遠距離カップル必見!同棲のタイミングや準備すべきこと

遠距離カップルが「同棲」を意識する瞬間というのはどのようなときなのでしょうか?こちらでは遠距離のカップルに必見の同棲のタイミングや準備すべきことをご紹介します。

おすすめの占いサービス

タイミングはいつ?遠距離恋愛カップルが同棲を始めたきっかけとは?

会えない距離がふたりを育てるという言葉もありますが、やはり好きな人とは近くにいたいものです。こちらでは遠距離カップルが同棲を始めたきっかけについてご紹介をします。これから同棲をしようと考えている人、ベストなタイミングはいつなのか知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

【遠距離カップルが同棲をはじめたきっかけ】結婚を意識した時

「アラサーになって結婚を意識し始めた時、彼から同棲をしようと言われました。私は結婚してから初めて一緒に暮らすということに不安があったのでまずは同棲して新しい生活に慣れてから結婚しようと約束し同棲を1年経験した後結婚しました」このように結婚意識した時や結婚の準備段階として同棲を始めるということもあります。同棲を経験することで結婚前に生活感の違いを知ることができるためです。他にも一緒に暮らすことで結婚後にバタバタしないで済む結婚準備が進みやすいといった声もあります。

【遠距離カップルが同棲をはじめたきっかけ】会社を辞めたとき

「いろいろあって会社を辞めてしまった時に彼がこっちにきて一緒に暮らそうと言ってくれました。2年ほど遠距離を経験してヲタが離れているのも辛くて早く同棲したいと思っていたので退職が良いきっかけだと思いました。」
遠距離カップルのどちらかが会社を辞めた。もしくは転職や移動をきっかけに同棲を始める人も多くいます。女性の場合は退職を機に同棲、そのまま家庭に入り結婚へととんとんびょうしに進むこともあるようです。

【遠距離カップルが同棲をはじめたきっかけ】1人暮らしを始めるとき

「そろそろ実家を出て一人暮らししようかなと考えていた時にせっかく出すんだったら同棲の話を切り出しました。彼女は快く OK してくれて3年半の遠距離生活に してくれて3年半の遠距離生活に終止符を打つことが出来ました。」

遠距離カップルのどちらかが実家を離れ、一人暮らしを始めるタイミングで同棲を決める人も多いようです。一人暮らしを始めたとにパートナーが頻繁に訪れることで半同棲から同棲とステップアップした人もいました。

遠距離カップルが同棲をするメリットはある?

結婚式した時に会社を辞めた時は、一人暮らしを始めたときです。遠距離中のカップルであれば誰しも同性の二文字が頭をよぎるのではないでしょうか。今までなかなか会えなかったあの人が、目覚めたら隣にいるというのは幸せではないでしょうか?こちらでは遠距離カップルが同棲をするのについてご紹介していきます。

【遠距離カップルが同棲するメリット】デートにかかるお金の節約

遠距離カップルが同棲を始めることでデートにかかるお金を抑えることができます。遠距離カップルがデートするだけでもお金がかかるものです。交通費だけで1万円以上、宿泊費でプラス1万円。さらに久しぶりに会った喜びで会食費やプレゼントだよ奮発してしまい一度のデートで大きな額をしてしまうことすらあります。

同棲を始めることで宿泊費や交通費はもちろん、高速バスや飛行機に乗ってる時間を節約することもできます。今までデートにかけていたお金を二人の家電や将来の貯金に当てられて二人の時間も増えるということがメリットとなります。

【遠距離カップルが同棲をするメリット】結婚への意識の高まり

百合カップルが同棲をすることで結婚への意識が高まるといったメリットが挙げられます。遠距離恋愛をしていると、普段は仕事や趣味や友人との時間が多くてなかなか結婚への道のりも遠く感じられます。妖精を機に仕事を辞めて、新しい家に足を踏み入れることで「ここまで来たんだし結婚しようかな」「どうせなら結婚までしちゃいたい」といった気持ちが湧いてくることもあるのです。

今まで離れていた二人の距離がぐっと近づいて生活を共にすることで新婚生活を想像しやすく、結婚への意識の高まることと同棲のメリットとなります。

【遠距離カップルが同棲をするメリット】お互いをより深く知るきっかけとなる

これまで離れていた二人が同棲を始めることで、これまで知らなかった相手の一面を知ることもできます。遠距離で恋愛をしていると、離れている文お互いの見えない部分を知らない部分がきっとあるはずです。相手の生活感や意外な救世こだわりが見つかってお互いをより深く知ることができます。

結婚したいと思っている遠距離カップルほど同棲を経験し相手のことをよく知っておこうが良いといった声もあります。もっとお互いの距離を縮めたい、相手のことを知りたい時は同棲の話を持ち出すのも良いでしょう。

【遠距離カップルが同棲をするデメリット】どちらかが仕事を辞める必要性

ここまでは遠距離カップルが同棲を始めるメリットをご紹介してきました。これまでなかなか会うことができなかった彼と毎日会えるそんな夢いっぱいの同棲生活。しかし遠距離カップルの同棲にはデメリットもつきものです。遠距離カップルが同棲を始める場合にはどちらかが仕事辞めなければなりません。遠距離カップルが同棲を始めるということはどちらかが慣れ親しんだ土地を離れなければならず、仕事も退職しなければなりません。

同棲をすると決まった場合にはお互いに仕事はどうするのか先を見据えて話し合っておく必要があります。同じ会社で移動はできないのか、何時頃に辞められるのか、新しい仕事をどうするのか二人で話し合っておきましょう。

そして女性の場合は同棲を機に家庭に入ることも少なくありません。結婚を見据えて家庭に入るのか、それとも仕事をするのか話し合うことも必要です。遠距離カップルはなんとなくで同棲できない分、ふたりの未来のことを考えしっかりと話し合うようにしましょう。

【遠距離カップルが同棲をするデメリット】生活環境が大きく変わってします

遠距離カップルが同棲を始める場合、生活環境が大きく変化することもデメリットに挙げられるでしょう。どちらか一方は慣れ親しんだ土地を離れなければならず、新しい土地でいちから生活を始めることになります。

家族や友人と会うことも難しくなりますし、仕事もいちから始めなければならず、何もかもが初めてで心細い思いをするでしょう。他人と暮らしたことがない人は同棲をすると、生活観の違いからストレスがたまってしまい破局につながるケースがあります。遠距離カップルが同棲をするということはどちらかが今の生活環境を捨てなければならないということを心に留めておきましょう。

遠距離カップルが同棲を始めるならば準備すべきこととは?

2人で話し合い、同棲をきめたのであれば、早速準備を始めていきましょう。世の中には「同棲=結婚」と考える人も少なくありません。こちらでは遠距離カップルが準備すべきことについてご紹介していきます。まずは「両親へのご挨拶」となります。遠距離カップルが同棲をはじめたのであれば、次はお互いの両親へ同棲をする旨の挨拶をしましょう。

遠距離だった2人が同棲すると聞くと、結婚を考えていると思う人も少なくありません。それは相手のご両親からしても同じことかもしれません。あなたの恋人はご両親が大切に育てた娘・息子ですから責任を持って挨拶をするようにしましょう。

いつから付き合っていて、どこで同棲をするのか、そして仕事はどうするのか、結婚する気があることを伝えるのかどうか、事前にパートナーと両親に話す内容を話し合っておくことをおすすめします。

次に「退職するなら!仕事場への報告」遠距離カップルが同棲を決意し、仕事を退職する場合には仕事場へ報告をしておくことが必要です。急に仕事を辞められると困る場合も多く、あなたの仕事を引き継いでもらわなければ行けない場合もあります。まずは直属の上司に同棲を機に退職をする旨を伝えましょう。

中には同棲となると退職を引き止められる場合や、許可をしてくれないケースもあります。辞めづらい場合には「結婚を前提に」同棲を始めると付け加えてもいいかもしれません。どのように報告をするのかもパートナーと話し合い決めておきましょう。

お世話になった職場への挨拶は大切です。遅くとも一か月前くらいには報告を済ませましょう。

そして「住まいとなる物件を探すこと」です。
お互いの両親、職場への挨拶を済ませた後は物件を探しましょう。2人が初めて暮らす家です。お互いにどのようなこだわりがあるのか話し合って決めていきましょう。間取りがどのくらいが良いのか、駅からどのくらい歩けるのか、近くに買い物ができそうな場所はあるのかお互いの意見をすり合わせながら物件を探すようにしましょう。

インターネットの使用頻度やペットを飼う予定など、先を見越してどのような家に住みたいのかということを考えましょう。最低でも2年間は住むであろう家です。今まで離れていた分、お互いに知らないことも出てくるかもしれません。話し合いを重ねながら2人が暮らしやすい住まいを決めていきましょう。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?近距離カップルに比べ遠距離カップルが同棲をするということは難しいことも多くあるでしょう。遠距離から解放された同棲生活というのは本当に楽しいことばかりです。これから何十年と続いていく2人の未来。肩の力を抜いてリラックスをし、お互い頑張りすぎないようにしてください。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事