占いの仕組みを4つの要素から読み解く|驚きのトリックとは

「占いってどんな仕組みなの?」
「占いは本当に当たるの?」

上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、占いの仕組みを形成する4つの要素を解説し、占いの真実へと迫っていきます。

占いの仕組みを知ることで、悪質な詐欺サイトに騙されることも無くなるでしょう。

 占いの仕組みには「当たってる」と思わせる4つの要素があります

占いには「当たっている!」と思わせるための要素が4つあります。

もちろん、霊感を利用した占術やオーラ診断など、例外もあります。しかし、そのほとんどは以下で解説する4つの要素から成っています。

 占い自体の仕組みからなる要素

まず、占いには下記4つの種類に分けられます。

・命術(めいじゅつ)
・相術(そうじゅつ)
・卜術(ぼくじゅつ)
・霊術(れいじゅつ)

今回は、「命術」に焦点をあて、どうして占いが当たるのかについて解説していきます。

そもそも命術とはなにか。簡単に説明すると、「生年月日の情報を元に占う」占術です。

命術にグループ分けできる占術はさらに、西洋占星術・四柱推命・九星気学・六星占術・数秘術などがあります。占いを受けたことのある人は聞いたことがあるかもしれません。

では、命術にはどのような「当たる仕組み」があるのでしょうか。
結論を先にお伝えすると、命術は超常現象ではなく、理論によってつくられた占いです。

命術は、「循環」という考え方により成り立っています。
ここでいう循環とは、「二度あることは三度ある」という意味で使われます。

つまり、過去の出来事から現在を読み解いていくことで、また同じような性質の出来事が発生するのではないかと未来を予測していきます。その予測こそが占いです。

命術の中でも、「西洋占星術」「四柱推命」は、様々な循環を組み合わせることで、さらに細かく未来を占えます。
要は、循環による未来予測を重ね合わせ、より高度で詳細な未来予測を可能にしたのです。

命術の基となる「循環」という理論を、どれだけ深く学んでいるかが占いの的中率にも繋がります。

 仕組みに見せかける!心理的な要素

占いは私たちの心理に働きかけ、あたかも当たっているように思わせるようなテクニックがあります。

まず「当たっているように思えること」「本当に当たっていること」は違いますから、分けて考える必要があります。
「占いの結果が当たる」という一見、稀に思える出来事も、実際は頻繁に起こりうる出来事であるかもしれません。
つまり私たち人は、たまたま偶然一致した出来事を必要以上に重要視する傾向があるのです。

たとえば、大リーグに所属していた現役時代のイチロー選手をみてみると、毎打席ヒットを打っていたような感覚に陥りませんか?
ところが実際は、ヒットを打てなかった打席の方が多いのです。

「イチローはヒットを打つだろう」という思考に根付いた考えと、「ニュースで流れるイチローの活躍」を紐づけ、あたかもイチローが毎試合ヒットを打っているように思ってしまっているのです。

もう1つの心理的要素として、「バーナム効果」を用いた占いがあります。

【バーナム効果とは?】
バーナム効果とは、誰にでも当てはまりそうな性格などの特徴を言われた人が、自分にズバリ当てはまっていると勘違いしてしまう現象の事を指します。
当たっているのではなく、勘違いにより、当たっていると錯覚してしまう現象です。心理学で有名な用語のひとつでもあります。

血液型占いだと考えやすいですよね。
まさに「誰にでも当てはまるような性格の特徴」を並べているだけなのですから。

たとえば・・・

・ある部分においては几帳面になってしまう性格
・マイペースで人にペースを乱されたくない
・空気は読めるがたまにKYといわれる

いかがでしょうか。上記のような適当につくった文でも、なんとなく自分に当てはまっているような気がしませんか?

そして、バーナム効果を引き起こす原因の1として、「占いを信じること」というのがあります。つまり、もともと占いに好意的な人ほど的中したと判断しやすいということです。
占いに合致した情報を想起しやすいことが理由として挙げられます。

「きっとこの占いは当たっているんだ」という思い込みが起きているわけです。この思い込みを心理学では、確証バイアスと呼びます。

結論、バーナム効果と確証バイアスを掛け合わせることによって、「当たっている!」と思わせることができるということです。

 占い師の経験値から推測できるという要素

占いは、占い師の経験値を活かしているという要素もあります。
これに関しましては、相占を例にみてみましょう。

相占で使われるテクニックの一部は、皆さんが日常的に使っているものです。

たとえば、夫婦生活においてはこんなことがあったとします。
家に帰って、「ただいま」と言ったのに、嫁さんから「おかえり」の返事がない・・・。
こんなとき人は「あれ、ひょっとした何か怒っているのかな・・」と考えるはずです。
そして、よほど鈍い人でない限り、嫁さんの顔色をうかがうと思います。

そしてあなたは顔を見たときに察します「あ、これは機嫌が悪いときの顔だ。今日はそっとしておこう」といった判断をします。この判断こそが相占です。

相手の声、表情から心理状況を読み取り、その場にあった適切な判断をくだす。これを突き詰めると、ちょっとした目の動き、声のトーンから感情の機微を読み取れるようになるのです。これこそが占い師の経験値であり、相占の根幹にあるものです。

さらに、占い師が太った人のをみたときどのように思うかを考えてみましょう。

「自分を律する気持ちが弱い人ではないか」「だらしない食生活を送っているのではないか」と様々な推測が頭をよぎります。
見た目でこれだけの情報が読み取れるとなると、性格を言い当てることなんて簡単なことだと思えてこないでしょうか。

また、手相占いでも同じことがいえます。上記の相占の法則を手のしわに当てはめてみるとします。
手というのは、頻繁に動かす体の部位ですから、その人の性格や生活が表れやすいです。

たとえば、指があかぎれしているのであれば、「水仕事が多い」「専業主婦」などが想起されますし、手が大きく発達していれば、「何か大きなものを手で掴むような仕事をしている」ということが想起できます。
このように、素人がなんとなく考えただけでも色々なことが推測できますよね。

上記のような推測を、さらに統計学に落とし込むことで推測の域を超え、「当たる占い」へと昇華するのです。

 心理テストを用いた占いの設問には仕組みではなくトリックがある

心理テストは設問にあるトリックがあります。
ここでいう心理テストとは、質問に答える(YES・NO・どちらでもない)と診断結果が「自分の性格にあてはまっているすごいな」とWebでよくあるやつです。

実はこれには簡単なトリックがあります。

たとえば、優しいかどうかを判断する質問があったとしましょう。
設問を作る際、「あなたは優しいですか」という質問では信ぴょう性のある回答は得られません。
そこでこういう設問が作られます。
「猫が川で溺れています、助けますか?」→「①すぐに助ける②状況を確認して助ける③見て見ないふりをする」一見よくありそうな設問ですが、これでも不十分。なぜなら見栄を張って①と答える人が必ずいるからです。

そこで、「あなたは食べることが好きですか」→「①大好き②好き③普通」という設問を用意したとしましょう。

この設問の場合、ほとんど全ての人が①の解答をするはずなのですが、やはり見栄っ張りの人がいて、②③を選びます。ここが設問のトリック。先ほどの猫の設問で得られた回答と合わせて、下記のような診結果が表示されます。

①−①を選んだ人→性格が単純で優しい
①−②を選んだ人→はちょっと見栄っ張りな普通
②−①を選んだ人→わりと冷静な優しい人

という風になります。

つまり、心理テストが当たるかどうかというのは、設問の細工がうまい人が設問を作っていれば当たる。ということにことになります。そのため、設問を誰が監修しているかというのも当たるかどうかを見極めるポイントとなります。

 無料のネット占いの仕組みは?信ぴょう性ってあるの?

Web上にある占いサイトには、「ボタンを押してカードを引いてみる」「生年月日を入力するだけで性格・運勢がわかる」といった趣旨のサイトがたくさんあると思います。

基本的に占いサイトは下記の2パターンに分かれます。

・プログラミングによって作られた計算式があり、入力した数字をもとに特定の結果が算出されるサイト
・ボタンを押すたびランダムに診断結果が変わるサイト

後者であれば、学生でも作られるほどの簡単な仕組みです。

どちらもサイトを運営している会社が占い師にヒアリングし、ボタン一つで結果が出るように回答を作成しています。すごくざっくり言うと、プログラマーが占い師にヒアリングしながら占いサイトを設計していっているイメージです。

ただし、どの占いサイトも、本当に占い師の協力のもとに作られたかどうかは分かりません。

占いライターと呼ばれる、「占いは素人だけで占いに関する記事や文章は書ける」というライターによって作成された診断結果を見ている可能性も十分にあります。
占いサイトをつくとなると、何千文字の文章(鑑定結果)を作成しなければいけませんから、占い師を雇うより、占いライターを雇った方が文章を量産できるというわけです。

携帯占いサイトや有料のメール占いも、もしかしたら占いライターかもしれません。
占い師の誰かを名乗っているのであれば、それはゴーストライターとも呼びます。

 まとめ

この記事では、占いの仕組みについて色々な視点から解説してきました。

占いは仕組みを利用することが多いということを説明してきましたが、霊感・霊視を利用する本物の占い師も中にはいます。

信じられないという人も多いかもしれませんが実際、仕組みという枠を超えた超人的能力を持った占い師がいるのです。

あくまで仕組みを利用している占い師が多いということを覚えておきましょう。