結婚するならどのタイプ?動物占いで知る虎タイプの本質

動物占いは、自分自身の将来や能力はもちろん、他者のことも知ることができます。今回は、動物占い「虎」について詳しくお話していきましょう。

動物占いは、12のキャラクターが運命数によって60種類に分けられており、性格や相性、運気など、様々なことを読み取ることができます。「虎」というと、たくましいイメージや強い印象を受ける方も多いでしょう。動物占いでは実際、どのようなことを意味しているのでしょうか。

項目ごとに動物占い「虎」について分析していきましょう。

おすすめの占いサービス

動物占いの虎が示す基本的なこと

勇猛な王者の風格を持つ虎は、動物占いで自己主張が強い野心家であることを示します。中国では、百獣の王というと虎、パワーのみなぎる存在として考えられてきました。一般的に虎に対して抱く「強い」という印象の通り、動物占いでも虎とされた人は、常に大きな理念を抱き、実現のための努力を惜しまない強い存在です。そして面倒見のいい親分肌の一面も持ち合わせています。

動物占いで虎とされた人は、自分のテリトリーを大切にします。自分の信念に忠実であるため、自分に厳しいルールをつくります。基本的に、面倒見の良いリーダー気質でありますが、時として周囲にも自分に対するルールと同じような厳しさを求めることもあります。

厳しさが他者へ向けられているときは、周囲の意見を考慮せず独りよがりになってしまう危険性もあります。

基本的には誰に対しても公平な態度で接するので、頼りにされることが多いでしょう。一度やると決めたら、途中で投げ出すことはせず、最後まで忍耐強く向き合う責任感は、堂々としているように見え周囲から慕われやすい存在です。

タフな精神力を持つので、やりたいことを徹底的にやり遂げ、全てに全力で突き進みます。ただし、即断即決は苦手で塾講してから論理的に判断をするため、何事にも興味を持つまでには時間がかかります。自分なりの取り組み方で集中したいため、自分のペースで行動することができる単独行動を好みます。

自ら積極的に人に近づいていくタイプではないので、とっつきにくいと思われてしまうこともあります。高い能力があるにも関わらず、自らに厳しいタイプなので、安心感をなかなか抱くことができず、やりきれない自分への不満を抱えることもあります。他者に慕われる反面、単独の立ち位置にあるのは、そうした一面が原因しています。

周囲からとっつきにくいイメージを持たれてしまうこともありますが、動物占いで虎とされた人は、愛情深い人です。常に相手を尊重し、その人の幸せを考えることができます。豪快な一面から想像がつかないほど、細かい心配りをすることができます。礼儀作法を大事にし、マナー違反をする人には厳しい目を向けます。そして、相手の気持ちを的確に察することができます。

さりげない態度で必要な援助を行うので、周囲から慕われるリーダー気質でありながら、誰かの下につく局面であっても十二分にその力を発揮することができます。幅広い視野は、様々な場面で頼りにされるでしょう。ただし、1つのことに打ち込むという状況をつくりだす機会が少ないため、時として器用貧乏となってしまう側面もあります。

時には立ち止まって、自分の時間をつくったり、周囲を見渡したり、真剣になりすぎた自分から少し距離を置くことも大切です。

動物占い虎からみる男女の違い

動物占い虎が示す基本的な特徴を理解したら、次は男女の違いを把握しておきましょう。まずは男性の特徴からお話します。

動物占いで虎とされた方が男性である場合、堂々とした態度からとっつきにくいと思われたり近づきにくい印象を与えてしまったりすることもありますが、面倒見のいい親分肌を示します。

人付き合いは器用にこなすことができますが、本質的にはコミュニケーションが苦手です。自ら好んで人と関わろうとするわけではないので、「本音を言わない」「何考えているかわからない」と周囲から不気味に思われてしまうこともあります。

争いごとが嫌いなので、基本的には動物占いで虎とされた男性の人間関係は穏やかでスムーズでしょう。第一印象で人を遠ざけてしまいがちですが、寛容な包容力を持ち、相手のためを思って行動することができる優しく人情溢れる人です。

理想に向かって進む力はずば抜けています。しかし、何事もじっくり考え理論的に結論をだしていくので、直観力や瞬時の判断を必要とする場面には不向きなタイプです。

動物占いで虎とされた方が女性である場合、多彩で器用、なんでもそつなくこなすパワフルな人であることを示します。

常に周囲に気を配り、自分よりも相手のことを思って行動するので虎女性を慕う人は多くいます。直感で判断するよりも、観察をし、じっくり見極めてから判断をします。衝動的な行動に走ることはなく、とても慎重なタイプです。男性と違い、女性の場合の虎は、リーダー役や親分肌というより、中立関係を持つまとめ役となることが多いでしょう。

自分なりの価値観を大切にし、時として自分色に染めようとする思いを持ちますが、無理に他者へ押し付けるようなことはしません。面倒見が良く、教え上手なので、部下の育成や子供のしつけにも熱心です。「なんとかなる」とポジティブに困難と向き合い、理想に向けてとことん努力をしていくタイプです。

動物占い虎の恋愛傾向

虎の基本的な特徴や男女別の違いを把握したら、やはり気になるのは恋愛傾向。動物占いで虎とされた人は、どのような恋愛傾向があるのでしょうか。

誰にでも平等に接することができる虎タイプの人は、非常によくモテます。しかし、本人は、基本的に相手をじっくり見極めてから恋愛へと発展していきます。見た目の派手さや表面的なスペックにとらわれることなく内面を重視して相手を見ていきます。衝動的な行動に走ることはなく、とても慎重です。ストライクゾーンは狭いでしょう。

ただし、鋭い洞察力を持っても見抜くことができなかったギャップに出会うと、途端に恋に落ちてしまう一面もあります。虎タイプの人にとって、いい意味の裏切りは新鮮に感じ、その人をもっと知りたいと積極的になっていくことがあります。

出会いとは反して、意中の人と恋愛をする際は、自分の中にある情熱を全面的に出していきます。仕事と同様恋愛も、一度決めたら全力投球、一度狙った獲物は逃しません。はじめは穏やかだった出会いから、情熱的な愛情表現に変わるギャップに心打たれてしまう人は多いでしょう。

動物占いで虎とされた人は、マメに連絡を取ったり、相手のために努力をしたりと、恋愛面にも非常に真面目で手を抜きません。自分の恋人や配偶者、子供など愛するものを守るために常に気を張っています。虎タイプの人の恋人にうっかりちょっかいを出してしまうと、とんでもない修羅場に直面してしまうかもしれません。気をつけましょう。

虎タイプの人は、嘘のない性格のため隠し事を嫌います。相手にも、どんな些細なことでも打ち明けてほしいと思い、全てをさらけ出しあって愛を深めていくことを望みます。一度信頼関係が崩れると、取り返すことがとても難しくなってしまいます。
一度恋に落ちると深く強い愛情を注ぎますが、時として、独占欲を持ち、パートナーを独り占めしたくてたまらなくなってしまうこともあります。基本的には、穏やかで安定した関係性を築き、面倒見が良く深い愛情のある虎タイプの人は、結婚後も頼りがいのある親となり、パートナーはもちろん子供にも熱心に愛情をそそぐでしょう。

虎タイプの人は、周りばかり気にかけてしまい、自分のことは後回しにしてしまう傾向があります。時には、自分自身のことも大切にすることが幸せへのキーポイントであることを忘れずに過ごしましょう。

動物占い虎との相性

動物占いで虎とされた人は、縄張り意識が強く、自分のテリトリーに他者が入ることを嫌う傾向があります。虎タイプ同士は、自分の思うままに行動できなくなりお互いに苛立ちを覚えてしまうので相性が良くありません。

虎タイプの人と相性が良いのは、ペガサスタイプの人です。穏やかでマイペースなペガサスは、虎タイプの人にとって落ち着く存在です。恋愛においても相性は良く、いまいち何を考えているかわからないペガサスに対して、虎の面倒見の良さがプラスされ調和します。お互いの世界観を楽しみながら会話をたくさんすることで、誰もが羨む理想の関係となるでしょう。

虎と猿の相性も良好です。面倒見が良い虎に猿が居心地の良さを覚えます。虎は、猿の楽天的な姿勢に刺激的で楽しい時間を過ごすことができます。

虎と羊の相性も良好です。黙々と頑張る羊に対し、虎は微笑ましい目線を送ります。落ち着いて行動する羊を、虎が引っ張っていくような関係性を築きます。ただし、虎がリーダーシップを取りすぎると、羊が疲れてしまうので気をつけましょう。

おわりに

動物占いの虎を通して、深層心理を知ることができたでしょうか。ここでお話したことを参考に、あなた自身の活躍や周囲とのスムーズな関係に役立てて見てください。

ポイントは以下の4つです。
動物占いで虎は野心家で実現のために努力を惜しまないタイプの人を示す
動物占いで虎は、男女ともに包容力を持ち、相手を思って行動するタイプ
動物占い虎の恋愛傾向は、慎重派だが一度決めたら全力で愛情を注ぐ
動物占い虎と人間関係、恋愛ともに相性が良いのは、ペガサス、猿、羊

動物占いは、人の様々な面をあらわにします。力強く、リーダー的な虎は、時として厳しく、近付きにくい存在であるかもしれません。虎タイプの性質を上手に理解し付き合うことで、良い関係を築いていきましょう。

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事