電話占い師と同じ目線同じ第三者でありながら、専門知識がある心理カウンセリングを受けるのが良いです。心理カウンセリングを受けることによって、自身が今どのような状況なのか分かると同時に、的確なアドバイスを貰えます。また、希望すれば薬を出してもらえることもあるので夜中に不安になることもなく、苦労はするけれど、徐々に電話占いから離れていけることでしょう。

電話占い依存の克服方法は気軽に楽しむことが大切

占いと言うものは本来ならばお金をかけずに気軽に楽しむ事ができるものなのです。しかし、好きだからもっと本格的に占って欲しいと思う方だけが、少しのお金をかけて専門書を買ったり、占いの館に行ったり、電話占いをしたりします。本来占いは気軽にやるものなので、結果を重く受け止めてはいけません。

毎日見る星座占いと同じ感覚で結果を受け止めましょう。悪かったらそんな日もあるよね。と良かったら今日は良いことがありそうだとその程度でよいのです。占いの結果だけが自分の全てでは無いことをきちんと理解しましょう。

電話占い依存の克服方法は信じすぎないことも大切

占い師の言葉をひ一言一句信じすぎないことが大切です。当たる当たらない関係なく、これは全ての占い師を信じすぎてはいけないという事です。

何故信じてはいけないか?それは占い師自身に依存をしていることになるからです。自分が思っていることや悩んでいることを言い当てられてまた、頂いたアドバイスを実行したら先生の言う通りになったということがあるかと思います。そのような状況になった場合、その先生を信仰したい気持ちも良くわかります。

ですが占い師は人間です。その日の体調などによっても鑑定が変わってくるでしょう。神様でもないですし、あくまで助言者なのです。当たっていたらすごい。他の人にも利用してほしいから口コミを書こうとまた何か問題があれば相談しようとそれだけで良いのです。

電話占い依存の克服方法は自分に自信を持つこと

電話占い依存症の原因は自分不振からくるものです。なので、いちばん簡単な克服方法は自分を信じてあげること。それだけで良いのです。いきなり自分に自身を持ったり信じたりするというのは難しいものだと思いますが、他の誰かが信じている自分を信じるのがいいでしょう。

電話占い依存を克服した人の声を聞く

電話占いから足を洗えた方々から自分なりのペースで電話占いを趣味として楽しんでいる方まで、いわば電話占い依存症の苦を乗り越えた先輩方が多くいらっしゃいます。現在電話占い依存症、占い依存症の方は先輩方の存在を希望とし克服に向けて頑張りましょう。

まとめ

さて、いかがでしたか?電話占い依存の克服方法をご紹介させていただきました。もしも辛くて悩んでいる方がいらっしゃれば、一度、上記の方法を試してみることをおすすめいたします。

電話占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事