信用しない方が良い人とは?見分け方と信用される人になる為の方法

「信用しない方が良い人」というのはどのような方を言うのでしょうか?信用をしてはいけない人の行動というのはどのようなものがあるのでしょうか?今回は信用しない方が良いと言われている人の行動をご紹介して行こうと思います。

おすすめの占いサービス

信用しない方が良い人というのはどんな人?

普段の生活の中でこの人は信用しない方がいいと思うような相手と出会うことがありますよね?信用できない人とはなるべく関わらないのが賢明ですが、今回はそのような信用しない方が良いと思われる方はどう特長をご紹介していきます。気が付かないうちにあなたもそのような人物になってしまっているのではないでしょうか?是非チェックしてみてください。

なんでも大げさに話す人

例えばテストで500点満点中450点取ったとしましょう。450点だったと言ってはあまり盛り上がらないと考えて「ほぼ満点だった」などと話を少し大きくしてしまっている人には注意が必要です。些細な出来事だったり何気ない日常のワンシーンであったとしても、「ありのままに話しても面白くないかな?」と深く考えてしまい、三割増し、もしかしたら5割増し程度まで話を盛り上げてしまうこともあるかもしれませんが、そのように自分に注目をしてもらいたいという気持ちで話しを膨らませてしまう傾向となっています。 いつも話が大げさだと、話を聞いている相手に嘘が伝わってしまい逆に白けてしまうものでしょう。そうすると「この人は信用しない方がいい」と判断されてしまいます。

人の噂話ばかりで自分の話はしない

女性の場合には噂話は大好きという方も多いのではないでしょうか?そういった類の話はある程度までしたら話を広げて場を盛り上げることも可能です。ですがどんなことにも限度というものが存在しますので、自分の話は全くと言っていいほどせずに、いつも他人の噂話ばかりな人は信用しない方がいい人の特徴となります。人というものが相手のことを知ることによって関係を深めていくもので。何の話ばかりしてくる相手とはいつまでたっても信頼関係が築けとかできない上に「この子は人の嫌なところばかりを見ている」と思われかねません。

約束を平気で破る

仕事やプライベートでも約束をする機会というものは何でもあるかと思います。ですが「約束はしたけれど、どうしても果たせそうにない!」なんてことは経験ありませんか?例えば当日に突然家族が体調を崩してしまったり、愛車が故障してしまうといったよ帰省のトラブルに見舞われてしまうこともあるのかもしれません。

そのような時に本当に申し訳ない気持ちを持って謝罪をすることのできる人であれば相手も今回は仕方がないと許してくれるでしょう。しかしそこで「約束を守れなかったけど、別に大丈夫でしょう」と気軽に構えてしまうタイプの人は信用しない方が良いでしょう。

そうした考えの人は約束を破ってしまったことに対しての罪悪感があまりないため、常習化してしまいがちです。そうなってしまうと、相手の信頼を失ってしまい、人はどんどんと離れていてしまいます。

時間にルーズなこと

時間を決めて待ち合わせをした際に遅れてきてしまうような人は信用をしない方が良いでしょう。一緒に旅行の約束をしていたのに、その人の5分の遅刻が原因で、高速バスを乗り過ごしたということがあれば、その人とはもう一緒に演出したいだなんてなかなか思いませんよね。

そこまでの状態ではないにしても普段から約束をした時間を過ぎてから姿を現すことが多い人にはなかなか信頼を置けないですよね。そして仕事で遅刻の回数が多い人も要注意です。出社時間が守れずに遅刻の多い人に対して仕事を任せたいと思うのでしょうか?あまりにも時間にルーズだと友人や同僚上司からの信頼を失う原因となってしまいます。

貸し借りが多いなどお金にルーズ

「ごめん!少し貸してもらえないか?」なんてセリフを頻繁に入ってる人はいませんか?お金の貸し借りが多い人は信用しない方が良いでしょう。特にお金を借りたのにいつまでたっても返さない人は信用を失いやすいです。普段生活していく中でお財布を忘れてあり少しお金が足りなくなってしまったなんてことはあるのかもしれません。

しかしお金については常に意識を持って行動しましょう。借りた側は「たった〇円」と思っていても相手にしてみれば1円でも「大切なお金」なのです。ですのでなかなか返してくれないという人にはどんどんと不信感を抱いてしまいます。お金の管理には気をつけましょう。

人の話を聞かない

言葉のキャッチボールを繰り返す人にとって人はお互いのことを知り絆を深めていきます。しかし、こちらの投げた話に対してあまりにも聞く耳を持って来れない人は信用しない方が良いでしょう。

もちろんついつい自分が話し過ぎてしまい相手が疲れていたり、あまり盛り上がらない話をしてしまって受け流されてしまうこともあるのかもしれません。しかし明らかに常にこちらの話を聞かない、または自分の話を一方的にし続ける人は考えものです。

話を聞かない方にも「とにかく自分の話を聞いてほしい」「相手の話に興味がない」などの理由は沢山ありますが、あまりにもそういったことが多いと信頼が崩れてしまいます。特に仕事ではしっかり聞くことができなかったためにミスに繋がってしまうこともありますので話を聞く事はとても大切なことです。

人を信用しない、期待をしないという生き方もある

決まり事約束をきちんと守り誰にでも平等に接することのできる人は信用される人になりやすいようです。しかし神様や期待を抱いていた相手に裏切られるという可能性はゼロではありません。きっとその時のショックは計り知れないものでしょう。そういったことをすぐために最初から「人は信用しない方がいい」という気持ちでいるという方法もあります。

人を信用しないということは周りの目を気にせず自分のペースで進められる

さてここからは相手に信頼や期待はしないという考え方についてのメリットとデメリットを見ていきましょう。私たちは嫌われないように、信用してもらえるように、信用しない方がいい人と思われないようになどと、人の目を気にしてしまい思うように行動ができないことがあります。後々にそのことを後悔して悩んでしまう経験もあるのでしょう。

そのようなことを繰り返していくうちにストレスもどんどんとたまっていきます。しかしそういった考えを捨てることによって自分のやりたいことやするべきことを一番に優先して行うことができるのでストレスも軽減されます。また相手の時間や環境に合わせて動く必要がなくなるので自分の時間を最大限に生かすことも可能になるのです。

人を信用しないということは見返りを求めないでがっかりすることが少ない

相手に信頼や期待を抱いている状態で「あの子のことを信じて打ち明けたのに周りに言いふらされた」「また約束を破られた」という出来事があったとします。相手に対する期待や信頼が壊れた際に傷ついてしまいがっかりしてしまいますよね。

特に信頼する気持ちが強い相手ほど裏切られた時のショックは大きいものです。軽度相手に対する期待は最初から持たずにいることでしょう区のダメージが広がることを防ぐこともできるのかもしれません。きっと遅刻をするのだろうと考えていればイライラする気持ちも減ります。 ひょっとするとそれに備えて予め時間を有効活用できるように考えること可能なのかもしれません。

人を信用しないということは冷たい人と誤解されることがある

この生き方は相手を気遣うことなく何事も自分のペースで進めることができます。しかしこの行動が場合によっては周りから「あの人は冷たい人だ」と誤解されてしまうことがあります。例えば相手はあなたと仲良くなりたい、関係を深めたいと思われていたとします。

しかしあなた自身が心を開かないことによって「私のことを信頼してくれない」といった不安が募ることにより、冷たい人のあなたとはどんどんと距離を置かれてしまう可能性が出てきます。 また環境が見れないことからあなたのこと知ることができずに「あの人を信用しない方がいい」などと判断されてしまうこともありますので気をつけましょう。

人を信用しないということは心を開かれない可能性がある

相手に対して信頼しないということや期待をしないということは心を開いている状態ではありません。ですのであなた自身も周りから「この人に心を開くのはやめよう」と思われてしまう可能性があります。もちろんそれは自分自身が傷ついたり相手に振り回されないための予防としている行動だとしてもです。

人は信頼があるからこそ秘密事を共有したり仕事を任せることができます。この生き方はその信頼を得るチャンスを自分から逃してしまう場合がありそれは自分自身の道を狭めてしまう可能性もありますので注意とその覚悟が必要となってきます。 そして逆に「信用できる人」というのはどのような人かといいますと、「約束を守る」「ドタキャンが少ない」「人の陰口や悪口を言わない」「口が堅い」などがあげられます。

まとめ

さていかがでしたでしょうか。「信用しない方がいい人」について見見ていきましたがどうでしたか?人には様々な考え方や意見があるということがわかりましたでしょうか?相手を尊重し、信用される人になると言ったことが大切になるかと思われます。 無意識の行動が周りから「信用しない方が良い」と思われないように気を付けていきましょう。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事