「嫌われてるけど好き」好きな人に嫌われているかもしれない時の特徴と対応とは?

相手のことが好きではあるけれど、嫌われていると思うと辛いものです。すべての行動や言葉が嫌われているわけではなく、好きだけれど、素直に表現できない男性も存在するのを覚えておくと良いですね。今回は好きな人に嫌われているかもしれない時の特徴と対応についてご紹介します。

おすすめの占いサービス

ひょっとしたら嫌われている?

好きだけど嫌われるというのはとても辛いことですよね。しかし、好意の表し方というのは人それぞれ異なります。お相手の態度を居て「嫌われているな」と感じていても、一概に嫌われている訳ではありません。今回は相手に嫌われているかもしれない特徴をそれぞれご紹介していきます。

「好きだけど嫌われている?」嫌われ度をチェックしよう!

本当に嫌われているかどうかというのは、相手の表情や行動を見ればだいたいの予想がつくものでしょう。好意の表し方というのは人によってそれぞれ異なり、素直に行動に出せない人を好きになった場合は、好きだけど嫌っているような態度になってしまう内気なタイプの人も存在します。

恥ずかしがり屋で恋に奥手の人を好きになってしまうと、相手の反応が鈍かったり、好意を上手く表現できないため、「嫌われてる」と誤解を招きやすいです。好きな人に本当に嫌われているかどうか気になる方はここで紹介するチェック項目を参考にじっくり相手を観察してみましょう。

もしかすると勘違い?

好きな人の行動や言動に一喜一憂する人は多いのではないでしょうか?「目が合えば好意がある証拠」と考えたくもなりますが、愛情表現は人によって違うものです。好きだけれど、冷たい態度を取る男性もいるので、実は「好き」ということもあり得るのです。一般的に言われている好意のサインは、内気な男性には別の形で表れるので、「嫌われている?」と勘違いしやすい傾向にあります。

男性が出す「好きのサイン」が分かれば少しずつアプローチができますし、嫌われている様子なら関係が悪化しないうちに対処しましょう。

目が合うと逸らされる

目が合って逸らされると不安な気持ちになりますよね。目を逸らされただけでは、嫌われているということはできませんし、勘違いの可能性が考えられます。

恥ずかしがり屋の男性は、好きだけど目を合わせるんが苦手であり、目を逸らす行動に出るのです。気になる時は、逸らした後の相手の様子を見ると、好意の有無の制限が可能。顔を赤らめたり、笑顔の時は好意がある可能性が高いといえますが、不機嫌そうな態度になるおは嫌われているかもしれません。

嫌いな女性には目を合わせませんが、頻繁に目が合い逸らされるのは、あなたを気になっている証拠と言えるので、機会があれば話しかけて少しずつ親しくなるのも良いでしょう。

LINEの返信が遅いがきちんと返ってくる

LINEの返信は気になりますが、既読・未読マークには落ち込んだり嬉しい想いになるなど振り回されてしまう人もいるはずです。遅くてもきちんと返事をくれるのは、嫌われている確率は少ないと言えますし、嫌いな女性なら放置したままで返事は書きません。
男性の場合は、LINEのやり取りを面倒に感じて、デートの待ち合わせの約束の時に使うくらいで、女性のように日常会話を楽しもうと言う人は少ないと言えます。

女性はLINEを送ったらすぐに返信するのが当たり前と思っていますが、返信の必要性を感じなかったり、重要な内容では無いときは「後で返信すれば良いか?」と思い後から返事が返ってきます。遅くなっても返事をくれる人というのは誠実な人と判断されるでしょう。

会話の時にあまり目が合わない

日本人は文化の影響から、外国人のように目を合わせながら会話をするというのが苦手です。普通の人でも視線を逸らして会話をする人もいますし、会話の時に目が合わないからと言って、落ち込む必要はなく、相手の表情や声のトーンなどから判断が可能です。

好きだけど恥ずかしさや、見抜かれたくないため視線を外して話す人もいたり、目を見つめて会話するのが得意でないのかもしれません。視線を合わすと上手くしゃべれない人や緊張する人は好きだけれど、会話の時に視線を外す傾向があり、勘違いの可能性も高いので早とちりをしないようにしましょう。

気を付けた方が良さそうなレベル

嫌われているということに気付かずに好意と勘違いで接すると関係が悪化する恐れがありますので、注意が必要です。相手の表情と言動からなんとなく判断が付くかと思われますが、
どのようなサインを目安にすれば良いのかなどと悩みますよね。相手と接しているときにここで紹介する言動が見られたのであれば、諦めたり、距離を置くなどの早めの対応で傷つくのを最小限に抑えることが可能です。気付かずにそのまま過ごしていると、状況の悪化に繋がるので思い当たるものはないかチェックしましょう。

【嫌われているけど好き】必要最低限以外の話はしない

好きな人にはプライベートな会話で相手の人物像を知ろうとするのが本心というものです。必要以外の会話を避けるのは、関わりを持ちたくない気持ちの表れで、長時間は一緒に過ごしたくないので要件だけ話して立ち去ろうとする人もいます。

プライベートな話で盛り上がって好意があると思われるのが嫌である為、早めに切り上げて好きではないことをアピールします。好意の無い人のプライベートは興味はありませんし、長引かせたくはありませんので、余計なことはしゃべりません。要件のみの会話で、話に発展がないので気付くことができるはずです。

【嫌われているけど好き】強い口調で返される

あからさまに「嫌い」という態度が伝わってくるので、嫌われているのがハッキリとわかるはず。好意を抱いていないのを態度や言葉で示すので、冷たい態度を取ったりきつめの口調にもなります。男性の中にも好き嫌いをハッキリさせたい人は嫌いな女性には冷たい口調で話したり、相談だけで済ませてしまう男性も少なくありません。

言葉遣いが悪く「嫌われてる」と感じるので、鈍い女性でも分かるはずです。できるだけ関わりたくないので、強い口調になるのですが、強い言葉遣いで遠ざけようとする傾向が見られ、怒られているような気持ちになる女性もいます。

【嫌われているけど好き】相手から話しかけられない

興味が無いので話しかけることもないかと思われます。好きな人には好意に気付いて貰いたいために話をするチャンスを狙ってアピールをします。ですが、嫌いなので自ら話をしません。

話しかけて好意を持っていると、誤解されるのも困るので、声を掛けられる確率は低めであると言えるでしょう。接点を持ちたくないために仕事や用事でコミュニケーションを取る以外は積極的に話しかけることはないです。

話しかけられても「うん」とうなずくだけだったり、「そうなの」と無関心な態度を取ります。

【嫌われているけど好き】笑顔がない

人と接するときは笑顔で対応するというのが殆どではありますが、好きでもな人ととは、笑いながら話をすることはありません。

好意があっても緊張から笑顔が作れない時もあります。嫌われている時は笑顔がひきつって表情から好意がないことが分かるでしょう。「好意がある」と思われるのが嫌なので仏頂面になります。笑顔を見せないことで相手から話しかけられるのも少なくなり関わる必要がないと思っています。

【嫌われているけど好き】嫌われてしまっているレベル

辛いですが、諦めるのを検討することをおすすめします。相手の気持ちを引き寄せるのは大変な労力ですし、傷ついてしまい恋が嫌になってしまう恐れも考えられます。嫌われているサインが見られたときは、早めに手を引き方向転換した方が傷つくリスクがなく新しい恋に出会えるチャンスも出てきます。人は追うと逃げるという心理が隠されているので、サインは気付いたら一歩引いてコミュニケーションを取ってみましょう。

【嫌われているけど好き】無視をされる

無視される行為は友達同士でありがちですが、好きな人に嫌われるのはもっと辛いですよね。無視はわざとしていることで「気付かなかった」ということではないのです。今まで普通に話してくれたのに、急に無視されるのは何か原因があり無視にという行為に繋がった可能性が高いと言えます。

会話の中で相手を怒らせる発言があった。知らないうちに相手を傷つけていることもあります。相手があなたの話に応じてくれれば解決法が見えてきます。無いときはどうしようもないので近寄らないようにしてください。

【嫌われているけど好き】話しかけると明らかに嫌な顔をする

話しかけられたとき、笑顔で応じるのが通常ではありますが、不機嫌な顔つきになるのは嫌われている可能性が高いと言えます。話しかけて居るのに不快な顔つきになるのは失礼な行為で好きな人に取る態度ではありません。自分にとって重要でない人物には、嫌われても構わないので嫌な顔をして、「近づかないで欲しい」「話したくない」というサインを送っているのです。嫌われているのに、無理に話をしようとしても聞く耳をもってくれませんし、しつこいと思われて状況が悪化する可能性が出てきます。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?相手のことが好きであっても嫌われているとなんだか悲しいものですよね。そのような時は嫌われた原因を知ることで改善に役立つことが出来ます。望みは捨てずにできることから頑張ってみると良いでしょう。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事