人生詰んだと諦めないで!人生詰んだと思う状況や解決策を解説

「人生詰んだ」と、あなたは感じたことはありますか?生きていればいろいろなことがあるのが人生ですが、人生詰んだと思う状況とは、どんな状況なのでしょうか。人生詰んだと思う状況や、人生詰んだときの解決策を解説します。

おすすめの占いサービス

「人生詰んだ」とはどういう意味?

「人生詰んだ」とは、近頃SNS上でよく聞く言葉ですが、一体どんな意味なのでしょうか?人生詰んだとは、「解決できない状況」「八方塞がり」などと同じ意味合いで、「もうどうにもならない、先に進めない」といった状況を表す言葉です。現代用語では、「人生終わった」と同義語で、似たような場面で使用されます。また、もともと「詰む」という言葉は、チェスや将棋の「勝負が終わった」ということを表す「詰み」からきたものであると言われています。

そのため、SNS上で使う「人生詰んだ」は、「人生終わった!」ということを意味しています。このようなことから、人生詰んだとは、その人が危機的状況であるときに、しばしば使われる言葉の1つになります。

人生詰んだと思う具体的な状況①

人生詰んだと思う具体的な状況とは、「莫大な借金を背負ってしまった」ときです。たしかに、「億単位」のような、自分1人で返すのが困難な額の借金を背負ってしまった場合には、人は「人生詰んだ」と思うことでしょう。1億円以上の借金ができてしまった場合、多くの人は絶望的になるはずです。なぜなら、1億円以上の借金を返済するには、普通に働いているだけでは、気が遠くなるような月日がかかるからです。

また、人生詰んだと諦めて、自己破産するといった方法もあります。しかし、自己破産をした場合には、社会的な信用も一定期間失うことになるため、その後の人生が生きづらくなるというリスクがあります。そのため、このような莫大な金額の借金を背負ったときに、「人生詰んだ」という状況であると思う人が多いようです。

人生詰んだ思う具体的な状況②

病気や事故などで、心身の健康を失った場合も、人が「人生詰んだ」と思う具体的な状況の1つです。なぜなら、健康とは、普段忘れてしまいがちですが、人間が生きる上でもっとも大切なものであるからです。どんなに人生詰んだと思うような状況でも、心身が健康であれば、いくらでもやり直すことができます。しかし、心身を病んでしまい、生きることすらままならないという人の場合には、「生きていること自体が苦痛=人生詰んだ」状況であると言えます。

また、事故で体の自由が効かなくなってしまった場合も、人生詰んだと思う人が多いでしょう。やはり人間は、自分の体が自分の思うように動かないことが、一番のストレスとなるからです。このようなことから、病気や事故などによって、心身の健康を失った人の場合には、「人生詰んだ」という状況であると言えるでしょう。

人生詰んだと思う具体的な状況③

急なリストラや、受験に失敗したときにも、「人生詰んだ」と思う人が多いようです。自分の思い描いていた未来が大きく変わってしまうことから、将来への希望が一瞬にして消え去ってしまうからです。たしかに、想定外のトラブルが起きると、人間は混乱してしまい、ネガティブな思考に傾いてしまいがちです。そして、一度ネガティブな思考にはまってしまうと、より一層不幸な未来を想像し、「恐怖に怯えてしまう=人生詰んだ」という状況になるのです。

しかし、急なリストラや受験に失敗した程度では、実際には人生詰んだという状況までには至りません。億の借金や、心身が不自由なことに比べれば、この程度のトラブルは、いくらでも自分の努力次第で解決することができるからです。もしも、リストラや受験失敗で「人生詰んだ」と発言している人を見かけたら、そのような状況は自分次第でどうにでもできるということを、教えてあげた方が良いでしょう。

人生詰んだと思う具体的な状況④

友達や恋人がいなかったり、結婚ができないという場合も、「人生詰んだ」と思う具体的な状況です。人は人間関係が思うようにいかない場合にも、孤独感から「人生が絶望的である=人生詰んだ」と思ってしまうのです。とくに、結婚適齢期を過ぎ、周りの友達も皆結婚し、自分だけが独身という場合には、「人生詰んだ」と思うことが多いです。また、女性で子供が欲しいと強く思っている人の場合には、人生詰んだとより一層深刻に考えてしまう傾向があります。

このように、人生詰んだと思ってしまうのは、日本では「世間体」を気にする習慣がいまだに根強く残っていることから、無意識に「結婚できない自分はだめな人間なんだ」と思い込んでしまう人が多いことが原因です。しかし、現代では、結婚ではなく、自ら独身を選ぶ人も増えてきました。また、SNSが劇的に発達したため、リアルなつながりでなくても、人とのつながりを楽しめる時代へと変化しています。

そのため、「リアルな友達や恋人がいない」「結婚をしていない」という状況は、「人生詰んだ」というような状況にまでは、実際には至ってはいないと言えるでしょう。もしも、友達や恋人がいなかったり、結婚ができないという人が「人生詰んだ」と言っている場合には、自分の現状はそこまでひどくないと言うことを伝えてあげるようにしましょう。

人生詰んだときの解決策は「考え方を変える」

人生詰んだという状況は、人によりさまざまです。人生詰んだとは、「人生終わった」と同じ意味合いであるため、その人にとっては「絶望の淵」であると言えます。しかし、実際に人生詰んだとまで言える状況とは、そうそうありません。なぜなら、人生詰んだと思う状況の多くは、「自分自身の考え方」が原因であるからです。人生詰んだと思うような状況とは、「世間一般的な常識に囚われている」ために感じてしまうだけで、考え方を変えるだけで解決することが多いのです。

人生詰んだと思う原因が「失敗」である場合には、その失敗を悔やむのではなく、「新しく学べるチャンス」であると考え方を変えてください。「莫大借金を背負ってしまった」「人生詰むレベルのミスを仕事でした」「受験に失敗した」などは、「自分が成長するために必要なことだった」と考え方を変えるだけで、人生詰んだという状況から希望や期待などの感情へ一転させることが可能です。

また、人生詰んだと思う原因が、人間関係である場合には、「世間一般的な考え方」を捨てることをおすすめします。「友達は多い方が良い」「コミュニケーションは円滑であるべきだ」「結婚はした方が良い」などは、今まで世間が作り上げてきた「一般論」でしかありません。現代では多様化が進み、これらの一般論で言う「幸せ」とは、もはや過去の産物にしか過ぎません。

今までの世間一般的な考えは、人それぞれの「個性」は認めず、世間が決めた「こうあるべきというモデルケース」のみが、人としての幸せな人生であると信じられてきました。しかし、現代では人それぞれの「個性」が尊重される時代へと進化したため、これまで良しとされてきた「一般論」は、もはや「古い観念」になりつつあります。近年は、1人でも人生を楽しんでいる人はたくさん居ますし、コミュニケーションが下手でも幸せな人生を送っている人は居ます。

そのため、今までの古い観念を捨て、これからは「自分だけの在り方」で幸せを追求することにより、「人生詰んだ」というような状況になることは大幅に減るとこととなるでしょう。また、「他人と比較する」ことをやめることも、人生詰んだというような状況を大きく減らすことにつながります。SNSが発達したことにより、リアルではないつながりを楽しめたり、さまざまな考え方を取り入れられるようになりましたが、一方で「他人との比較」をより一層強化してしまう人もいます。

SNS上の他人の投稿は、幸せに見える現状を多く取りあげているために、キラキラした他人の生活と自分の生活を比較し、「自分の人生終わってるな…」と思うことによって、「人生詰んだ」という考え方に至ってしまう人も少なくありません。しかし、このように他人と自分を比較することを続けていては、いつまでたっても幸せにはなれません。他人と自分とでは、今まで生きてきた人生や置かれている状況が全く違うため、比較したところでまったく意味がないからです。

また、SNS上では、他人の辛い部分を見ることはできません。もしかすると、見えていない部分では、自分よりも人生詰んだ状況であるという人も、いるかもしれません。そのため、いくら比較したところで、実際には比較のしようもなく、人それぞれ価値観などが違うことから、他人と自分の幸せの基準が同じになるということは、永遠にありえません。このようなことから、他人と比較することにより、「人生詰んだ」と思ってしまう人は、今すぐ他人と比較する思考習慣をやめる努力をはじめましょう!

まとめ

「人生詰んだ」とは、「解決できない状況」「八方塞がり」などと同じ意味で、「もうどうにもならない、先に進めない」といった状況を表しています。そのため、人生詰んだとは、「人生終わった」と同じ使い方をされることが、しばしばあります。そして、人生詰んだという状況下にある人は、「不安や絶望の淵」であるため、この先どうしたら良いのかわからずに、前に進めないという人が多いのではないでしょうか。

しかし、人生詰んだというような状況は、実際にはそう多くはありません。人生詰んだというような状況とは、「自分がただ単に思い込んでいるだけ」である場合も多いからです。人生詰んだときとは、「人生の終わり」を意味します。生きていれば、人生にはいろいろなことは起こります。辛く苦しい状況におちいってしまうと、「人生詰んだ」と思うこともあるでしょう。

ですが、ほとんどの場合、自分の考え方を変えるだけで、人生詰んだ状況は好転させることができます。人生詰んだと思ってしまう人の多くは、「今までの世間一般的な考え方」を信じ切ってしまっています。しかし、現代では人それぞれの個性が尊重され、生き方も多様化してきたことから、過去の一般論はもはや当てはまらないことが多いです。そのため、人生詰んだと思った場合には、今一度自分が過去の一般論に囚われていないかを、心のなかで確認してみることをおすすめします。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事