両想いの確率診断とは?確率がアップすれば大好きな人と付き合える?

両思いになる確率ってどれくらいなのでしょうか?気になる彼とは両思いになれるのでしょうか?こちらでは大好きな人と両思いになる確率についてご紹介させていただきます。

おすすめの占いサービス

男女が両想いになれる可能性は少ないのか?奇跡?

突然ですが両思いになる確率って気になりませんか?気になっている彼と両思いになれたとしたらとても嬉しいですよね。ですので今回は両思いになれる確率を調べて気になる彼と両思いになれるかを探っていきます。 最後に確率を知った上で、大好きな彼と付き合うための方法も紹介していこうと思いますのでぜひ参考にしていきましょう。

男女が両想いになれる確率や付き合う確率はどれくらい?

まずは両思いになる確率がどれくらいあるのかを見ていきましょう。男女が両思いになる確率と両思いなってから付き合える確率の二つに着目してみます。片思いや一目惚れでも確率が変化していくのでしっかりと把握をしておきましょう。 好きな人と両想いになれる確率=400分の1、たったの、0.0025%しかカップルが誕生しません。

そもそも二人が出会う確率自体がとても低い「72億分の1」なので、そこから両想いになる確率と考えるととても低くなってしまうのは仕方のないことです。二人が出会えたことの奇跡を噛みしめておきましょう。あと片思いは一目ぼれの時は約70%の人が実らずに終わってしまうようです。一目惚れならわかるけど、なんで片思いまでと感じると思いますが、片思いでも相手の男性との関係性で確率が変動してしまうので、割合的には30%になってしまいます。

そして、お互い好きなら付き合いますと答える女性が多い中で、何故付き合わないと答えた女性がいるのでしょう。両想いから付き合える確率は両想いの状態から付き合ったときはありますか?でYESと答えた人は76%。Noと答えた人は24% お互い好きなら付き合いますと答える女性が多い中で、何故付き合わないと答えた女性がいるのでしょうか。

NOと答えた女性は、お互い好き同士だからといって付き合わなくてもいいい気がすると答えていたり、付き合ってしまったら、彼氏彼女という意識が生まれて、今の関係性が崩れてしまいそうで嫌と答える女性もいました。最近では、男友達が丁度いいと感じている女性も増えてきているので、このような結果になったのでしょう。

気になる彼と両想いになれる可能性は低いの?

恋をしてしまうとどうしてもネガティブになってしまいがちです。こんな自分のことを話して相手は好きになってくれるのだろうか?両思いになる確率なんてとても低いはずです。なんでもドラマのようにうまくいく理由なんてないと自暴自棄になってしまっていませんか?
確かに両思いになる確率でとても低いものです。ましてやこちらから何もアプローチもアピールもしないで、ただ相手が好きになってくれることを心で念じているだけならばの確率は奇跡に近いくらいに低くなってしまいます。

両思いになりたいと思ったらそれ相応の努力をすることは大切です。相手に振り向いてもらえるように自分を高める努力をし、積極的にアプローチをしていくことが大切です。 恋愛だって努力をしないで結果は得られないのです。一生懸命頑張って頑張った不正利用前になれるこれこそが恋愛において究極の幸せであり醍醐味だと言えます。とはいっても努力する方向性間違ったり気持ちだけが空回りしないようにすることも大切です。

そのためにも相手の言動しっかりとチェックして相手は果たして自分のことをどう思っているのか推測することが必要なのです。 地球上に人類は約75億人います。今あなたが好きな人に出会った、その確率は75億分の1なのです。こうして数字で表すと、出会えてだけでも奇跡だとは思いませんか?せっかく芽生えた恋心、この気持ちを大切に育てていった方が良さそうです。

両想いの確率がかなり高い言動とは?

それでは実際に相手のどのような言動が両想いの確率が高いといえるのでしょうか。まずは相手があなたに恋人がいるのかどうかを聞いてくる場合です。この質問を恋愛対象ではない相手に聞くことはありません。あなたに恋人はいるのかどうかを確認しておきたい心理の表れです、またあなたが他の異性と仲良くをしていると、あからさまに不機嫌になる場合も両思いの確率は高いと言えるでしょう。

好きな人はあなたにどれくらいの頻度で連絡をしてきますか?大した用事もないのに頻繁に連絡を入れてくる場合は両思いの確率はかなり高いのかもしれません。連絡の回数が多ければ多いほど、相手はあなたと繋がっていたいと感じている証拠です。二人きりで食事に誘ってきた、デートに誘ってきたりしたら両思いの確率はさらに高いものになります。好意を持たない人と連絡を取りたいや会いたいなんてことは思わないはずです。

明日雨だと思ってもいいそのような言動にはどのようなものがあるでしょうか?それにはまず視線です。あなたは片思いの相手とよく目が合うでしょうか?どこからか視線を感じて振り向くと 好きな人がこちらを見ている、目が合うと慌ててそらす、そのような経験はありませんか?もし心当たりがあるならば、両思いの可能性はかなり高いとみていいのかもしれません。 人間とは意識せずとも好きな人のことを目で追ってしまうものです。視線を感じる回数が多くて目が合う回数が多ければ多いなしを脈ありの可能性が高いです。

気になる彼との両想いの確率を上げる方法は?

気になる彼と両想いになる為の確率を上げる方法を探し出しましょう。気になる彼に対しての行動なので、照れたりドキドキして上手くできないのかもしれませんが、確率を上げるためですので頑張って勇気をふり絞りましょう。

【両想い確率】彼の名前を呼ぶ

名前で呼ばれるのってキュンとしますよね。そのキュンを彼にも御裾分けしましょう。「君付け」からスタートしましょう。大好きな彼の名前を呼べるドキドキを仕草に変えて、照れながら名前を呼ぶと、彼にもドキドキが伝わってくれるかもしれません。自分だけのニックネームを考えて、自分だけの彼の呼び名を作ると特別感が出ておすすめです。

【両想い確率】彼の言ったことを覚えておく

大好きな彼の話はしっかりと聞いておきましょう。男性は自分の話をしっかりと聞いてくれる女性が気になってしまう傾向があり、その上話していた内容を覚えておくことで自分に興味があるんだと感じてもらうことができます。「こう言ってたよね」と覚えていることを口にすることでアピールするのも良いですし、好きなものなどの話を聞いたときは、「好きって言ってたから」と私も好き興味があるよということをアピールするのも、彼との距離を縮めるために使える方法です。

【両想い確率】聞き上手になること

両想いになるためには、彼との距離を縮めるのはとても大切です。その為にも聞き上手になって彼の情報を沢山ゲットしちゃいましょう。聞き上手といってもただ「うんうん」と聞いているだけでは得られる情報も少なく、欲しい情報をピンポイントでゲットするのは難しいです。なので「それで?教えてほしいな!私も」といった感じにどうしてそう考えるのか理由を聞いてみたり、好きなものの話ならば他に好きなものはないのかなどを教えてもらったり、似ている箇所を見つけたら、私も!と共感して一緒に盛り上がったり、相槌だけだとゲットできない情報を沢山ゲットすることができます。
しかし、気を付けなければならないのは、知りたい!聞きたい!が強くなりすぎて、しつこく質問攻めになってしまわないようにしましょう。マシンガンのように質問攻めをされると男女問わずに圧倒されて会話をするのが疲れてしまいます。しつこくならないように気を付けながら会話してみてください。

【両想い確率】彼と自分の共通点を見つける

聞き上手になれたら、彼と自分との共通点や似ている箇所、好きなものなどが分かってくると思います。自分から「私も好きなんだ」というのが恥ずかしい女性もいるのので、そのようなときは男性から共感してもらえるような言い回しにしてみましょう。彼が好きなものを知っているとき相手の好きなものを再確認して、同じものを好きだというアピールをしましょう。

【両想い確率】彼の良いところをみつける

褒められて嬉しくない人なんていないと思います。どんな小さなことでも構わないので、良いところを見つけた時は褒めてあげるように意識していきましょう。基本的に笑顔で明るく言うことを意識しましょう。言葉を崩してお茶目な印象を与えるのもおすすめです。
相手に意識してもらうことで両想いになる確率をグッとアップさせましょう。「一緒にいる時」というのを強調することが大切です。

あなたといることでという言い回しになれば、男女問わず「自分といることで」という認識になり、相手のことを自然と意識し始めてくれます。相手の男性が、あなたに好意を寄せている場合などは「え?じゃあ他の人と居る時は?」と聞き返してくれたりもします。相手の名前を言って伝えるのが恥ずかしい場合は、一緒にという言葉でも大丈夫です。相手にも意識してもらえるよう、やっぱ一緒にいると楽しいなあと実感した時に、しっかりと伝えておきましょう。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?両想いの確率について色々とみていきました。相手の言動から両思いの確率がどれくらいかを諦める事によってアプローチ方法は変わってきます。 まずは相手の気持ちがどれくらい自分で持っているのかを確認することが恋愛の第一歩です。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事