夢占いって当たるの?当たらない?

夢占いって当たるの?これって永遠の謎ですよね。
人間は毎日眠ります。そして、夢を見たり見なかったり。そして、見た夢が良い夢だったら正夢だといいなぁと思い、悪い夢だったら当たらないことを祈ります。
夢や睡眠は、脳が記憶を整理するメカニズムの一部です。

おすすめの占いサービス

夢占いって当たる?脳は記憶を整理する

ひとが睡眠している時に脳は記憶の整理をしています。重要ではない記憶を片付けることで脳の中に入る量を調整して、重要な記憶をすぐ取り出せるように整理しています。この整理が行われることで、脳は生命に関わる重大な記憶を優先して残し、生きていく上であまり
役に立たない優先順位の低い記憶を残さないようにしています。

脳の記憶は生きていくために重要なものから覚えていきます。
また身体と連動した記憶も優先されやすいと言われています。
生存と関係がない記憶は覚えにくいものですが、しかし生命に関わる重要な夢でなくても脳はくりかえし覚えることで重要な記憶と判断するので、優先して残されます。

睡眠状態の時は、浅い眠りで夢を見るレム睡眠と、熟睡していて夢を見ないノンレム睡眠の二つを繰り返しています。

覚醒状態に近いレム睡眠の時に、夢を見るとされていますが、寝ている時の記憶の整理は、レム睡眠とノンレム睡眠の両方で行われています。
レム睡眠とノンレム睡眠の睡眠時の記憶の整理には違いがあって、レム睡眠の時は現実と同じ時間が夢の中でも流れています。
記憶を再生しているので、現実で見たシーンを夢で見ることがあります。

ノンレム睡眠では記憶を再生する時間が圧縮されています。

夢を見るレム睡眠のときは、現実に進んだスピードで記憶が再生されています。
夢がリアルな理由は、時間の流れが現実世界と同じだからです。
私たちは夢の中で道を歩くこともあります。

結果、夢とは、睡眠時に脳は記憶の整理をしていて、整理している記憶が夢となり出てくるのです。
時系列に関係なく色々な記憶を整理されるので、全く予想できないような夢を見ると思われます。

夢占いで夢が脅威に対してシュミレーションしている

「遅刻する夢」・「準備ができなくて焦っている夢」・「トイレが見つからない夢」など現実世界の脅威に対処するために、不安な夢を多く見ているという科学者の理論です。
現実世界からの一種の逃避にあたります。
夢占いでは、不安な夢は、だいたいポジティブに変換されています。

夢占いってあたるの?確証バイアス現象

人間は、夢占いが当たらなかったら、所詮夢占いで終わります。反対に夢占いが当たると、「すごい、夢占いの通り」と思ったり、夢占いの内容を忘れてしまいます。人間は、自分の信じたいことを記憶に残します。信じたくないことは忘れてしまいます。信じたいことを信じる現象を、確証バイアスと言います。

人間の思考は、偶然の一致を偶然と認めないようにできているようです。天気など人間がコントロールできないものでも、「私は雨男だから……」「私は晴れ女だから……」などと言ってコントロールしたいのです。

人間は、全ての要因の意味していることや理由を求めてしまいます。
夢とは記憶の整理中に一部が出てきたもので、それ以上の意味はないと思います。
人間は夢の理由が欲しくて夢占いへとたどり着いたと言えます。
そうして夢診断は世間に広く信じられたのです。
夢占いは現代では、科学的な根拠を失っています。

夢占いって当たる?テクニックが必要?バーナム効果

夢占いには、いかにも自分に当てはまりそうなことが書かれています。
例えば、
未来に不安がある→誰もが不安を持っている
自信を失っている→いつも自信を持つことはできない
強い意欲がある→自分では当てはまると思えないが、もしかしたらそうかもしれないと思ってしまう
あなたを良く思っていない人がいる→あなたは周りの人全員に好かれていると思いますか?                 
夢占いで自分を診断されると、誰にでも思い当たるところがあります。夢占いの結果も否定しにくいように作られているのです。この現象は、バーナム効果と呼ばれています。

自分を客観的に見ることは脳の仕組みからいっても、とても難しいことです。
夢占いは論理的ではありません。もし論理的に自分のことを言われるととても不安になります。もしかしたら鬱に近い状態になるかもしれません。
しかし、夢占いは論理的でなく神秘的だからこそ、占いの結果を否定しにくいのです。

夢占いは当たる?フロイト夢診断

夢占いの元となっているのが、ジークムント・フロイトの「夢診断」です。ジークムント・フロイトは現代の精神医学の基礎を築いたと言われています。夢占いが科学的な精神分析・心理学に基づいていると言われるのは、この夢診断からきています。
フロイトの「夢診断」は100年以上も前(1900年)に出版されたものです。

脳科学と心理学が劇的に進展したのは1900年代(脳の10年と呼ばれる年代)以降です。1900年代以降とその前の年代では、劇的に変化します。それは、fMRIという脳内活動をリアルタイムで視覚化する装置ができたことからです。
fMRIによって謎に包まれていた人間の脳が解明されていき、心理学・哲学にも大きな影響を与えました。

脳科学が進歩した現在では、フロイトの夢診断は科学的とは言えなくなりました。
フロイトの精神分析は疑似科学的理論ですが、多くの人々を魅了しました。フロイトは、夢を勝手な解釈で判断して、それを強引に押しつけてしまいます。人々は、そう言われるとその通りだと思ってしまうのです。また、フロイトは自身の仮説と違うことを言われると、頭から被験者のことを否定します。「あなたは記憶の奥底にある真実を閉じ込めている」と言って、強引に自身の結論へと導いていきます

夢占いが心理学者によって作られていると言われたら、誰でも科学的に証明されていると思います。それが夢占いが科学だと言われる根拠になっています。フロイトの研究に科学的な価値はないと、今では判断されています。

夢占いは当たる ・当たって欲しい?

過去の記憶も最近の記憶も、記憶の整理中に無作為に呼び出されるので、予想できない変な夢を見てしまいます。夢とは、記憶の整理中に一部が出てきたもので、それ以上の意味はなく、夢に解釈をつけたがった人間が、夢占いにたどり着いたと思います。

繰り返し同じ夢を見ると、誰もが将来への不安から、暗示や予言ではないかと心配になります。同じ夢を繰り返し見るのは、記憶と密接に関係します。その中でも、自分の意識にある不安が何度も記憶から取り出したために、夢となって多く見るようになったと思われます。

好きな人や気になる人が何度も出てくる夢は、何かを暗示しているのではないかと思ってしまいます。記憶は関連した別の記憶と繋がっています。一つの記憶から別の記憶を思い出します。好きな人のことは気になって、ついつい知らず知らずのうちに考えています。その人の持っている物や、仕草などが無意識の内に記憶に残っているのです。そして、その人の持っている物が夢の中に出てきたときに、関連している好きな人の夢が出てきます。

相手の想いが夢の中に出てくるというのは、神秘的で素敵なことですが、現実にはあり得ません。そうあって欲しいという想いが、後押ししているのかも知れません。
夢占いは、ちょっと現実にあるといいなぁという想いも反映しているのかも知れません。

夢占いが当たる、当たらないは、占いを信じるか信じないかということによって変わってきます。占いは、信じる人と信じない人とに分かれます。夢占いも同じで、信じない人にとっては科学的な根拠がないから、当たらないということになります。信じる人にとっては、夢からの暗示や予知を信じて、夢占いは当たるということになります。

夢占いは当たる・悪い夢を見て夢占いが当たらないようにする方法

夢占いは当たらないと思っていても、悪い夢を見るといやな思いが強いので、何とか当たらないで欲しいと思いますよね。悪い夢を見た時に当たらないようにする方法は

とりあえず周りの人たちに、笑い話として話します
思い込みもあるので、夢占いの結果を人に話すことで、気持ちがすっきりします。
その結果、良いことへ繋がることもありそうです。

夢占いを受け止めて解決策を考えます
夢占いで注意するように暗示された結果を受け止めて、自分を見つめ直して解決策を考えます。不安になる前に、今一度自分に当てはめて、解決策を考えていきます。夢占いの結果には、解決策も表示されていることがあるので、参考にしましょう。
夢占いの嫌な結果は気にしない
自分を見つめ直して、心当たりがない場合は気にしないようにしましょう。

夢占いの結果を信じません
夢占いの結果を見て、落ち込んだり不安になったりするのは無駄なことです。

夢占いで当たって欲しい・縁起が良い夢占い

自分が涙を流して泣いている夢
泣いているのは、ストレスや不安を身体の外に流してしまう、何も気にする必要がないということです。全体的に運気アップしていることも示しています。

火事の夢
夢占いで、火事の夢は良い夢とされています。予期せぬ幸運が近く訪れることを示しています。また、自分が思っている以上の結果を出せるという暗示だったり、積極的に行動することで成功に繋がるという意味です。

白色の動物が出てくる夢
夢占いで白色の動物が出てくる夢は運気上昇、幸運が近づいていることを示しています。

日の出を見る夢
夢占いで日の出を見た時は、日の出のように運気がどんどん上昇していくことを示していて、大吉夢です。

きれいな虹が出てくるゆめ
夢占いできれいな虹を見た夢は、大きな幸せが訪れることを示すとても良い夢です。

まとめ

夢占いは当たるか当たらないかは、その人が占いを信じているかどうかでかなり変わってきます。
遅刻しそうな夢とか、準備不足の夢などを見た時は、しっかりと対処しておきましょう。
夢占いはフロイトの時代からは、ものすごく進化しています。
夢占いの結果は、色々な心理学の手法を使ってあらわされているので、自分で今一度考えてから、取り込むことも必要です。
夢占いは皆で楽しんで見るのもお勧めです。
夢占いの中でも、縁起の良い夢を見た時は迷わずに信じてみましょう。

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事