西洋占いとは?

西洋占いとはよく聞く占いではありますが、大きく西洋文化圏で伝えられてきた占いを「西洋占い」と呼ばれます。四大元素と言われる「火・土・風・水」の思想影響や、ユダヤ教、キリスト教の影響を受けている側面があります。さて今回はその西洋占いについて詳しく解説をさせていただきたいと思います。

おすすめの占いサービス

西洋占いの種類

西洋占いの種類には西洋占星術・タロット占い・マンデン占星術・ホラリー占星術・ルーン占い・西洋手相があります。
まず、西洋占星術ですが、生年月日・出生時間・出身地などをもとに、星の配置から性格や運命を導く占術となります。12星座など、広く知られる占いの一つかと思います。 そして次にタロット占いです。22枚の大アルカナ、56枚の小アルカナからなる計78枚のカードを利用し、占い行なっていくト術の代表的なものになり、西洋占いに含まれます。

ウェイト版、マルセイユ版と呼ばれるタロットデッキが有名ではありますが、独自の解釈により作られる多数のデッキがあるため、多くの絵柄、解釈の仕方がされます。 そして「ホラリー占星術」これは西洋占星術の一種で現在は多くの人が自身の生年月日、出生時間、出生地を把握することができますが、古い時代には個人のそういった情報を正確することは非常に難しいことでした。そこで編み出されたのがホラリー占星術だと言われています「質問」が生まれた時・場所に必然性があると解釈をし、その日時・場所ごとにホロスコープ図を描いて、答えを導くといわれている占いです。

そして次に「マンデン占星術」個人ではなく、会社・国家・社会といった大きなものを対象として占う占術です。政権や会社が成立したときにチャートを作り、その行方を鑑定してきます。特定のサイクルが始まる瞬間のホロスコープをつくり、その期間の社会現象を予測するような使い方をされるのです。

そして次に「ルーン占い」 ルーン占いのルーンとは、と言うけれど表記に用いられた文字体系を示します。一般的なルーン占いは24のルーン文字を刻んだ石を使い、どの石が出たかにより、メッセージを読み解く占いです。

そして次が「手相学」ですが、東洋の手相学、西洋の手相学と呼ばれる大きく分けて2種類があります。日本で一般的に使われているのは「西洋手相」にあたります。西洋手相は、手の皺やかたちなどから運勢やや性格を読み取っていく相術となります。

西洋占いと東洋占いの違い

西洋占い西洋占星術やタロット占いなどがありますが、西洋占いについては古来より星にちなんで占いを結果と出しています。雑誌などでよく見る、12星座占いがこの西洋占いにあたります。 東洋占いには四柱推命、紫微斗数、算命学、七政四餘、易占いなどがあります。東洋占いも原則としては暦を使用して時間を計ります。

星座などで、占いの結果を見る方法もありますが、西洋占いとの違いは時間の概念が2時間刻みであることです。2時間分の運命を占うことで、おおまかに占うことができます。問題点としては、細かい情報を占いの中に取り入れて、その運命がどうなるかというのは不得意であること。多数の条件をつけて占えないのが難点です。この場合は西洋占いの方が得意で、細かい条件をつけて占うのであれば、西洋占いの方が適しています。東洋占いは、その年、その月、その日のような大きな単位で占いをしてもらうことを得意としています。東洋占いは日本人に向けて作られている為日本人を占うとかなり精度が落ちます。東洋占いの場合はおみくじなどのようにアナログタイプの占いが作りやすいという特徴があります。機械ではなくアナログ抽選機のような古い機械が多いということです。

西洋占いと東洋占い占いたいことによって使い分ける?

西洋占いと東洋占いのそれぞれの違いから、自分が占ってほしい内容によって、使い分けの方がいいでしょう。自分の生まれ持った運命や宿命を知りたいって言った場合には、どちらも同じ有益な情報が得られます。また未来についてもそれぞれ独自の占い方で知ることができます。

ただし自分が良いのか悪いのか、浮気はどのように進んでいくのかを明確にしていきたいという人は、四柱推命がいいでしょう。一方、将来、重要な出来事が控えていて、その瞬間、その出来事が成功するか、そして何が起きたかといったことを知りたいのであれば西洋占星術がいいでしょう。

西洋占いと東洋占いはどちらが当たる?

西洋占いの中には、音楽などの星の距離などを測り、運命を占うのではなく、個人から聞き出した情報で運命を占う方に変えているものが多くなっています。そのため厳密に言えば、アドバイスに近い状態と言えます。

一方東洋の占いはと言うと占い師の客観的な判断と結びつくことで当たる占いとなります。東洋占いも星座や苗字などの文字数で運命を見極めた後に相手の情報を聞き出します。そして自分の占いから導いた計算と どれくらいズレがあるか占い師が判断します。そのズレを修正して占い師自身が相手の状況方向性を判断しアドバイスも的確に出します。アドバイスが的確であればあるほど占いをしてもらったが占いが当たっていると思います。

西洋占いの起源

西洋占いと東洋占いの相違点について、その起源から考えてみたいと思います。西洋占いというと多くの人に馴染み深いのが星占いでしょう。雑誌や新聞ではその月の運勢として星占いを掲載していますし、テレビ朝の情報番組で星座別に恋愛お金や仕事などを紹介していますよね。この星占いの起源は遥か起源と古代ギリシャまで遡り、その頃は夜空に数多く瞬く星と星を繋いで星座を作り、ギリシャ神話に登場する人物やモノに当てはめました。

そのうちのいくつかの星座星占いに使用されているのですが、星空と製作からはロマンチックだけど感じさせます。このようにロマンティックな気分をかきたてる星占いなので、多くの人に親しまれているのが西洋占いです。

西洋占いと東洋占いの共通点とは?

西洋占いと東洋占いに共通するものといえば時間を計算し自分の当てはまる星座や暦の運命がどのように変化をするかを計算することを原則としています。タロットや四柱推命などは太陽や月などの天体と地球と運行の長い年月をかけて観測し法則性をもとに結果を導き出しています。この時に秒単位で占うことができる占いが西洋占いです。2時間が最小単位として大まかに占うことができるのが東洋占いです。

西洋占いと東洋占いで結果が真逆のことがある?

まれに相性占いで西洋占いと東洋占いの結果が真逆で出会ったという結果が出る方がいます。それは何故なのでしょうか。 原因としてはデータが少ないことが挙げられます。特に当たると言われているのが東洋占いの四柱推命は生年月日の他に生まれた時刻と出生地出すことによりはっきり分かると言われています。

西洋占いで相性占いをしよう

西洋占いで相性を占うのであればホロスコープで占いをしましょう。ホロスコープによる相性占いを詳しく行う場合にはいろいろな要素を含めて考えます。多くの方は相性占いに必要な生年月日星座はご存知だと思いますが、中には星座の境目で生まれたのでどちらになるかよくわからない方もいらっしゃいます。またよく知られた12星座というのは生年月日、出生時刻から計算したホロスコープの中の太陽星座だけを基にしています。でも本来ホロスコープは最低でも10個(生まれた時刻と地域が分かれば12個)の占星点を考慮に入れます。
相性占いでももちろんそうです。 これによりより詳しい占いが可能となります。

無料の西洋占いはある?

無料で占える西洋占いは沢山あります。まず、西洋占星術もありますし、タロット占い、ルーン占いに至るまで、ありとあらゆる占いがあるので、是非探して占ってみてください。

西洋占いを行っている占い師さん

西洋占いで人気の占い師さんといえば「鏡リュウジ」さんです。鏡リュウジさんは、女性誌の連載や著作やテレビ番組出演などで西洋占星術やタロット占いを紹介してきた占い師さんです。そして携帯サイトの監修なども行っていて、その温厚な語り口で、ユング心理学をベースとした解説が特徴です。占星術研究家という肩書きは占い師にも冷笑家や、懐柔論者にもなりきらない。占いということに対する自分のアンビバレントな感情を反映していると自ら述べている。占い師お金が必要だと言う考えを述べたことがある占い師さんです。

まとめ

さて、西洋占いについて分かりましたでしょうか?
以下まとめになりますのでご覧ください。

・西洋占いについては古来より星にちなんで占いを結果と出しています。雑誌などでよく見る、12星座占いがこの西洋占いにあたります。 東洋占いには四柱推命、紫微斗数、算命学、七政四餘、易占いなどがあります。東洋占いも原則としては暦を使用して時間を計ります。星座などで、占いの結果を見る方法もありますが、西洋占いとの違いは時間の概念が2時間刻みであることです。2時間分の運命を占うことで、おおまかに占うことができます。

・西洋占いと東洋占いですが、アドバイスが的確であればあるほど占いをしてもらったが占いが当たっているといえます。西洋占いと東洋占いのそれぞれの違いから、自分が占ってほしい内容によって、使い分けの方がいいでしょう。

・西洋占いと東洋占いに共通するものといえば時間を計算し自分の当てはまる星座や暦の運命がどのように変化をするかを計算することを原則としています。

以上です。沢山ある西洋占いから好きな占いを選んで占いをしてみてくださいね。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事