人生設計とは?人生設計の意味や立て方を詳しく解説!

人生設計とは、より良い人生を歩むために必要な計画書です。しかし、人生設計は、どのようにして立てれば良いのでしょうか?人生設計の意味や立て方を、詳しく解説します。

おすすめの占いサービス

人生設計の意味とは?

人生設計とは、よく聞く言葉ではあるものの、一体どんな意味なのかがわからないという人も多いのではないでしょうか。人生設計とは、「ライフプラン」や「ライフデザイン」という名でも呼ばれ、「自分の人生の具体的な計画を立てる」ことを意味します。すべての人間に平等に与えられているものが「時間」であり、時間とは「有限」なものです。この限られた時間を有効かつ、理想的な人生を歩むための計画を立てることが「人生設計」の大事な役割になります。

人生設計を立てるときに大事なこと

人生をより良く生きるために人生設計を立てるわけですが、人生設計を立てるときに大事なことは、「人生に起きうる出来事をシミュレーションする」ことです。なぜなら、先のことを何も考えずに生きてしまうと、起きた出来事に対しての最適な対処をすることができないからです。そのため、人生設計を立てるときには、まず「自分の人生にとって重要な転機」となる事柄をシミュレーションしておくことが重要になります。

人生設計を立てるにあたり、シミュレーションしておくべき重要な転機とは、「受験」「就職」「結婚」などです。これらは、自分の選択するものによっては、とても大きな変化をともなうものであるからです。そのため、人生設計を立てるときには、これらの項目はより明確にしておくことがポイントになります。たとえば、受験であれば「何のためにどんな学校に行くのか」、就職であれば「どんな内容の仕事で将来的には何になりたいのか」、結婚であれば「どんな相手といつ頃結婚をしどこに住みたいのか」などです。

このように、人生設計を立てるということは、自分の人生において重要な転機となる出来事についてを、より具体的かつ明確にしておくことに大きな意味があります。なぜなら、希望や目標を持たずにただ過ごしてしまうのと、明確な希望や目標・計画を立てているのとでは、思い通りの人生を生きれる確率が大きく変わってくるからです。人は本来、自分の夢や目標に向かい正しい努力を重ねることによって、自分の理想とする人生を歩むことを実現する力を持っています。

しかし、せっかく夢を叶える力を潜在的に持っていたとしても、明確な目標や計画がなければ、実現することはありません。このようなことから、人間が自分の思い通りの理想の人生を生きるには、人生設計が必要不可欠であると言えるでしょう。

人生設計で考えておくべきこと

人生設計を立てるにあたり、「考えておくべきこと」がいくつかあります。人生設計を立てるときに最初に考えておくべきことは、自分の人生において「何をしたいか」です。人は自分の人生において、「これだけはやり遂げたい!」というものが、必ず1つはあるはずです。もしも、まだ何をしたいかがわからないという人の場合には、まずはこのテーマについてじっくりと考え、答えを導き出しておく必要があるでしょう。

次に、人生設計を立てるときに考えておくべきことは、「具体的な目標」です。人生において何をしたいかが決まったあとには、それを達成するための具体的な目標が必要になります。具体的な目標がないと、達成するための方法や手段を考えることができないからです。そのため、人生設計を立てるときには、最終的な夢に達成するまでの具体的な目標を、いくつか出しておくと良いでしょう。

また、この具体的な目標は具体的であればあるほど、スムーズに達成することができます。なぜなら、具体的であればあるほど、実行に移しやすいからです。そして、具体的な目標を立てる際には、「明確な理由」を持つことも重要です。目標に対する明確な理由がないと、途中で困難な状況になってしまったときに、諦めてしまう恐れがあるからです。目標に明確な理由を紐付けることによって、どんな困難な状況になったとしても、その理由を思い出すことにより、諦めずに達成することができます。

このように、人生設計を立てるときには、「何をしたいか」「具体的な目標」「明確な理由」の3つを考えておくことが重要です。

人生設計の立て方

人生設計を立てるには、「やりたいことを書き出す」ことがとても有効な方法です。文字にして書き出すことにより、視覚からも自分の考えていることを把握することができるからです。そして、やりたいことを書き出す際には、「リスト化」することをおすすめします。人生設計とは「計画」であるため、明確にリスト化して書き出すことにより、具体的な行動へと促すことができます。

また、同時に、やりたいこととは反対の「やりたくないこと」もリスト化すると良いでしょう。明確に自分のやりたいこととやりたくないことを理解していることにより、自分の人生において「何を優先するべきか」も自然とわかってくるからです。自分のやりたいこととやりたくないことを理解し、自分にとっての優先順位がわかっていれば、選択に迷った際の決断基準とすることができます。

次に、人生設計を立てるには、「情報収集」も必要です。自分の夢や目標を叶えるためには、どんな準備が必要で、どんな行動を取れば良いのかがわからなければ、目標達成のための計画を立てることができません。そのため、人生設計を立てるには、自分の夢や目標を叶えるための具体的な情報収集が、必要不可欠であると言えるでしょう。

また、人生設計を立てるには、「カテゴリーごとに年表作成」をしてみることをおすすめします。年齢と行動や出来事を結びつけることにより、より具体的な人生設計を計画することができるからです。とくに、「お金が必要なもの」の場合には、具体的な金額なども算出しておくと良いでしょう。たとえば、結婚や住宅の購入などには、多額の費用がかかります。そのため、目標とする年齢と具体的な金額を算出しておくことによって、そのときまでに準備するべき具体的な行動も、合わせて人生設計の中に組み込むことができます。

また、緊急時(病気や災害)にかかる費用や、老後の生活費なども、人生設計を立てる際には組み込んでおくことをおすすめします。このような、予想外の出費を算出しておくことや、人生を長期的なスパンでシミュレーションすることによって、より理想の人生を歩みやすくすることができます。もしも可能であるならば、なるべく細部に渡り計画を立てておく方が、予期せぬ出来事が起きた場合にも、柔軟に対応することが可能です。

ただし、人生設計は細かく考えすぎてしまっても、なかなか計画を立てることができなくなってしまいます。そのため、人生設計を立てるには、今の自分の考えることができる範囲で、計画を立てることをおすすめします。また、人生設計とは、一度立てたら終わりではありません。人生とは、その時々で状況も変わるため、自分が計画を立てた通りに進むとは限りません。そのため、自分で立てた人生設計と今の現実に大きな差ができてしまった場合には、その都度修正や調整が必要になります。

人生設計は無意味?

人生設計を立てるのは、「無意味である」といった意見もあります。その理由は、「すべてが計画通りに進むことはない」からです。「未来を予測することは不可能」「それができたら苦労しない」「人生設計通りに生きられるのであれば、すべての人が理想の人生を歩んでいるはず」といった考え方の場合には、人生設計は「不要」であると思う人が多いようです。たしかに、人生とは予期せぬ出来事の方が多く、明日何が起こってもおかしくないものです。

しかし、人生設計をまったくしない人生は、「舵を取らない船」と同じです。船を先に進ませるためには、舵取りが必要です。人間の人生も同じで、未来は分からないにせよ、自分がどのような人生を歩んでいきたいかや、目の前に現れる出来事に対処するための判断基準は必要不可欠です。このような、人生の指針となるようなものがないと、ただ海原を浮遊するだけの船と同じで、自分自身が望む人生を歩むことはできず、ただ流されるままに生きることとなってしまいます。

このようなことから、たとえすべてが計画通りにならないとしても、「より良い人生・自分の望む人生」を生きるためには、人生設計は必要なものであると言えるでしょう。

まとめ

人生設計とは、「ライフプラン」「ライフデザイン」とも呼ばれ、「自分の人生の具体的な計画を立てる」ことです。人生設計は、人間が理想通りの人生を歩むためには、必要不可欠なものです。なぜなら、自分の夢や目標がなければ、より良い人生を歩むことは不可能だからです。そのため、自分の人生をより良いものにしたいのであれば、人生設計を具体的に計画する必要があります。

人生設計を立てるには、まずは自分の夢や目標を具体的に考えることが重要です。そして、なぜその夢や目標を叶えたいのかという、明確な理由も持っておくことが大切です。また、人生設計を立てる際には、自分の「やりたいこと」と「やりたくないこと」をリスト化することをおすすめします。人生における自分の優先順位を理解しておくと、選択する際の判断基準として使用することができます。

そして、人生設計は、具体的な年齢と出来事、それにかかる費用などを、合わせて計画しておくことが重要です。このように、具体的に人生設計を立てることにより、その時々に自分が取るべき行動が明確にわかるようになるからです。しかし、はじめから詳細な人生設計を立てるのは難しいため、まずは小さなことから計画をし、その都度修正・調整していくことをおすすめします。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事