幸運の数字358の法則は?358は幸運の数字なの?

強いパワーを持つ幸運の数字358。古くから歴史の中で幾度も登場する不思議な数字358。アセンデッドマスターからのメッセージと言われています。聖書や仏教にも関わりが深いと言われている358という数字は何を意味するのでしょうか?徹底的に解説していきましょう。

おすすめの占いサービス

幸運の数字だと言われる【358】とは?込められた意味は?

そもそも日本で幸運の数字と呼ばれている358の持つパワーについて広めたのは、小林正観さんだと言われています。小林正観さんは「宇宙を味方にする方程式」「神様の味方は私の味方」という著書の中で今度筋「358」についてご紹介されています。

まず仏陀が悟りを開いたのは35歳8ヶ月の時です。三蔵法師が天竺にへ経典を取りに行く物語。西遊記のお供の名前は 3沙悟浄 5孫悟空 8猪八戒。徳川幕府の将軍の中で初代家康と最後の15代将軍慶喜はよく知られています。それ以外では、参勤交代の義務付けや鎖国をした三大将の家光、生類憐れみの令で知られる5代将軍綱吉や時代劇でもおなじみの8代将軍吉宗が有名なのではないでしょうか?そして聖書においては358が中性子を意味する数字となっています。由縁です。

【幸運の数字358】風水で縁起が良いと言われているから

古くから幸運の数字358は偶然では片付けられないほどの歴史の中に度々登場します。世界遺産である高野山(583)のように、語呂合わせも含めたらその数はさらに増えることでしょう。358がなぜ幸運の数字と呼ばれるのか、その理由を解説していきたいと思います。
まずは風水です。風水といえばドクター・コパさんが有名ですよね。

ドクターコパさんの名前にもこうの数字の二つである、「5」「8」が隠されています。 風水というと方角や色を思い浮かべる方も多いのかもしれませんが、風水では数字も重要な意味を持っています。くすみを切る数字の意味とは。3は金運・発展5は帝王や財運、8は成功や開運。これが並んだ「358」が鴻巣地と言われるのもわかる気がします。風水が生活に根付いている中国では、「8」の入った携帯ナンバーが人気であり、高値で取引されるということもあるそうです。

【幸運の数字358】神の数字と言われているから

聖書において幸運の数字「358」は救世主に表すと言われています。ヘブライ語の数秘術では「358」が「平和をもたらすもの」といった意味もあります。救世主をヘブライ語にするとマーシアハまたは「マーシーアハ」このスペル「MShYCh」をゲマトリアで数字に置き換えると「40・300・10・8」になります。これらの数字を全て足すと、40+300+10+8=358 358が救世主メシアを意味する神の数字と言われるのはこういった理由があるからです。

【幸運の数字358】エンジェルナンバーだから

幸運の数字358には、エンジェルナンバーの一つであり、アセンデッドマスターからのメッセージとも言われています。アセンデッドマスターとは、一度は地上で暮らし、人々を導いたり、高尚な魂が持つ存在のこと。イエス、仏陀、聖母マリア、他にも歴史的な偉人がアセンデットマスターがあなたに幸運の訪れを伝えているのかもしれません。日常の中で鴻巣市358に出会ったらそのメッセージを逃さないようにしてください。

【幸運の数字358】歴史的に意味のある数字だから

358という数字は歴史上の中で何度も登場する数字です。例えば弘法大大師の入滅が835年。仏教が日本に伝来したのが、538年。(仏教伝来については552年という説もあります。)

坂本龍馬の生まれ年(1835年)の中にも358が隠れています。そして島根県の、荒神谷遺跡では、 銅剣358本が出土。古代の人にとっても、358という数字は特別で神聖なものだったのかもしれません。このように358は歴史的に見ても大きな出来事と密接に関わっており、古くから強いパワーがあると考えられています。

【幸運の数字358】味にさえも影響するから

福島県と山形県と秋田県の郷土料理に「三五八漬け」といったものがあります。麹で漬けた漬物で、3塩 5麹 米8の割合で作ることから、その名前がつきました。食べるだけで運気が上がりそうな縁起の良い名前です。

【幸運の数字358】聖書で358は聖なる数字

旧約聖書はヘブライ文字で書かれています 旧約聖書はヘブライ文字で書かれており、メシア(救世主)を「マーシーアハ」と書かれています。この言葉を数字に変換することができ、それが358になるのです。もう少し詳しく説明をすると、ヘブライ文字というのは数字としても使われています。マーシーアハというヘブライ文字のつづりを数字として読むと、40 300 10 8で表されます。

それをすべて足すと358になり、メシアの数は358になるとされています。こうして数字に直されることをゲマトリアと呼ばれます。これを使って聖書の文章を解釈したりするそうです。そのゲマトリアで解釈された聖書の中にはたびたび358が登場して、聖なる数字と呼ばれるようになっているようです。

【幸運の数字358】数字は運気を上げる

日常に溢れた身近な数字ではありますが、0~9でそれぞれパワーが宿っているとされています。誕生日を使った占いや画数を使った姓名判断など、数字を使った占いというのは数多く存在します。神社でのお参りの際には二礼二拍手一礼を行いますし、七五三などのお祝いや、ご祝儀では、縁起のいい数字かどうかで値段を決めたりと、何気なくしていることにも回数が決まっていたり、数字が関連していることが分かっています。

その決められた数字には意味があり、古くからの習慣や作法によって意味付けもされているのです。そのような数字のパワーが運気を上げる作用があると考えられ、不思議なパワーを上手に使いこなすことで、開運にも繋がります。358も古く聖書からなども読み取れ、不思議な力が秘められていると考えられているというわけです。

【幸運の数字358】ジンクスが大切

何気なく時計を見たときに自分の誕生日だったり、車のナンバーがゾロ目だったり、自分に関連する数字を見つけると気持ちが少し上がったりといった経験はありませんか?自分の好きな数字のロッカーが開いていたり、ラッキーナンバーと意識していた数字の背番号の人がいると、応援をしたくなるのも、数字が持つパワーに信じる力を合わせる事で、自然と引き寄せられているのです。この自分に関連した数字に出会えると、なんだか良いことが起こりそうな気がしたりします。その気がするというのが大切なポイントです。358も良い数字だと思うことで、良いことを引き寄せるようになるのだと思います。

【幸運の数字358】その効果を得るための方法とは?

数字にはそれぞれと秘められたパワーが存在します。特に358が持つという力が分かったことで、自分もその幸運の数字を使って金運をアップさせたいと思う人も多いのではないでしょうか?しかし、358という数字を使えばよいというものではありません。ちょっとしたコツが必要となってきます。

そのコツさえ押さえることができれば、幸運の数字である358のパワーを最大限に引き出せて、自分にとってよりよい運気を運んでくれるようになります。358という幸運の数字の効果を得る為の3つの方法をこれから紹介して行きたいと思います。「前向きに信じること」何よりも信じるということがまず大切になってきます。信じるという力が、幸運の数字である358に作用し、その効果を発揮してくれるんですね。

具体的に358という数字を使うことで、どのような幸運が舞い降りてほしいかを考えるというのも大切なポイントになってきます。その気持ちを強く持ち、前向きに物事を捉えるようにすることで、現実になっていくのです。お金が貯まるように358を使った暗証番号の口座を作ったとしたならば、その口座にお金が貯まっていくイメージをもってみましょう。必要なお金を引き出してしまうときには、なくなるというイメージよりも投資になる、これが大きくなって返ってくるのだという気持ちでいるということで、お金の貯まる口座にいつのまにか変わっていたりします。まずは信じる気持ちというのが大切です。

そして、「楽しむ事」前向きな気持ちやプラスな気持ちでいることで、プラスなことが引き寄せられます。幸運の数字、358が自分にどのような幸運をもたらしてくれるのかを楽しみにしてみるのが良いでしょう。これからどんな楽しいことや素敵なことが起きるのかとワクワクしている気持ちや、きっと良いことが起きるんだという前向きな気持ちが幸運の数字のパワーと合わさって、いい結果を引き寄せてくれるようになります。まずは楽しみましょう。肩の力を抜いて気張らず、その余裕が遊びを作り、楽しませて、その気持ちが素敵な出来事を引き寄せてくれるはずです。

そして「感謝をする」といったことも大切です。良いことが起こったときには感謝をするようにしましょう。小さなことだとしても感謝の気持ちというのを忘れずに伝えたり、心に思うだけでも、宇宙と繋がっているので、その想いというのが更なる幸運を引き寄せてくれます。感謝をすると本当の効果が後々大きく表れてくることもあるのです。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?今回は幸運の数字358についてご紹介させていただきました。自分の信じる力や楽しむ力感謝の心を持つ力で、数字の秘めたパワーを引き出せるようになるでしょう。

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事