不倫依存症になりやすい人の特徴は?抜け出すためにはどうしたらいいか?

不倫依存症になりやすいひととはどんな人でしょうか不倫依存症になってしまったら抜け出せなくなってしまいます。今回は不倫依存症について詳しく解説していきたいと思いますのでご覧ください。

おすすめの占いサービス

不倫依存症とは?

不倫をした経験はありますか?不倫には不倫依存症というものがあります。そもそも不倫依存症とはどのようなものなのでしょうか?不倫というものはそんなに依存するほどのものなのでしょうか?不倫を経験したことがある人ならば依存してしまう気持ちを共感することもあるのかもしれません。

そのような気持ちを踏まえながら、不倫依存症はどういうものなのか、依存しやすい人はどのような人なのか、その依存度を治すにはどうしたら良いのかということを探っていきましょう。もしあなたが不倫依存症ならば、依存症から抜け出す為のきっかけになれば幸いです。

不倫依存症になりやすい人の特徴

不倫依存症になりやすい人にはそれぞれ特徴が存在します。あなたは不倫依存だなという自覚症状はありますか?もしあれば、沢山の悩み事を抱えてしまっていることでしょう。こちらでは不倫依存症になりやすい人の特徴をそれぞれご紹介していきます。

【不倫依存症になりやすい人】自己承認欲求が強い

事故承認欲求とは簡単に言えば、他の人より自分の方が優れているということを実感したい人のことを言います。不倫をすることで、奥さんよりも旦那さんに求められているという感情を味わうことができます。その結果、自己承認欲求が満たされているということになります。確かに奥さんがいるのにも関わらず、別の女性と体を重ねていたり、別の女性とデートしているということは少なくとも奥さんより、別の女性のことがきになっているということになるので自己承認欲求が高い女性には不倫依存症の方が多いと言えます。

【不倫依存症になりやすい人】不倫で一度でも快楽を感じたことがある

不倫は誰もができることではない関係です。一般的に見てみんなができることは違うことを体験しているので、そこで他にはない経験をしているという快感を感じることができます。そして、不倫関係は誰にもバレてはいけない関係なのです。

秘密であり内緒の関係なので、その内緒の関係をバレずに長いこと続けることができれば、そのスリルにハマってしまう女性も多いことでしょう。ドキドキしてしまう関係で内緒で会っていてバレないように密かに体を重ねている。言葉だけ見ていると、とてもドキドキした素敵な関係で憧れてしまいます。

そのような関係を一度味わってしまったからこそもう一度味わいたいと依存をしてしまうのでしょう。

【不倫依存症になりやすい人】人に尽くすことが好き

自分よりも他人、私よりもあなた、と考える女性は不倫に依存しやすいでしょう。不倫関係ということは、男性に尽くす女性が多いです。バレないように動いてみたり、男性にもっと好かれたいからこそ、男性の好きなタイプの女性になろうと頑張ってみたり、もっと自分との時間を増やして欲しいからこそ、手料理を振る舞ってみたり、甘えてみたり。とにかくその男性に尽くすという女性は多いですよね。

そして、不倫男性も尽くされた分、その女性にちゃんと返してくれるのでギブアンドテイクの関係が成り立っています。自分のことよりも相手のことを考えてしまうような、人に尽くすタイプの女性には不倫依存症になりやすいのでしょう。

【不倫依存症になりやすい人】恋愛でしか幸せを感じられない

不倫依存症の方と恋愛依存症の方は似たような女性が多いです。恋愛依存症も不倫依存症もどちらも恋に・恋人に・愛人に依存してしまいます。彼女でいられる幸福感、愛人でいられる幸福感、好きな人と恋ができている幸福感が大きいです。

彼女や恋人でいることに幸福感を得られるので、奥さんや嫁になってしまうと、いつもときめきなどを感じることはできません。恋愛に必要なときめきとドキドキが少なくなってしまうのです。その成分が少なくなることで、自分の欲求が満たされずに不満に思ってしまうこともあります。

そのために、恋愛でしか幸せを感じれないタイプの女性は不倫依存症と考えて良いでしょう。いつでも愛されたい、求めてほしい、恋をしている瞬間ときめいている瞬間が好きという方は恋愛でしか幸せを感じれないタイプなのかもしれません。

【不倫依存症になりやすい人】1人でいたくない常に誰かと一緒にいたい

ひとりの時間がさみしいと感じるタイプの人は、不倫依存症になりやすいです。ひとりでいるときよりも、みんなでいるときの方が好き常に誰かとお話をしていないと落ち着かない、家に誰もいないときは友達と電話をしている。といったこのようなタイプの女性が1人でいるのが嫌いな女性です。

不倫関係になると、ひとりの時間を減らすことができます。恋人だけだと物足りません。いろんな人と一緒にいることができる不倫関係。それでいて、求めてもらえる不倫関係です。常に1人でいなくて済むし寂しくもなく、求めてもらえる環境ならば素敵に感じてしまいます。寂しい気持ちを埋めてもらえた時に常に誰かと居たいと感じる女性は不倫依存症になってしまうのかもしれません。

不倫依存症になってしまう原因とは?

不倫依存症になりやすい女性のタイプはあなたに当てはまりましたか?もし当てはまるのならば、あなたはもしかしたら、不倫依存症になってしまうのかもしれません。ですが、不倫依存症になってしまう原因というものは何があるのでしょうか?いくら特徴があったからとはいえ、依存症になるかどうかはわかりませんよね。なにか原因はきっとあるはずです。その原因をいくつか見ていきましょう。

【不倫依存症になりやすい人】自分の価値を見出せないから

自分に価値はあるのだろうか?自分は必要とされているのだろうか?そう感じる人は自分の価値を見いだせていないのではないでしょうか?自分の価値を探したいからこそ、受け身になってしまっている部分もあります。断ったことで、私は必要とされなくなるのではないか?そのような心配からでしょう。

結果、不倫男性に求められたとき、断り切れずに受け入れてしまう。このようなきっかけもたくさん持ち合わせていることになります。自分に自信がなかったり、ネガティブになりやすい人はこのタイプの女性が多いのではないでしょうか?自分の価値が見いだせていないと、これから先も受け入れるばかりになってしまうので、自分の居場所を探してください。

自分の好きなことに集中することで、趣味が高じて居場所ができたりします。是非好きなことに集中して自分の居場所を手に入れてみてください。自分の居場所が見つかれば、ここにいてもいい。ここが私の居場所と感じることができるので、受け入れ態勢な自分とバイバイできる日が来るでしょう。

【不倫依存症になりやすい人】女友達が少ない

女友達が少ない場合、恋愛相談する相手もいないでしょう。あなたが不倫をしたときに「それはいけないことだよ」と止めてくれる女友達もいないということになります。そのような相手がいないと、あなたの不倫関係というのはズルズル続いていきます。

それに女性友達が少ないということは、男友達が多いということです。男友達が多いと不倫相手からは好都合です。噂が好きで、口の軽いイメージのある女性が周りに多かったら、不倫がバレてしまうリスクも多いです。男性派噂話を好む人は限られてくるので、バレるリスクも減ってきます。

これから先もずるずると関係を続けたくないのなら、まずは女友達を作りましょう。なんでも相談ができるような相手だと良いですね。不倫関係のことを相談するのは一大決心だと思うので、本当に信頼できる女友達を作り、相談することから始めてみましょう。

【不倫依存症になりやすい人】1人暮らしで孤独

1人暮らしで自由な時間が多い。家族のことを気にしなくて済むこと。好きなときに人を呼ぶことができること。この条件があると、依存しやすい環境を作ってしまいます。不倫相手を好きなときに家に招き入れることができて、ホテル代もかかりません。不倫相手も、相手が1人暮らしとわかれば、あなたの家に頻繁に来ることがあるでしょう。

不倫しやすい環境にあると、お互い好きなときに会えるので、2人共依存状態になってしまうと、不倫依存症から抜け出すのは難しいです。この関係をどうにかしたい。依存症から抜け出したいと思うのならば、一旦実家に帰りましょう。実家に帰るのが嫌ならば、家で会うのではなくホテルで会うようにしましょう。お金がかかるようになれば、相手の依存度も下がっていきます。お互いの依存度が下がれば、不倫依存症からも抜け出せるはずです。

不倫依存症から抜け出すためには?

不倫依存症から抜け出すためには、不倫というのは悲しい結末になるんだというエピソードを見て、あなたが幸せになれる確率は少ないというのが分かります。不倫関係であるからこそ、バレてしまった時のリスクは高いです。いくら好きな相手だからとはいえ、結果が悲しい結末ならば考え直しましょう。あなたには幸せになる権利もありますので、あなたの幸せを自分自身で掴みとることが大切です。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?不倫依存についてご紹介しました。不倫依存になったからと言ってあなたに幸せは待ってはいません。不倫依存症になると抜け出すのは中々難しいでしょう。不倫関係に良い結末を迎えるものは少ないでしょう。幸せをつかむためにも抜け出す努力をしてくださいね。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事