【男性向け】仕事運がほくろ占いで分かる?自分の人生をチェック

男性は女性に比べると「占い」の話をする機会がないかもしれません。
ただ「気になること」はたくさんあるでしょうし、恥ずかしいと感じているけど占いが好きな方も多いでしょう。
占いは恥ずかしいものではないので、堂々と「好き」と言えることができれば良いのですが、どうしても「男が占いを好きなんて…』と思われてしまうことから、隠したくなることもあるはずです。

この記事ではそんな男性に知ってほしい「気軽にできる占い」で、なおかつ的中率が高い「ほくろ占い」を紹介します。
実はほくろ占いを知ることは「仕事運」が分かると言われており、自分と改めて向きあうことができる良い機会になるでしょう。
「この仕事を続けてい良いのかな?」と感じている方、また「仕事を順調に進める方法を知りたい」と感じている方は是非この機会にチェックしてください。

きっと記事を読めば「ほくろ占い」」についての知識がつき、自分のこれからの人生と向きいやすくなるでしょう。

おすすめの占いサービス

男性が気になる職場での地位が丸わかり?【ほくろ占い】についてチェック

「対面鑑定を受けるのは恥ずかしいけど他の方法で占いをしてみたい」と感じることもあるはずです。
そんな方にオススメなのが「ほくろ占い」です。

ほくろ占いというのは元々は「人相学」という学問から生まれた占いになります。
皆さんの中にも聞いたことがある方もいるかもしれませんが「人相術」は「人相学」から派生したものです。
そして、人相術というのは顔の外見からその人の運命や健康状態を占う方法になり、古代から占術として大事に扱われてきました。

ほくろというのは身体のどの場所にでも出来るものです。
きっと皆さんの身体のどこかにもほくろがある方は多いでしょう。
ほくろというのは「どこにあるのか」でその人の印象を変えてしまうものです。

例えば、腕にほくろがある人はあまり気付かれることはありませんが、顔にほくろがあると人の目に触れる回数は多いでしょう。
また顔のほくろは「どこにあるのか」でその人に与える印象は違いますし、「ほくろの大きさ」や「見た目」もとても重要になってきます。

そのため、ほくろというものは「人の存在を示すもの」とされており、当初は外見の相を見るだけだった人相術の中でも「ほくろに注目をしよう」となったとされているのです。

ほくろは先天性のものが多いため、その人のことを示しているものだと分かると「自分のほくろには一体どんな意味があるのか」が気になった方は多いのではないでしょうか?

ほくろ占いを知ったなら!知ってほしい【人相術】についてチェック

ここまで「ほくろ占い」について紹介をしました。
どんな占いであるのかを知れた今、その歴史についてもう少し詳しく知っていきましょう。

上述をしたように「ほくろ占い」のルーツになっているのは「人相学」という学問です。
発祥をした土地は「中国」で、昔は王朝の未来を占うことや家臣を決める際にほくろ占いが使われてきたと言われています。
当時の事柄を示した文献も残っており、「人相術」がどれほど重要視されていたのかが分かるはずです。

男性に多い傾向のほくろもある?ほくろ占いで重要なことを知っておこう

ほくろ占いが一体どんな占いであるのか、またルーツとなる学問について知ることができました。
ここからはそんなほくろ占いを行う上で必要になることを紹介します。
ほくろ占いは「自分の目」で確かめながら行えることもあるので、是非参考にしてください。

まず、ほくろ占いを行う上で一番大事になるのが「ほくろの位置」になります。
冒頭でも説明したように、ほくろはその人の印象を変えるものです。
腕にあるのか顔にあるのかでは相手が持つ印象は随分と違うでしょう。
ほくろの位置によって「占える運勢」には違いがあるため、自分のほくろがどの位置にあるのかをチェックしてください。

ちなみに、人相学の世界では「顔」には部分事に名称が付いており、例えばおでこだけでも20個以上の名称がついています。
部分事で運勢が違うことを覚えておくことで、適当に見ることがなくなるでしょう。
ほくろ占いか簡単にも思えるのですが、実は「コツ」が必要になることを覚えておいてください。

「ほくろの位置」が分かったのであれば、次に見るのが「ほくろの見た目」です。
実はここが「運勢」を決めるうえで凄く重要になるので間違えないようにしましょう

男性必見の【生きぼくろと死にぼくろ】について

ほくろ占いをする上で大事になるのが「ほくろの見た目」になります。
実は「ほくろの見た目」は大きく分けて2つに分かれるのです。

1つ目は「生きぼくろ」と呼ばれる、黒くてツヤのあるほくろになります。
2つ目は「死にぼくろ」と呼ばれる、色素が薄くて平坦はほくろです。

名前から分かるように、生きぼくろは「良い運勢」のほくろで、死にぼくろは「悪い運勢」のほくろになります。
例えば、運勢的に良いとされる身体の場所にほくろがあったとしましょう。
そこにあるほくろが黒々としていてツヤがあれば「もっと良い運勢になる」事の証になります。
しかし、薄い色素のほくろであればせっかくの運勢が悪くなってしまうと言われているのです。
なので、自分のほくろがどんな見た目であるのかを予めチェックすることが大事になります。
例えば、凄く大きくて黒々としているほくろがあるのならその位置からどんな運勢を読み取れるのかをチェックしてみてください。

【要チェック】男性が気になる仕事運がほくろ占いで分かる!

ここまで「ほくろ占い」を行う上で大事になるのは「位置」と「見た目」であると紹介をしました。
ここからは男性の多くが気になるであろう「仕事運」を「ほくろ占い」の観点から紹介をします。
同じ位置にほくろがある方もいるかもしれないので、是非どんな運勢なのかをチェックしてください。

肩の骨から肘までの間にほくろがある人

肩の骨から肘までの部分を「竜骨」と呼びます。
ここにほくろがある人は仕事運がとても良いことを覚えておきましょう。
どんなことをしても仕事が上手くいく傾向があります。
そのため、やりたいと感じる仕事に対しては全力で取り組むようにしてください。

ただし、ここに死にぼくろがあると「空回り」する可能性が高いです。
起業などをしても道のりで「困難と直面をする」可能性があるの注意をしましょう。

肘から下にほくろがある人

肘から下にほくろがある人はどんな仕事も真面目に取り組むことができるでしょう。
何事も早々と覚えられるタイプではなく、不器用な部分もありますが「粘り強く続けられる」ところが魅力です。
確実に力を伸ばせる人が多いので、花が咲くのは遅いかもしれませんが成功できるでしょう。

ここに死にぼくろがあると、なかな努力をしたことが実らない日々にストレスを感じ最悪の場合投げ出してしまう可能性があります。
どうしてもダメだと感じたことからは逃げることも大事ですが、運勢的に「花が咲く」可能性はあるので、続けられそうであれば頑張ることは大事です。

鎖骨にほくろがある人

鎖骨にほくろがある人は「交際運」がとても良いです。
交際運と聞くと「異性との関係」を思い浮かべる方も多いでしょう。
しかし、ここでいう交際運は職場の人との関係や友人との関係を示します。
相手を気遣う心を持っている人が多いので、その気持ちが周囲の人に伝わり大事にされるでしょう。

ただし、腕の付け根や胸にほくろがある場合は「世渡り上手」な人が多く、これまではその技術でうまくいっていたことも社会に出てから通用しない可能性があります。
生きぼくろがある場合でも通用しない可能性は考えられるので、ここにほくろがある人は仕事を真面目に取り組みゴマすりを辞めることは大事です。
平等に接する気持ちを持ちましょう。

脇の下にほくろがある人

脇の下は「信用の有無」を表す場所だと言われています。
そのため、脇の下にほくろがある人は周囲の人から信頼をされるでしょう。
組織に所属をすれば「サポート役」に周ることが多く、重宝される存在です。
「〇〇さんがいなきゃ、このチームは上手く回らないよ」などと言われる存在になるでしょう。

ただ、信用されるということは「頼みごとをされる」確率がとても高く、やりたくない面倒なことをお願いされてしまう可能性もあります。
「〇〇さんにしかお願いができなくて」な土と言われると断りづらい可能性もあるのですが、嫌なことには「できない」と言うことはとても大事です。

人差し指の付け根にほくろがある人

人差し指の付け根にほくろがある人は「対人関係」でトラブルが起こる可能性が高いです。
人との関係で衝突が起きるというより、人間関係で悩みストレスを溜め込んでしまう可能性があるので悩みは友人に相談をするなどしましょう。
仕事をするにあたっても職場の人との関係でひと悶着起きてしまう可能性があります。

また、対人関係のトラブルを示す場所は「額」にもあり、ここにほくろがある人は注意をする必要があるでしょう。
どれだけ良い仕事に就けていても人間関係に困ってしまうと継続が難しくなります。

まとめ

この記事では男性が気になる「仕事運」をほくろ占いの観点から解説をしました。
どの場所にあるのかで占える運勢は違います。
仕事運が成功する場所もあれば、対人関係でトラブルが起こる場所もあるので注意してチェックをしてください。

また、その場所にあるほくろが「生きぼくろ」なのか「死にぼくろ」なのかを確認することも重要になります。
この記事を読んだことが少しでも今後の仕事や人生と向き合う機会になれば幸いです。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事