おみくじの「待ち人」の本当の意味とは?待ち人の意味を詳しく解説!

おみくじには、「待ち人」という項目があります。おみくじの待ち人の回答を見ても、「いまいち意味が理解できない」という内容である場合も多いことでしょう。おみくじの待ち人の本当の意味や、さまざまな回答文の意味合いを詳しく解説します。

おすすめの占いサービス

おみくじの「待ち人」の意味とは?

おみくじに書かれている「待ち人」の本当の意味をご存知でしょうか?おみくじの待ち人とは、つい片思いである場合には、好きな人のことを連想してしまいがちです。しかし、おみくじの待ち人とは、正確には「運命の人・出来事・もの」のことを指します。そのため、おみくじの待ち人とは、人生の転機、運命的な出来事、自分が待っている人、仕事、妊娠など、自分が何か「待ちわびている」ものであると言えます。

また、おみくじの待ち人とは、「自分の人生を良い方向に導いてくれる人」である場合もあるようです。たとえば、仕事において自分を引き立ててくれる人であったり、スキルアップを助力してくれる上司や、プライベートであれば、人生において良き相談相手になる友人との出会いなどです。ただし、これらの出会いが「おみくじの待ち人である」ということは、出会ったときにすぐにわかることは少ないでしょう。

なぜなら、自分の人生を良い方向に導いてくれる人とは、後の結果にて判断できる人であることが多いからです。また、おみくじの待ち人とは、恋愛においても、後々になって待ち人であったということに気付くことが多いです。たとえば、知り合いが紹介してくれた人が、後に自分の最愛の伴侶になった場合、その紹介してくれた人と伴侶となった人のどちらもが、ある意味自分の人生を良い方向に導いてくれた人に当てはまるため、おみくじが暗示した待ち人となるからです。

また、自分の人生を良い方向に導いてくれる人とは、直接的に深く関わる人だけでなく、短期間に間接的な関わりであったとしても、おみくじでいう待ち人である可能性があります。このような場合も、出会ったときにおみくじの待ち人であると気付くことは、ほとんどないと言えるでしょう。このようなことから、おみくじの待ち人とは、意中の相手や待ちわびている人や結果だけでなく、さまざまなパターンがあるということを、覚えておくと良いでしょう。

おみくじの「待ち人」の始まりは江戸時代

おみくじが広まったのは、「江戸時代」であると言われています。そのころのおみくじの「待ち人」とは、その人にとって「帰りを待ちわびている大切な人」であったようです。江戸時代の交通手段は、徒歩か駕籠(かご)しかなく、通信手段も文(ふみ)しかありませんでした。そのため、町に奉公に出た子供や恋人、旅に出た家族などに再び会うまでには、とても長い時間がかかりました。

そのため、大切な待ち人を待つ間は、どこで何をしているのかや身の安全などもまったくわからないため、待つ方の人はとても不安な時期を過ごしていました。このような、待ち人を待つ不安な期間に希望を持つために、おみくじというものが江戸時代に流行ったのでしょう。

おみくじの「待ち人」のさまざまな意味

おみくじの待ち人の欄は、おみくじの種類によっても異なりますが、さまざまな表現があります。また、おみくじの待ち人の答えは、短文であることから、どういった意味なのかわからない人も多いことでしょう。おみくじの待ち人が「来る」で合った場合には、「待ち人が来る」もしくは、「あなたの運勢が良い方向に変わる時期が来ている」ことを意味します。

おみくじの待ち人が「来たらず」であった場合には、そのまま「来ない」という意味であることもありますが、「変化がない」といった意味である場合もあります。おみくじの「待ち人来たらず」を引いてしまうと、どうしてもネガティブな内容を連想しがちですが、じつは悪い内容ではない場合もあります。たとえば、あなたの今の状態が安定している場合には、おみくじの内容通り「そのまま変化がない」方が、良い状態を保てるということになるからです。

おみくじの待ち人が「さわりなく来る」であった場合には、「障害なく自然な流れでやって来る」ことを意味しています。おみくじの中にある「さわり」とは、「災いや邪魔するもの、障害」であるため、さわりがないということは「障害なくスムーズにやって来る」と言うことを表しているからです。そのため、おみくじに「待ち人さわりなく来る」と書かれている場合には、待ち人がスムーズにやって来る、あるいは、運気が穏やかに上昇していくということであると捉えて良いでしょう。

おみくじの待ち人が「さわりあり」であった場合には、「障害があるため滞っている」ことを意味しています。そのため、待ち人が無事に来るには、何らかの障害を取り除く必要があるでしょう。または、あなた自身の運命が「障害があることにより現段階で滞っている」という可能性があるとも捉えることができます。もしも、今何か問題があり、先に進めないという状況である場合には、前進するためにはその原因を取り除く努力が必要です。

おみくじの待ち人が「来る、つれがある」の場合には、来るときに誰かを一緒に連れてきたり、何か出来事や物を持ってくる、という意味になります。この場合には、良い物事や人であることもありますが、試練やトラブルである可能性もあります。しかし、その試練やトラブルを乗り越えることにより、より良い人生へと発展するという場合もあることから、どちらにせよ「運気は良くなる」と、捉えることができるでしょう。

おみくじの待ち人が、「来る、驚く事あり」の場合には、あなたの運命が急速に良い方向に向かっているということを意味しています。恋愛であれば、突然誰かから愛の告白をされたり、片思いの人と両思いになるなど、嬉しい驚きの展開が起こる可能性があります。また、仕事であれば、自分が予想もしていなかったことから成功へとつながるなどの、サプライズが起こることを意味しています。このように、予想もしていない驚くような展開が訪れることを意味しているため、幸運な兆しであると捉えて良いでしょう。

おみくじの待ち人が「気長に待て」「粘り強く待て」であった場合には、「焦らずに辛抱強く待つ時期」であるという意味になります。そのため、この結果が出た場合には、今は行動する時期ではないと考え、自分の忍耐力を養う良い機会であると捉えましょう。すぐに結果を求めるのではなく、気長に待つことも時には必要である、ということを神様が伝えてくれています。

おみくじの「待ち人来ず」を引いたときの対処法

おみくじの「待ち人来ず」を引いてしまったときは、どうしてもネガティブな感情になってしまいがちです。ですが、おみくじとは「神様からのメッセージ」であるため、結果が良くなかったからといって落ち込むのではなく、助言であると心に命じ、前向きな姿勢で捉えることが大切です。おみくじの待ち人来ずを引いてしまったからといって、その言葉だけにこだわる必要はないのです。

おみくじは、1つの項目だけで判断するのではなく、総合的に見て意味合いを取る必要があるからです。また、おみくじは神様からのメッセージ・助言であるため、注意すべき点が書かれているだけで、その言葉とおりの内容が必ず起きるわけではありません。そのため、おみくじの待ち人の欄だけの内容に一喜一憂するのではなく、総合的に内容を見ながら、自分なりに判断することが重要であると言えるでしょう。

おみくじの「待ち人」と恋愛・縁談の関係

おみくじの内容は、「大吉」や「凶」などの総合的な運勢と項目ごとの運勢は、ほとんどの場合同じような運勢になっています。しかし、「吉」「末吉」「中吉」などの場合には、恋愛において「吉凶入り混じった内容」になっていることがあります。このような場合には、2つの項目を見ながら自分なりに回答を判断することが大切です。たとえば、おみくじの恋愛運は良くないものの、「待ち人来る」であった場合には、「現時点の恋愛運は良くないものの、他にもっといい人や良いことが訪れる可能性がある」といったことを意味しています。

反対に、恋愛運は良いものの、「待ち人来ず」であった場合には、「自分が好意を寄せる相手は来ないが、自分に好意を持った人が現れる」「人生の転機となるようなことは起きないが、好意を持つ相手もしくは、他の素敵な人とうまく行く可能性がある」という意味になります。恋愛運も悪く、「待ち人来たらず」であった場合には、おそらく総合的な運勢も「凶」や「大凶」であることが多いはずです。このような場合は、総合的に運勢が低下していると捉えることができます。

まとめ

おみくじの「待ち人」とは、つい恋愛における意中の人を連想しがちですが、本当の意味合いとしては「運命の人・出来事・もの」のことを指しています。そのため、人だけに限らず、自分の人生を変える転機であったり、待ち望んでいた結果であるなど、人により当てはまるものが異なります。また、おみくじの待ち人の欄は、おみくじの種類により、回答文が異なるため、おみくじの総合的な内容から、自分自身で待ち人に対する意味合いを考える必要があるでしょう。

しかし、おみくじは「神様からのメッセージ」であるため、予言や占いとは異なります。そのため、おみくじに待ち人が「来る」と書かれていても、自分が思うような人や出来事がお起こらない場合もありますし、「来ず」と書いてあっても訪れることもあります。このようなことから、おみくじの待ち人とは、現時点の自分に必要な助言であると捉え、自分なりに前向きな姿勢で内容を理解することが、もっとも重要であると言えるでしょう。

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事