女の敵は女は本当なのか?原因や根拠を詳しく解説します!

女の敵は女とは、よく聞く言葉ですが、その根拠や原因とはなんなのでしょうか?女の敵は女という言葉の意味や、言葉が生まれた原因、根拠などを詳しく解説します。

おすすめの占いサービス

女の敵は女は本当なのか?

「女の敵は女」という言葉は、よく知られているものですが、この言葉が表しているのは「女性は異性よりも同性に対して厳しい基準で判断や対応をしがちである」というものです。つまり、女の敵は女とは、女性はつねに同性に対して「ライバル視」をしているということを表している言葉なのです。その証拠に、同じことをしたとしても、男性であれば簡単に許してもらえるのに、女性である場合には根に持たれ、ずっと影で文句を言われるなどの経験をしたことがある女性も多いのではないでしょうか。

または、職場においても、男性社会で高い地位まで昇りつめた女性は、そこにたどり着くまで数々の困難や苦労を乗り越えてきたために、後に自分の地位を脅かすような同性が現れた場合には、助けるどころか「敵として見てしまう」ことが多いと言われています。実際に米国においては、1970年代にこのような現象が社会的に頻発したために、「嬢王蜂症候群」と名付けられ、問題視されたこともあります。

このように、プライベートだけでなく仕事などあらゆる場面において、女性はその独特な特性により、「同性を敵」と見なしてしまうことから、「女の敵は女」という言葉が使われるようになったのです。

女の敵は女である原因

女の敵は女である原因は、例えられるものはいくつかありますが、まず1つ目として「女性は同性を助ける習性がない」というものです。これについては、実際に海外で「男女の協力の仕方の違い」についてを調査をしたところ、女の敵は女である証拠ともなる結果が導き出されたのです。その結果とは、「男性は同性に対して協力的であるが、女性は同性には非協力的であり、異性に対しての方が協力的である」というものです。

女の敵は女である原因の2つ目は、「女性は嫉妬の感情が強い」ことです。女性は、男性よりも本能的に嫉妬深い傾向があります。おそらくその理由は、女性は子供を妊娠・出産し、子育てをするという本能的義務があるからです。女性は子育てをする間、パートナーである男性に生活のすべてを守ってもらう必要があることから、他の女性に自分のパートナーを奪われないようにするために、本能的に嫉妬深い生き物になっていると言う説があります。

女の敵は女である原因の3つ目は、「他人と比較することを好む」ことです。女性は男性よりも、他人への興味関心が強く、比較することを好む傾向があります。その証拠に現在SNS上では、女性の「他人との比較を踏まえた上でのリア充的な投稿」が、日々溢れかえっています。さらには、SNSに投稿するためだけに、わざわざ物を買ったり、どこかに出かけたりする女性も多く見られます。

女の敵は女である根拠となる行動

女の敵は女であることは、女性たちが日々取っている根拠となる行動を見れば、納得することができます。女の敵は女である根拠となる行動の1つ目は、「自分が1番になるためには他人を蹴落とす」というものです。男性社会においても一部分の人には見られる行動ですが、女性社会においては、常日頃からよく見ることができる行動の1つになります。女性同士の間では、自分が上でいるためには、どんな手段を使ってでも相手を蹴落とすといった、足の引っ張り合いをすることが多く見られるからです。このような足の引っ張り合いは、女の敵は女、ということを証明する行動の1つであると言えるでしょう。

女の敵は女である根拠となる行動の2つ目は、「気に食わないことをされると態度が変わる」です。結局のところ、女性同士の付き合いとは、お互いにとって都合が良いものである場合にしか成立することはありません。要するに、女性同士の関係は「自分にとって何らかのメリットが無い限り、付き合う必要性がない」という場合の方が多いのです。そのため、自分にとってマイナスになりかねない事が起きた場合や、気に食わないことをされた場合には、急に態度が激変したり、「グループから外される」というような、陰湿な行為をされることもあります。

女の敵は女である根拠となる行動の3つ目は、「男性のことしか気にしていない」というものです。女性の中には、自分の好きな男性に気に入られることに、すべてを捧げている人も存在します。このようなタイプの女性は、「同性にどう思われようが関係ない、男性にだけよく思われたい」という考えであるため、無意識に女の敵は女という行動をとりがちです。そのため、自分の気に入っている男性が友達に好意を寄せていると知った場合には、自分が気に入られたいがために、友達の陰口を言うなどの行動を取ることもあります。

女の敵は女である根拠となる行動の4つ目は、「女性は他人の成功を祝福しない」ことです。女性は他人と比較することを好む習性があるため、自分は成功をしていないのに、他人が成功し、自分には無いものを手に入れているところを見ると、嫉妬心でいっぱいになります。そして、相手の成功を受け入れることができずに、つい陰口をたたくなどの行動を取ってしまうことが多いです。このような行動も、女の敵は女である根拠となる行動における、代表的なものであると言えるでしょう。

女の敵は女である根拠となる行動の5つ目は、「男性は許しても、女性は許さない」ことです。女性は男性とは違い、同性に対する態度と異性に対する態度が、明らかに違う人も多いです。このようなタイプの女性は、男女が同じミスを犯した場合に、男性と女性とで対する態度に大きな違いがあります。男性がミスをした場合には、きちんと謝罪をすればすぐに許すのに対し、女性である場合には本心からは許さず、ずっと根に持ち、何かに付けてそのことを話題に持ち出すといった皮肉な行動を取ることが多々あるのです。

このように、女の敵は女である根拠となる行動は、じつは女性を日頃からよく観察すると頻繁に取っているということがわかります。ただし、すべての女性にこのような行動の特徴が見られるわけではありません。女の敵は女、と言う信念を持った女性にだけ、見られる行動の特徴であると言えます。

女の敵は女は本当!対策は?

女の敵は女という定義は、女性の特質であり本能でもあるため、避けることはできません。しかし、女の敵は女という定義を避けることは不可能だとしても、なるべく穏便かつ揉め事なく生活をしたいと思う女性は多いはすです。それでは、女の敵は女を回避するためには、どうしたら良いのでしょうか?

女の敵は女を回避する対策としては、「適度な距離感をキープする」ことです。女性同士の関係性は、距離感が重要です。なぜなら、女性同士のわずらわしいことには関わりたくないからと、他人と距離を取りすぎてしまっても「あの人は付き合いが悪い」などと言われ、標的にされてしまうこともあるからです。また、逆に仲良くなり過ぎても「いちいちうざい」などと言われ、敵となってしまう可能性があります。

そのため、相手に合わせて適度な距離感をキープすることが、女の敵は女という争いに巻き込まれずにすむ、もっとも賢い対策法であると言えます。
また、女性は男性が絡むとすぐに敵視する傾向があるため、学校や職場などで男性と親しく交流することは、なるべく避けた方が良いでしょう。特別な関係でなく、ただの友達であったとしても、男性と仲良くしているだけで、嫉妬され疎まれてしまう可能性があります。

女の敵は女を回避するには、会話においても注意が必要です。女性同士で彼氏やパートナーの話をすることは日常茶飯事ですが、人によってはあなたの話す内容がただの「自慢」にしか聞こえないという場合があるからです。もしも、誰かがあなたの話を自慢話であると思った場合には、その人が発端となり、陰口を言われたり仲間はずれの対象となってしまうおそれもあります。

また、誰かが陰口を言っているときは、参加しないようにすることが懸命です。なぜなら、陰口に参加した時点であなたも同罪となり、グループ内のボスの指示に従わざるを得なくなるからです。さらには、あなたが陰口を言っていたと、誰かに告げ口をされるおそれもあります。もしも、そうなった場合には、グループ内でのあなたの信頼は皆無となり、もはや回復することは難しいでしょう。そして、このパターンの場合には、自分が原因で女の敵は女となったわけではないため、もっとも悲惨な結末であると言えるでしょう。

まとめ

「女の敵は女」という言葉の意味は、「女性は異性よりも同性に対して厳しい基準で判断や対応をしがちである」というものであり、女性はつねに同性に対して「ライバル視」をしているということを表しています。そして、この女の敵は女という言葉ができてしまったのは、女性が生まれながらに持った特質や本能が原因です。女性は子供を妊娠・出産し、育てなければいけないため、男性に守ってもらうことを無意識に必要としています。

そのため、女性は自分と子供を守ってくれる男性を、他の女性に奪われないようにするために、生まれながらに嫉妬深い傾向があるからです。さらに、女性は他人と比較することを好むため、「自分よりも上である同性は許せない」といった感情から、女の敵は女とライバル視をしてしまう人が多いのです。
このようなことから、世の女性は女の敵は女と無意識のうちに思ってしまいがちですが、それは本能でもあるため仕方がないことです。しかし、無駄に女の敵を増やさないためにも、普段から同性とは折り合いをつけた付き合いや行動を心がけることが、重要であると言えるでしょう。

ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「電話占いヴェルニ」

\今なら最大2,500円分無料!/

今すぐ鑑定してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事