鑑定できるのは霊能者だけ!初心者にもおすすめな「守護霊占い」を解析

数ある占いの中でも守護霊が鑑定できるのは「霊能者」だけです。
占い師の中には、霊感がある人とない人の2種類があり、守護霊占いはスピリチュアルな能力を使って鑑定するため、霊能者じゃない人は占うことができません。
今回は霊能者だけが鑑定可能な守護霊占いについて、詳しく解説したいと思います。
守護霊占いに興味がある人は、参考にしてみて下さい。

霊能者だけが鑑定できる「守護霊占い」とは?

みなさんは守護霊と聞くと、どんなイメージがありますか?
守護霊占いを知らない人でも、守護霊には良いイメージを持っている人が多いと思います。
守護霊は、「呪い」や「祟り」などで憑りついている霊魂ではなく、人を正しい道へ導こうとしている次元の高い良い霊魂のことです。
つまり、守護霊はあなたを幸運へ導く「ガイド」の役割を果たしていると言えます。
守護霊はどんな悪人にも、必ず一人はついていると言われており、普通の人が見たり触れたりすることができない存在です。
しかし、霊感の強い霊能者の場合、普通の人には見えない守護霊が見え、あなたから守護霊へ、守護霊からあなたへメッセージを取り次ぐことができます。
霊感のない占い師の場合は、守護霊を鑑定することはできません。
そのため、守護霊占いをしてもらいたい人は、霊感の強い「霊能者」をしっかり選ぶことが重要です。
守護霊占いでは、恋愛・仕事・対人関係のアドバイスを直接守護霊に求め、アドバイスをもらうことによって、現在抱えている悩みを解決していくことができます。
霊能者の中には、霊感の強さは人それぞれで、霊視が得意なのか、それとも霊聴が得意なのか、それぞれ得意分野が異なります。
守護霊占いをしてほしい人が、もしも電話占いを利用する場合は、鑑定士のプロフィール画面に「守護霊対話」「チャネリング」「霊聴」などを得意占術に記載している人を選ぶようにしましょう。
ただの霊感のない占い師を選択しても、守護霊との対話はできず、深い鑑定をしてもらうことが難しいので、必ず霊感に定評がある人を選ぶのがポイントです。
その点、電話占いは、直接顔を合わせて鑑定することが出来ないため、一般的に霊感が強く霊視や霊聴が得意なチャネラーが多く在籍している傾向がありますので、守護霊対話に向いていると言えます。

占いをする前に知っておきたい「守護霊の種類」

一言で守護霊と言っても、実は守護霊には大きく分けて4つの種類があります。
それぞれの種類によって、「役割」が違うため、守護霊占いをしてもらい前に、事前にチェックしておきましょう。
守護霊の種類が区別できると、鑑定結果を深く理解することができます。
【守護霊】
守護霊は特別な絆で結ばれ、常に行動を見守っている高級霊のことです。
守護霊は誰でも一人一体ついていると言われ、基本的には家族や友人などその人と関わりが深い人がつくのが特徴。
環境によって交代してしまう指導霊とは違い、守護霊は一度ついたら交代することは滅多にないと言われています。
【支配霊】
支配霊は自然のエネルギーから生じた、運命を左右する力を持つ霊魂です。
支配霊の代表例としては、「お稲荷さん」や「龍神様」などが有名です。
支配霊の性質によって受ける影響が異なり、水に関わりが深い龍神様の場合は、支配霊に降りてくることによって雨女・雨男になる可能性があると言われています。
【指導霊】
指導霊は、人を成長させるという目的を持った霊魂です。
指導霊はずっと同じ霊魂がつくのではなく、環境の変化によって変わる場合もあります。
その時々で最高の指導者がつき、人を良い方向へ導いてくれるのが特徴です。
人の「才能」や「仕事」を開花させるための指導がメインとなります。
【補助霊】
補助霊は別名ヘルパースピリット(Helper Spirit)とも呼ばれ、「守護霊・支配霊・指導霊」の3種類を補佐する役割があります。
補助霊は裏方に徹するため、自らの力で人を導いたりはしません。

守護霊占いをするのに注意が必要なタイプ

守護霊占いをしてもらう時には、注意をしないといけないことが2つあります。
まず一つ目は、守護霊占いをすることができる霊能者の中には、一部お金目当てのインチキ霊媒師が含まれているということです。
「霊感がある」と言っておきながら、実際には守護霊をみることも、メッセージを受けることもできないペテン師が、人の心の弱みにつけこみ、詐欺を働くケースは昔からよくあります。
インチキ霊媒師ほど、「悪いものが憑いている」などと不安を煽り、高額な御守りやお札などを購入させるパターンが多いです。
そのため、信心深い人は、インチキ霊媒師の良いカモになってしまう可能性があるので注意をしないといけません。
もしも鑑定後に物品の購入を勧められた場合は、インチキの可能性があるので、その場ですぐに信用して購入しないようにしましょう。
本当にあなたのことを大切に思ってくれている鑑定士は、「これを買わないと不幸になる!」なんて不安にさせるような脅しは絶対にしません。
このようなインチキ霊媒師の罠にはまるのが怖い人には、個人で鑑定依頼を受け付けているWEBサイトよりも、大手の電話占いサービスを利用することをおすすめします。
なぜなら、電話占いサービスでは、鑑定士と相談者の直接の金品のやり取りを禁止しているため、お札や御守りの購入を勧められることがないからです。
万が一、購入などを勧められた場合も、電話占いサービスの場合はサポートセンターがしっかり準備され、相談できる相手がいるので安心して利用することができます。
そして、守護霊占いで注意したい二つ目は、自力で守護霊をみようとした結果、「守護霊ではないもの」を見てしまうリスクがあることです。
今、ネットには情報があふれており、霊能者に依頼せずに「自力で守護霊をみる方法」が色々と紹介されています。
霊感のない一般人が、霊能者のまねごとをしても、ほとんどの場合は、自力で守護霊をみることは難しいのが現実です。
しかし、もともと一般人の中にも霊感が強い人は存在しており、何かの拍子で普通の人には見えることがないものが見えてしまう可能性があります。
そしてその中には、「守護霊ではないもの」が含まれており、素人がうかつに近づくと危険です。
守護霊は、相談者を守り、幸せへ導く手助けをしてくれる良い存在ですが、「守護霊ではないもの」の中には、悪い霊魂も含まれており、相談者へ害を及ぼす恐れがあります。
守護霊ではないものの代表例としては、「背後霊」があります。
背後霊は、人に憑く資格を得ている高級霊の守護霊とは違い、「低級霊」や「動物霊」などが悪意を持って憑いている可能性があるため非常に厄介な存在です。
場合によっては「不幸」続きの元凶となり、人生を大きく狂わせることもあるでしょう。
背後霊には遊びで近づくことは危険なので、素人の場合は、守護霊対話が出来るプロの霊能者の力を借りることをお勧めします。
深刻な霊障が出始めた場合は、「お祓い」や「除霊」が必要になる場合もあるため、興味本位で霊魂に接触しようと考えるのはやめましょう。
電話占いで簡単にお祓い出来ない場合は、有名な神社や霊能者などに除霊をしてもらわないといけなくなってしまう可能性も出て来るため、深刻な事態に発展してしまいます。
除霊が必要となれば、1万円~5万円前後の費用が掛かってしまうので、経済的にも大きな負担になるでしょう。
守護霊占いでトラブルに巻き込まれたくない人は、安易に自分で霊魂をみようとしない方が良いかもしれません。

電話占いを利用すれば気軽に守護霊占いに挑戦できる!

どうしても自分の守護霊を占って欲しいと思っている人は、一番安全で手軽な方法として「電話占い」をおすすめします。
自宅にいながら本格的な鑑定をお試し出来る電話占いは、初心者にも安心です。
電話占いサービスなら、個人で霊能者に依頼をする場合よりも、直接のやり取りが禁止されているため、高級な物品の購入を勧められる詐欺被害に合うリスクを軽減することができます。
また、電話占いサービスは、初回利用者だと、10分程度の無料鑑定特典がつくので、10分以内に「やっぱり、怖いからやめた!」と途中で心変わりすることになっても、お金がかからないで済むというメリットがあります。
対面鑑定の場合は、電話占いとは違い、30分単位での申し込みが基本となっているため、後から「やっぱりやめた!」となった場合でも、30分の鑑定料金を支払わないといけなくなってしまうのが難点です。
対面鑑定は電話占いのように10分無料鑑定のような特典もなく、一般的に30分5,000円になることが多いため、途中で鑑定を中止することになっても5,000円がかかります。
途中で鑑定をやめたくなったらすぐに止められる気軽さという点でも、電話占いは対面鑑定よりも、初心者にとって利用しやすいサービスです。
おまけに、電話占いは霊感占いを得意としている霊能者タイプの鑑定士がどこも多く在籍しているため、守護霊対話に向いている占い師が多いのも良い点と言えます。
大手の電話占いサイトでは、占術や目的などを絞り込んで占い師を検索できるようになっていたり、占いコンシェルジュというサポートデスクが希望に合った占い師を紹介してくれたりするので、初めての人でも守護霊対話の鑑定士を簡単に探すことができるでしょう。
どこの電話占いサービスでも、新規会員登録を条件に、無料鑑定を受けられるようになっているので、守護霊対話を希望している人は、上手に初回特典を利用することをおすすめします。
一度の鑑定で納得できる占い師に出会えた場合は良いですが、もしも不満が残るようであれば、セカンドオピニオンとして、別の占い師の意見も聞いてみると良いでしょう。
ただし、自分にとって気にくわない鑑定結果が出たからと、次々と占い師をとっかえひっかえしていると、そのうち占いジプシーになってしまう可能性があるため、占い依存になってしまわないように気をつける必要があります。
守護霊対話の占い師の比較をする場合は、初回無料鑑定を利用しても2、3人に留め、あまり完璧な鑑定結果を求め過ぎないようにしましょう。