女好きの彼氏の女好きのタイプ別解説とよそ見させないテクは?

彼氏が女好きで困っている方はいませんか?女好きの彼氏を持っていると彼女は苦労しているかと思います。女好きは治らないと言われていますが、彼氏が本当に女好きであなたを平気で傷つけるような人であれば別れも視野にいれましょう。今回は彼氏の女好きのタイプをご紹介します。

おすすめの占いサービス

彼氏が女好きで悩んでいる!よそ見させないテクとは?

彼氏が女好きである。それを自覚しているあなたは彼氏を繋ぎとめるためにどのようにすれば良いか悩んでいるかと思います。「女好きの彼氏には実はタイプが存在します」知っていましたか?そのタイプによって対処も違ってきますので、あなたの彼氏がどのタイプに当てはまるのか、今回紹介する中でチェックし、対処の方法を考えていきましょう。

彼氏はどのタイプ?女好き男性をタイプとは?

女好きの彼氏を大きく分類するとタイプは3タイプであることが分かります。それぞれのタイプによってあなたがやるべきことも変わってきますので、自分の彼氏がどのタイプに当てはまるのかまずはチェックしましょう。

女好きとは言いつつも、その男性の心理傾向には色々な状態が見られます。結局そんなこと?なんて思ってしまうこともあるのでチェックしましょう。

極度の寂しがり屋さん。甘えん坊

極度の寂しがり屋で甘えん坊だという男性は実は案外多いものです。マザーコンプレックスもこれに当たりますが、特に彼女の前では見栄を張って男らしく振る舞っているものの、心の中では常に寂しがり屋、甘えたな傾向がある彼氏です。

そんな彼氏は彼女だけでは飽き足らずに、多くの女性を求めて安心感を手にするのです。たった一夜限りでも、そのぬくもりに触れていたいというような彼氏も居るので要注意!あなたの彼氏は実は甘えん坊ではありませんか?そんな姿も見たことない!考えられない!と思っていても、実は性根は甘えた、膝枕なんてしてほしいと思っているような彼氏であれば、女好きというよりは、女性の母性に惹かれていると言ってよいでしょう。

新しいモノに目がない!飽きっぽいタイプ

新しい洋服を買ったと思ったら、何回か着てもう新しい洋服を買ってしまう。もしくは靴を新調したと思ったら、またデートのたびに違う靴を履いてくるといったあなたの彼氏はそんな彼氏ではないですか?

ブームやトレンドに目がなくて、真っ先に飛び乗るのに、降りるのも一番早い・・・そんな彼氏はとっかえひっかえ女性の好みも変わるものです。彼女という絶対的存在は置いといて、でも他の多種多様な女性も体験してみたいなどそのような新しい物好き、飽き性なタイプの彼氏は浮気を繰り返すケースもあるのでご用心です。

女性を落とすのが快感のハンタータイプ!

自分に自信があって、女性を口説いて口説かれた女性が落ちるのを見るのが好きなタイプもあります。あなたの彼氏はちょっとイケメンではありませんか?それか口達者なキザなセリフもさらりと口にすることができて、壁ドンできちゃうタイプではないでしょうか?

口説いている女性が顔を赤らめてOKする姿を見ることで、達成感と快感を覚える彼氏もいるのです。壁ドンなんてされれば普通の女性でもハッとするのに、キザなセリフでカッコつけられて「綺麗だよ」「可愛いね」なんて言われたら女性はそうでなくてもその気になりますよね。そのようなハンター型タイプの彼氏は女好きといっても女性を落とすのが目的なので、彼女と別れるということまでは考えていないので厄介です。

彼氏の女好き度とは?

男性の女好きの傾向はタイプ別に分かれることが分かったと思います。甘えたさんや新しいもの好き、ハンタータイプの人。あなた彼はこのどれかに当てはまりましたか?このどれかに当てはまっているのであれば要注意です!あなたの知らないところで女性を口説いている可能性もあります。

さて、そんな女好きな彼氏ですが、どれだけ女好きなのか、その度合いをはかってみましょう。「女好き彼氏の特徴」を以下にまとめていますので、是非チェックしてみてください。

いつもスキンシップを求めてくる

いつでもどこでもスキンシップを求めてくるようなそのような彼氏は女好きの可能性大です。おうちデートでいちゃいちゃスキンシップを求めてくるならば、まだ誰の目も気にしないでいいので彼女としても安心できますが、出先でもあからさまなスキンシップを求めてくるのは甘えたさんの証拠です。

特に異性の体に触れていたい、いつも触れていたいと思っていて、だから毎回デートでもベッドに入るのは当たり前、何時間も体を密着させているという彼氏は淋しがり屋で甘えたの女好きです。

「今日は生理だから無理」と拒んでも「大丈夫大丈夫」と言って強引に引き寄せるようならば、完全に女性の肌にいつでも触れていたいという女好きが判明してしまいます。

とてもマメで時間のやりくりも上手!

マメで連絡もよくくれる彼氏。だから安心できるというあなた。それは危険信号かもしれません。マメなのは女好きには必須の条件なのです。彼女に連絡をいれるのはもちろん、他の女の子にも連絡を密にとっている可能性は高いです。彼のスマホのLINEが頻繁に鳴って、やりとりしているのならば、それは遊ぶ女の子とやり取りしている可能性があります。

マメなので、時間の使い方もとても上手く、彼女とデートする時間をしっかり作りつつ、他の女の子ともデートする時間を作ったり、やりくりが上手いのも特徴のひとつです。連絡がマメだから安心できると思っていても、実は彼氏は女好きなだけかもしれません。一度彼氏の携帯を見せてもらうのも良いかもしれません。

優しくて女性の喜ぶツボを知っている

優しい、これをすると女性が喜ぶであろうということを熟知しているのも女好きの彼氏の特徴の一つ。サプライズをしたり、あなたが「うわぁー!」と感激するようなことをする彼氏であれば、もちろん彼女を喜ばせたいがために考えてデートプランを練っただけともとれますが、それが毎回続くと女好きを疑わざるを得ません。

女性のツボを心得ていて、これをすれば喜ぶ、コロッと落ちるということを知っているので、デートプランも女性の好むものだったり、食事もお洒落なレストランだったりとまさに言うことなしなのです。女好きでさえなければです。

優しいのは当然のこと。どれだけ自分好みの顔でなくても、優しくて、体だけの関係なら顔なんて関係ないと思っている可能性だってあるのですから、本当の意味での優しさとは違うかもしれません。

女好きの彼氏をよそ見指せないために必要なこと

彼氏の女好き度をチェックしてきましたが、あなたの彼氏はこの特徴に当てはまっていたでしょうか?いつもデートプランは彼氏がねってくれて、それがいつも感激するような満足したデートだったのでしょうか?優しくて気配り上手でマメ・・・なんていい彼氏なんだろうと思っていたら、単に女好きだった!だけの可能性もあります。そんな女好きの彼氏に自分だけを見てもらうテクニックあるのでしょうか?

女好きは治らないと思っている人もいるかもしれません、しかしあなただけを見つめてもらえるテクニックはあるので次でお話ししていきます。

まず、甘えん坊の彼氏の場合は思いっきり甘えさせてあげること。そんな彼氏の場合は、彼氏がコンプレックスに感じている部分を受け止めてあげて、「そんなあなたも全部好き」と全身で優しく抱きしめてあげましょう。

甘えん坊で女好きの彼氏の場合には、大抵は母性本能に馴れて女性に近づいているため、彼女から大きな愛情を受けることによって他の女性を見ることもなくないます。おうちデートなどでは 存分に甘えさせてあげて、ベッドの中でも甘えさせてあげ、外に出たときには彼氏らしくカッコいい男性としての立場を守らせてあげると彼氏も自尊心も傷つかずにベストです。

もしあなたの彼氏が飽き性であるのであれば、一番手っ取り早い方法はイメチェンすることです。彼氏を繋ぎとめておきたいと思うならば、飽き性の彼氏の性格を理解し、時々ガラッとイメチェンすることによって、彼氏もあなたが変わった姿にまた惚れ直すに違いないです。イメチェンとはいっても難しいことはありません。髪色を変える。ヘアスタイルを変えるだけでも立派なイメチェンです。

もしくは本格的にイメチェンしようと思うのならば、洋服もいつも着ているブランドの洋服ではなく、全く違うジャンルのぶらんどに挑戦してみると良いでしょう。新たな自分の発見にもなりますし、自分磨きの一歩にもなります。

男は逃げていく獲物を追いかける習性を持っています。これは本能とでも言うのでしょう。つまり口説いてそこに快感を覚えているハンタータイプの彼氏の場合には、彼にゾッコンだということを見せないことが大切です。

私はいつだってあなたの腕の中からすり抜けていく存在なのよ、というような雰囲気を常に作っていれば、彼氏はあなたを追いかけて捕まえようとするでしょうし、決して手放さないでしょう。

女好きの彼氏によそ見をさせない為にはこのようなタイプ別のテクニックが存在するのです。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?「女好きの彼氏」について特徴や対策などご紹介させていただきました。男性の女好きというものはなかなか治りません。もしかすると一生治らないです。それでも彼氏と付き合って行こうと思うのならば、あなただけを見つめさせるようなテクニックを使ってよそ見をさせないことが大切になってくるでしょう。それでもどうしてもよそ見をしない彼の場合は別れを視野に入れることも必要になってきます。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事