人生詰んでると思った時。人生が詰んでる5つの状況と実は詰んでいない状況とは?

人生詰んだと思ったことはありますか?そのような状況とは一体どのようなものなのでしょうか?あなたが今進んでいる道は本当に「詰んだ」のでしょうか?まだまだ改善できる道なのかもしれません。こちらで解説させていただきます。

おすすめの占いサービス

人生詰んでいる?というのは?

近年「人生詰んだ」という言葉をよく聞くようになったかと思います。SNS上でもよく見かける言葉ですよね。そもそもこの「詰み」といった言葉には将棋やチェスの勝負がついたことを表す「詰み」からきていると言われています。簡単に言うと「終わった」という解釈ができますよね。

ですので「人生詰んだわ」とネットで言っている人を見かけたら「人生終わった」といった意味になるのです。この「人生が詰む」という状況ですが実際こんな状況にはそうそう簡単にはなりません。ではどうやったら「人生が詰む」状況になるのでしょうか?それは、長い時間をかけてやりたいことや「人生を諦めてしまった」ということ。やりたいことを止めたり、諦めたことの時間が長ければながいほど「人生詰んだ」という状況が近づいていきます。

人生詰んだと言える状況とは?

「人生が詰む」意味は分かりましたか?ここからは「人生詰んだ」と言える状況を一緒に見てきましょう。あなたの今の状況にとても似ているのであればそれは少しずつ改善して行かなければならないのかもしれません。

【人生詰んでる】億を超える膨大な借金を抱えて、自己破産以外の選択肢がないとき

借金=人生詰んだと考えてしまってもあらかた間違いではありません。僕を超えてしまうほどの膨大な借金はどれだけ働こうが返しようがありません。そのような状況にまで来てしまうと人生詰んだと言えてしまうでしょう。それに奥米の借金を抱えてしまい自己破産すると社会的な信用を一気に失ってしまいます。

周りの目は冷たく特にお金に関してのことになると信用はだだ下がりです。日本で暮らしていく上では最低限の生活は生活保護という制度が受けられますからできるのかもしれませんが今の日本の状況などから考えてみるといつまでもそれが守られていくとは限らないという現実を頭に置いておくことが大切に行ってきます。まさに人生詰んだと言ってもいい状況でしょう。

【人生詰んでる】体の健康を失い、寝て起きる以外のことが一生何もできない

健康状態が悪くなってしまうということは、もうどうしようもありません。お金がないとかやる気がないなどのほとんどの状況は、自分の努力次第で最低限の生活までは持って行けます。しかし体の健康がない場合国の保護で最低限の生活ができたとしても本来やりたかった夢を諦めたり、人生今まで考えていたこととは違う方向に進まないといけません。

ですがそのような状況でも「諦めない」「自分でできることを探す」一言はとっても大切で、気持ちがあるかどうかで病気の状態でも、QOLを向上させることができます。ただ本当に重い病気で余命宣告されてしまっている状況などは言葉的には明らかに不適切ですが、「人生詰んだ」という状況と言っていいでしょう。

【人生詰んでる】常に卑屈で誰かを貶める事だけを目的に生きている

精神的に安定しない人や他人の喜びを分かち合えない人はたとえ自分の生活が豊かだったとしても寂しさで心が住んでいる状況になりがちです。人の気持ちを考えられない人よ、靴で誰かを貶める事が好きな人というのは予備信用されないという人間になってしまいます。

今そうではないのかもしれませんが、長期的に見て人を咎めてばかりいる人の周りから離れていく人はたくさんいます。これも人生詰んでいると言っていい状況でしょう。

【人生詰んでる】漠然と毎日状況が悪くなるのを眺めて何もせずに生き続けている

何もしたくないという状況が続いていく限り人生詰んだと思う状況が続いていくものです。この状況を変えていけるのは自分しかいないのに自分でもう「何もしたくない」と考えてしまっているのであればそりゃ「人生詰んだ」状況にもなります。

ですが人間であればストレスは誰も抱えるもので、人生詰んだと楽観的に考えているあなたの心の中には必ず「劣等感やプライドの高さ」というものは潜んでいて、それに苦しめられていることもしばしばあります。

あなたの人生は詰んでいますか?そんなことはないはず。

今あなたの人生はとても辛いものではないでしょうか?ただ辛い時にはそれなりの理由があります。しかし多くの場合には後から「あの時はああいう理由で辛かったんだ」と何かのきっかけで気づくことがほとんどです。

辛い時というのは思考がまともにできない状態とも言えます。まともに思考ができない状態から抜け出すための手段はいくつかありますが、一番効果があるのは「今の自分の辛さや大変さ」これを素直に話して誰かから客観的なアドバイスを受け入れることになります。

人生詰んだと思っていても詰んでいない状況とは?

人生詰んだと感じている方。 人生詰んだと思いがちですが実際には詰んでいない状況というものがあります。それは一体どのような状況なのでしょうか?見ていきましょう。

【人生詰んでる実は詰んでいない】留年や浪人・就職の失敗など若いうちの失敗

留年や浪人や就職の失敗を若いうちに経験してしまうと「人生駄目だ」感じてしまうこともありますが、その状況は実際に人生を積んでいるのでしょうか? まだ20代であれば就職先なんていくらでも努力次第で見つかりますし、学校受験も自分の勉強しないで合格できます。

この状況は自分でもう一度自分と向き合うということで挽回できるんです。実際一度は受験や就職活動の努力ができたあなたです。人生をここで諦めてしまうには大変もったいないです。

【人生詰んでる実は詰んでいない】5000万円以内の借金

億越えの借金では人生は詰んでいるといいますが、簡単に5000枚以内の借金であれば人生は詰んでいないともいえます。値段だけでは状況がこんなにも変わるのであれば本当に借金には気をつけないといけません。5000万以内の借金であれば自己破産ではなくて立て直しができたと SNS 上やブログを書いている人もよく見かけます。ですので今その状況に当たる人はとにかくこれ以上借金を増やさないこと!今この値段から返していくと考えてみてください。

【人生詰んでる実は詰んでいない】40代以降でのニートやフリーター

40代以降でニートフリーターであってもまだまだやれることはたくさんあります。自分でもう年だからやることがないと考えてしまっているか何もできなくなってしまうんです。
40代で 新しいことを始める人はとっても生き生きしていますしチャレンジ精神は社会を生きていく上で重要です。

諦めるかまだできると自信を持つ彼の気持ちの変化が、40代以降でニートやフリーターであっても人生進んでないといえる状況になります。仕事ではなくまずは熱中できる趣味などを見つけてみるのも一つの方法なのかもしれません。そうすると必然的にお金が入るようになりますし外に出る機会もたくさんあるのではないでしょうか?

【人生詰んでる実は詰んでいない】会社で昇進できない・窓際部署への左遷・リストラ

職場でこんな状況になるとどうしても「もうだめだな」と自分を卑屈に見てしまいますが実際はそうでしょうか?新しい部署に飛ばされたのであればそこでできることを最大限にしてみることで新しい信用が生まれるはずです。窓際だからやる気が出ないと諦めてしまうから周りからも冷たい目で見られるのではないでしょうか。「会社で昇進できない」「窓際部署への左遷・リストラなど」があっても人生詰んだと思わないようにしたほうが良さそうです。

【人生詰んでる実は詰んでいない】親戚や家族とのトラブル

親戚や家族内やトラブルが実が一番面倒だったりしますよね。お金の問題や後次の問題など様々な問題があります。しかし今歩んでいるあなたの人生は「たった一人の自分だけの人生」です。家族とのトラブルに巻き込まれがんじがらめになるのであればそんな環境から逃げ出すもう一つの方法となります。

もちろん家族や親戚が台風なので自分から行動して関係を良くすると思っている人は、そうすれば良いですし、その考えができる人をこの状況を「詰んでる」なんて思わないはずです。少しでも「人生詰んだ」と感じているのであれば今の状況から逃げ出す道もありだということを覚えておきましょう。

どんなに人生は順調でも解決が難しいことや理不尽すぎる問題に局面する可能性は誰にでもありえます。でもそこで立ち止まる前に人との付き合い方や本当に要請を頼れないかなど時を置いて冷静に考えてみましょう。本当に人生が進むという事態はめったにないものです。 追い込まれた状況で一番大切になってくるのは誰かが勝手に決めた常識にとらわれない広い視野を持つということです。

まず「人間関係や一般論にこだわりすぎない」「他人の人生と比べない」「失敗から学べる機会だと思う」「強敵や行政的に正しい対処法があることを知る」などのこれらのことが大切になってきます。

まとめ

さていかがでしたでしょうか?「人生詰んでる」状況について詳しく解説させていただきました。実際にはそうそう簡単には「人生詰まない」です。人生を詰むというときは「諦めた時」だということを肝に銘じ、新しい道や今の状況を変えることを考えてみることが大切になってきます。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事