水晶玉占いとはどうやったらいいの?

「占い師といえば水晶玉」そのように思っている方もいるのではないでしょうか?ですが実際に水晶玉を使って占ってている占い師さんというものはなかなか見かけませんよね?できる占い師さんも限られてくるのではないでしょうか?今回はこの水晶玉占いについて、どのように占っているのか?自分で占えるのか?などの疑問を解説していきたいと思います。

水晶玉占いの歴史

まず、水晶玉占いの歴史になりますが、ヨーロッパでは16世紀から正式に水晶が占いに使用され始めたと言われています。魔女裁判官だったピエール・ド・ランクルの著作には、 1530年にドイツ・ニュルンベルクにおいて、ある一人の僧侶が水晶玉の中に財宝とそのありかを見出したという記述が残されているのです。その水晶占いはその後、ロマたちによってヨーロッパ全土に普及し、17世紀の英国で流行。ちなみに当時は今のような球体ではなく、主に卵型の水晶が使われていたといいます。

日本における水晶占いの歴史に関しては詳しい事は明確になっていません。 ですが奈良時代に成立した、日本で最初の歴史書「日本書紀」の中には、豊浦の津で、水晶占いをされていたと解釈できる自分が記されており、この記述が本当であれば、日本では既にその当時から水晶占いが行われていた可能性があるかもしれません。

水晶玉占いの手順

それでは水晶玉占いの占い方の手順について解説していきます。

音が出るものは外に出す


水晶玉占いをする時はお部屋の環境を整えることが大事です。あらかじめ音がでるものは部屋の外に出しておきます。あとお部屋が明るすぎることで集中がしづらいと思いますので証明はいやいや落とした程度で済んだいとう程度の明るさに保つくらいがちょうどいいと言われています。

清潔なテーブルクロスに玉を乗せる

そして次にテーブルに清潔なクロスをかけ、その上に水晶玉を載せます。この時のクロスは白や黒など一色だけのものにした方が良さそうです。なぜかと言うとからの方が入ってしまうと水晶玉に写り込んでしまうからなのです。

水晶玉の真ん中を見る

そして次にクロスの上に水晶玉を乗せたなら、水晶玉の真ん中を見つめましょう。この時に焦点を合わせずに見つめるようなイメージが最も適していると言われています。その状態を継続していると水晶玉にぼんやりとしたものが見え始めます。

そしてさらに見るとなんらかのイメージとして文字や絵や映像などが浮かんでくるようになります。最初の大きさによっては手に持っていても構いません。その場合、両手で包み込むようにし、自分の顔などは映らないようにします。緊張しないような姿勢で座りテーブルや床でも構いませんが無理のない姿勢で行いましょう。

そして、1,2,3,4と 、心の中で数えながら昨日ゆっくり吸い込み少し止め、同じように4カウントで吐き出します。これを繰り返し、手にできるようになれば良いでしょう。ゆったりとした気持ちになって水晶玉を見つめましょう。

水晶玉占いは水晶玉から感じること

水晶玉占いは簡単に説明すれば水晶玉を表示してその中に映し出された物体の影だったり、物理的な現象を感じ取ることから始めます。なので水晶占いのことは「クリスタルゲージング」と呼ばれたり「クリスタルロマンシー」 とも呼ばれているのです。

この水晶から感じる直感的なことからイメージを広げていくのですがまさか素人ではそんな大それたことができるわけないなどと思っていませんか?

ところが、 練習をする事によって相談者の悩みに答えを導いたり、未来のことを感じ取ったりということができるようになってきます。
なので、水晶玉占いをする際にはそれなりの集中力は欠かせません。 無心の状態で凝視してこそ見えてくるものや感じ取ったりできるものがあります。

雑念を生じてしまうと意識が集中するのは、難しく感じられるでしょう。

まずは水晶玉を前に置き、集中できるように練習しましょう。
もしで今手元に水晶玉がない時にはお皿など水晶玉に向かって練習をし集中できるか試してみるといいですね。

水晶玉占いに必要な道具

水晶玉占いに必要な道具はあるのでしょうか?水晶玉占いに必要なものは、水晶占いの際に使用をする、水晶玉の大きさそれは直径5cm~10cmくらいのものが望ましいです。
それはなぜかと言うと、水晶玉が小さすぎる場合、水晶玉に映し出される映像が見づらくなってしまうからです。そして水晶玉は球体か楕円形で透明なもので純度が高いとされるものが用意できればそれはより理想的です。

しかしそれは、大変高価なものになるので金額的に困難な場合は、水晶玉の代用で水を差すことができる大きな瓶やグラスでも可能となります。

まず予算抑えて始めたいといった場合にはこのようなものを探してみると良いですね。

水晶玉占いをする時のコツは?

水晶玉占いをする時のコツですが、無心になりひたすら続けることが必要となってきます。
ここで雑念が入りイメージが浮かばないだろうと思って眺めていては意味がありません。
とにかく無心かつ、集中して見続けることで何かが見えて参ります。

これが初心者だった場合すぐには見えるようになるものではありませんが根気よく水晶玉を見続けるようにしてみるといいでしょう。

その時はできるだけ心身がリラックスしてる状態で挑む方が見ていることに集中しやすくなるでしょう。ここで何も見えなかったということが続いても根気強く見続けることで、そのために諦めないことも必要になってきます。

そして水晶玉を見つめていると、様々なものが浮かんできます。その浮かんでくるものは何でもありだと思ってください。それは映像でなくても構いません。色や形、見える場所など様々です。見えたもの、頭に浮かんだものがあれば、ノートやスケッチブックなどに書き込んでおきましょう。色鉛筆で見えたままの色を付けてください。として自由に解釈していきます。それらを素直に受け取ることが大切です。

水晶玉を使う占い師さんはいるの?

実際に水晶玉を使う占い師さんというのは意外に少ないのです。それは何故かと言いますと水晶占いは多くのパワーを使うので疲労が溜まりやすいことがあげられます。ですから水晶玉を使う占いさんは減ってきてるというのが現状なのです。

水晶玉占いをするときに見えるもの

水晶玉占いは水晶を見つめることで、見えるはずのない映像や幻影を得る方法をいいます。透視に近い印象ですが、水晶を見つめていくうちに浮かんでくるイメージを象徴として読み解くことで、問題に対する答えを得ることができるのです。これは映画で見たような水晶玉占いのイメージそのままなのです。

水晶玉占いで未来は分かる?

水晶占いは過去や未来遠隔にあるものや深層にあるものを見ることができます。例えば恋人の過去を知りたい人、現在の恋人と自分の将来を知りたい人、遠くに単身赴任している夫が浮気しているか気になる人、自分の心の奥底にあるものを知りたい人には水晶占いがぴったりなんです。

この水晶占いを体験してみたい人はご自身で練習して占う方法や水晶占いのプロに占ってもらう方法の二通りがあります。水晶占いは訓練すればご自身でもできるかもしれません、ですがかなりの時間を要することは覚悟しておいてください。

なので、水晶占いをしたい、未来を占ってもらいたいのならば水晶占い専門の占い師さんに占ってもらうことをお勧めいたします。水晶占いは神秘的で最も占いらしい占いといえます。

水晶玉占い水晶玉の浄化方法

さて水晶を入手したら穢れを祓うために浄化を行いましょう。ついては周囲の環境に左右され様々なエネルギーを吸い込んでしまうと考えられています。水晶をクリアにしていくことで自分のイメージを映し出しやすくするのです。

さて水晶の浄化方法ですがまずは一番手軽な方法きれいな水に数時間漬け込んで行くことです。浄水器の水でも良いのですが澄んだ川や湖でも良いでしょう。塩水を使う方法もあります。その場合は洗面器に水をたっぷり作り、水晶を丸ごと漬けましょう。塩は天然塩を用います。時間は一晩程度でよいとされています。

そして次に、塩に埋める方法です。塩に埋める際には、数時間埋めておきます。その場合出してみた時にクリアに変化した感じが分かるでしょう。塩には悪いエネルギーを引っ張り出す力があるので、使った塩は捨ててください。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?水晶占いについて、解説をさせていただきました。
以下まとめてみました。

・ヨーロッパでは16世紀から正式に水晶が占いに使用され始めたと言われています。

・水晶占いの手順ではまず部屋のなかにある音の出るものはすべて外に出すこと、清潔なテーブルクロスに玉を乗せて、水晶玉の真ん中を見つめます。

・水晶玉占いは簡単に説明すれば水晶玉を表示してその中に映し出された物体の影だったり物理的な現象を感じ取ることから始め水晶占いのことは「クリスタルゲージング」と呼ばれたり「クリスタルロマンシー」 とも呼ばれている

・水晶玉占いに必要なものは、水晶占いの際に使用をする水晶玉の大きさ、それは直径5cm~10cmくらいのものが望ましい形は球体か楕円形のもの。

・水晶玉占いをする時のコツですが、無心になりひたすら続けること

・実際に水晶玉を使う占い師さんというのは意外に少ないのです。それは何故かと言いますと水晶占いは多くのパワーを使うので疲労が溜まりやすいから。

・水晶玉占いは水晶を見つめることで、見えるはずのない映像や幻影を得る方法

・水晶玉占いで未来がわかる

・水晶玉の浄化は綺麗な水に塩で行う

以上です。水晶玉占いの知識を身に着けて是非チャレンジをしてみてくださいね。