付き合って3カ月でプロポーズ、幸せな結婚できる?スピード婚で失敗しないための心構えとは?

付き合ってから3ヶ月でプロポーズというのは早すぎるのでしょうか?そのような短い期間の関係で幸せになる結婚ができるのでしょうか?今回は実際に3ヶ月のスピード婚経験者のエピソードから幸せな結婚の為の心構えを見ていきましょう。

おすすめの占いサービス

付き合って3カ月でプロポーズ 結婚はできる?

プロポーズを受けた経験が無い人でも、あと3ヶ月でプロポーズをされたとしたらどう思いますか?結婚は難しいと言われる時代ですのでだからこそ、勢いに乗った方が良いのかどうかなど悩ましいですよね。今回はそのような3ヶ月のプロポーズを考えていきながらスピード婚で失敗しないための心構えを探っていきましょう。

3カ月でプロポーズされて結婚した先輩奥さんのエピソードとは?

3ヶ月のプロポーズは早すぎるのでしょうか?早すぎたら後悔をすることになるのでしょうか?こうした疑問について実際のプロポーズ経験者の生のエピソードがあります。3歳年上のメディアクリエイターの彼と出会ってその後3ヶ月でプロポーズをされた奥様。両親が安定した堅い仕事している人がいいと反対されましたが彼の熱意もあり両親には内緒で結婚したそうです。

その後子供の話を持ち出して漁師の協力も考えなければというような内容になった時に急に不機嫌になり、結局1年で別れました。 こういった感じで彼女の両親に反対されたからとはいえ子供も含めた結婚生活を描いていく時に結婚親反対した両親へ、彼が意固地になったままではこうした結末にもなってしまいます。結婚お二人のことではありますが様々な問題を先送りにしたり過去にとらわれてすぎてしまわないように未来志向型ていきたいものです。

友達として4年、恋人としては3カ月目のプロポーズで結婚!自然体の夫婦?

次に大学3年生から交際していた同い年の彼氏が就職しても四年間は友人関係でしたが、ある日分かりやって相手であるお互いが大切に思えるようになり付き合い始めました。そしてその3ヶ月後にはプロポーズをされましたが、友人関係も長かったですしお互いに隠すこともないような間柄で、結婚しても自然体でいられるそうです。付き合ってからプロポーズまでの期間は短いのかもしれませんが、それまでの友人関係の中でお互いを必要な存在として意識していたのです。結婚生活は様々な課題に夫婦で向き合っていくものですから友人としてお互いよく知っていたことが大きなプラスとなります。

出会って3カ月目のプロポーズ、悩んだけど結婚!かれこれ結婚10年目に突入!

4歳年下の彼と結婚した方。相手が年下というだけではなく、仕事に対して一番集中していた頃だったのでキャリアアップとの狭間で考えましたが、結構もチャンス次第ということでもあり悩んで結婚しました。結婚から10年目にはなりますが年下の彼が立派な旦那になりつつあり楽しんでいる奥様奥は。結婚と仕事の両立を考える時期は結構ないわゆるデキレとも重なりますので、女性にとって難しい判断を必要とすることを大いにあり得ます。結婚の旬の時期を逃したくないという気持ちに対して高い優先順位をつけたことにより、気持ちの整理がつきやすくなります。

付き合って3カ月でのプロポーズを受けたときのメリットとリスクとは?

3ヶ月でプロポーズを受けて結婚したいくつかの例を見てきましたが他にもスピード婚から結果までは様々あると思いますが「3ヶ月でプロポーズを受けた」メリットとリスクについてそれぞれ解説していきます。まずメリットですが一つ目は「あなたをとても愛している」ということです。出会ったり付き合ったりして3ヶ月でプロポーズするのですから彼氏はあなたに素晴らしい点を見出しているということですね。

そして二つ目「彼氏の結婚への本気度が高い」交際は続けていてもなかなか結婚が見えてこなくてじれったい女性もいます。結婚という具体的なゴールを示してくれることはありがたいですが、結婚が難しい時代といわれる中で結婚が現実味を帯びることは素敵なことです。彼からのプロポーズで結婚ということを真剣に考えるきっかけにもなります。次にデメリットです一つ目は「彼氏のことが十分に分からない不安な気分」まだ彼のことをよく知らないという不安が一番大きいのでしょうか。

3ヶ月という時間ではお互いを理解する機関としては短すぎると感じてしまいます。彼にプロポーズされたことが逆に不安となってしまって、交際している頃よりもすっきりしない気分になってしまうことでしょう。そしてデメリット二つ目「早すぎるという周囲の声」たとえあなたが3ヶ月のプロポーズを早いと思っていなくても、家族や親戚や友人知人で「早い」と横槍を入れてくる人は少なからずいそうです。幸せな気分に水を差されて、結婚自体が面倒なものに思われるようになりかねません。

二つのリスクと「3ヶ月」という期間や「早い」という感覚の問題です。それらの要素をどう考えるかはあなた次第ですので機械的な数字や周囲の感覚に惑わされずにあなたの彼の気持ちをしっかりと見つめましょう。

3カ月でのプロポーズで結婚する?しない?判断のポイントとは?

さて3ヶ月のプロポーズについて結婚するかしないかの判断すべき基準を見ていきましょう。結婚生活でトラブルになりがちな神かと思いますので彼氏のイメージを重ね合わせて読んでみましょう。

ずっと自然体でいられる相手かどうか

3ヶ月しか相手を知る機時間がなかったならば是非とも旅行してみましょう。同棲生活とまではいきませんが旅行で数日間時間と空間を共にすることで相手があなたにとってリラックスできる相手かどうか、何かトラブった時にどんな対応をするのかなど観察できることはたくさんあります。

彼氏を観察することだけを目的にはしないであなたもあなたらしく振る舞うことで彼氏とのマッチングを確認してみることも大切です。

重要な価値観が合っているか

結婚生活では価値観の一致が重要にはなりますがお金の使い方や子供のことをどう考えているのかと言ったことについて特に大きな事柄です。プロポーズの後は一緒にスーパーに食材を買いに行ったり、ちょっとした日用品や車の話を出してみたりして、彼氏がどういう感覚なのかを感じることができます。

そして街で見かけた子供を話題にして、彼氏が子作りや子育てをどう考えているのかを探ってみましょう。とは言っても価値観が全く合っている夫婦は多くはありませんので価値観で歩み寄れるかどうか程度で考えてください。

3カ月目のプロポーズで結婚するなら知っておきたい幸せになる為の心構え!

さて3ヶ月プロポーズの後の結婚だからこそ知っておきたい心構えについてご説明します。どんなに恵まれた環境であっても、どんなに不遇な状況でも、そこから幸せを作っていくのはあなたと彼です。具体的なポイントをご紹介していきますので幸せの処方箋を考えていきましょう。

本当に彼と結婚したいかどうか考えてみよう!

ひょっとして結婚が目的になってはいませんか?結婚は通過点であり、その後の結婚生活は彼との生活になってきます。3ヶ月でいきなりプロポーズされたことで結婚がしたいと前乗りになりすぎていないかどうかをもう一度自分に問いかけてみてください。その答えとして彼との結婚という答えにたどり着けるがその答えを大切にするとよいでしょう。

急いで結論を出さないこと

結婚というものは人生の最大のイベントとなっています。あなたは今存在しているのも、両親の結婚の結果となっているかと思います。あなたもそのような岐路に立っているのです。大切なことだからこそ急いで結論を出さないようにしてください。彼に対してもプロポーズへの感謝を伝える大切なことだからこそ少し待ってほしいと伝えましょう。

後悔のない決断をするための時間は必要です。ただし3ヶ月でプロポーズをしてきた彼ですからそれ以上の時間を待たせないようにしたいものです。

交際期間が短いことを不安視しすぎないこと

お相手のことが十分に分からないまま結婚をすることにもちろん不安を感じるかと思います。ですが長い時間を共に過ごせば何でも分かるようになるわけでもなくてむしろ恋愛時代は弱みを見せないように隠している部分も少なくないものです。ですので、知らないことが多い理由としては交際期間の長短の問題ではありませんので「短い=不安」という考えにとらわれすぎないことが大切です。

プロポーズを機に彼もいい意味で変わろうとしているのかもしれません。過去よりも現在や未来を見つめる気持ちを大切にしてください。

互いに相手に完璧を求めずに歩み寄る姿勢でいる

相手に求めすぎてはいないでしょうか?相手に完璧を求めるということは相手が自分にとって都合が良い人であってほしいという気持ちの裏返しでもあります。相手との距離が100あったらお互いにどのくらい歩み寄るかを相談していくのが結婚生活です。お互いの強みを活かしながら二人で作り上げるのが家庭生活ですから、歩み寄る際には阿吽の呼吸が美しいものですがお互いに忙しい二人のこと、きちんと言葉で確認し合いましょう。

まとめ

さていかがでしたでしょうか?3ヶ月という期間でのプロポーズ早いかどうかは、プロポーズを受けたあなたにしかわからないことです。大切なのはあなたが納得してプロポーズを受けるかどうかです。結婚には勢いも必要です。彼が与えてくれたきっかけと勢いをあなたらしく判断してくださいね。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事