5種類の動物に自分を置き換える!動物占いについてチェック

星座占いや血液型など、日常生活の中には馴染みのある占いもあるでしょう。
仕事に行く前や学校に行く前に見ることが日課になっている人もいるはずです。
このような占いは「その日の運勢」を見ることがほとんどですが、もっと長い未来を知る機会が欲しいと考えることはありませんか?
例えば占いをみているときに「もっと結果を詳しく知りたい」と感じることもあるはずです。

そんな方に知ってほしいのが「動物占い」です。
聞いたことがある方もいれば、まったく知らない方もいるでしょう。
動物占いは誰にでも気軽にできる占いですが、的中率がかなり高いとされています。
どんな占いなのか、そしてどうして的中率が高いのかが気になる方もいるはずです。
この記事ではそんな動物占いについて詳しく解説をします。

また、動物占いを深く知っていくと必ず出てくるのが「5種類」というキーワードです。
このキーワードについても詳しく解説します。
きっと記事を読めば自身を改めて見つめなおす機会になり、今後の人生を考えるうえで参考になるでしょう。

おすすめの占いサービス

そもそも動物占いとは?5種類の動物はどうして生まれた?

動物占いでよく聞く「5種類」について知る前にまずは基本として「動物占い」について説明をします。
占いの名前を聞いたことがあっても、実際のところどのような占いであるのかが分からない方もいるでしょう。

まず、動物占いというのは、ある人持って生まれた本質や運勢を動物に当てはめて12種類の動物に当てはめて占うものです。
12種類動物を紹介すると「チーター・ペガサス・ライオン・ゾウ・こじか・たぬき」の6種類と「猿・狼・コアラ・虎・ひつじ・ひょう」の6種類を合わせた計12種類です。

過去の動物占いは12種類の動物のみで占いをしていたのですが、最近は各動物に色味が加わったため60種類に細分化されました。
先ほど紹介をした「チーター・ペガサス・ライオン・ゾウ・こじか・たぬき」の動物が持つのは「イエロー・グリーン・シルバー・ゴールド」の4色です。
そして「猿・狼・コアラ・虎・ひつじ・ひょう」のチームは「レッド・ブルー・オレンジ・ブラウン・パープル・ブラック」の6色に分かれます。

同じ動物同士には共通点がありますが、色味によって思考や行動パターンには違いがでます。

動物占いをする上で知っておきたい【4つのグループ】

動物占いは生年月日から本質や運勢を12個の動物に当てはめた占いです。
統計学と考えることもできるでしょう。
そんな動物占いは12種類に分かれているのですが、もう少し細分化をしたのが「4つのグループ」です。
4つのグループは「太陽」「地球」「満月」「新月」に分かれ、グループによって持って生まれた素質が違います。
逆に言うとグループが同じ動物は「似た性質を持っている」と考えることができるでしょう。

太陽グループの特徴

太陽グループに所属をしているのがライオン・チーター・ペガサス・ゾウです。
強くてかっこいいイメージを抱く方も多いでしょう。
太陽グループに所属をする人断ちは、自分を優先した考え方をします。
人にチヤホヤされることが好きで、集団組織に所属をすると目立つタイプの人が多いでしょう。
太陽のイメージの通り明るくてパワーを持っている人が多く人気者が多いです。

地球グループの特徴

地球グループに所属をする動物は、猿・狼・コアラ・虎です。
このグループに所属をする人達はとにかく「無駄が嫌い」な傾向があります。
考え方は合理的なので組織に所属をすると自分のやり方を貫き通すでしょう。
人付き合いが上手くいっていれば尊敬されますが、ここが上手くいかないと「自己中心的」と思われる確率が高いです。
また、闘争心が強く何事にも優劣をつけたがるので勝手にプレッシャーを感じてしまうこともあるでしょう。

満月グループ

満月グループに所属をする動物は黒ひょう・ひつじです。
このグループに所属をしている人たちは自分より他人優先をできる人が多いです。
どちらかといえば目立つことが好きでリーダーになりたいという想いで行動をします。
計画性はあるのですが、最後までやり通す力が少し足りず途中で諦めてしまう可能性が高いです。
ただ、センスはあるので適職を見つけることができれば活躍できるでしょう。

新月グループ

新月グループに所属をする動物はたぬき・こじかです。
どちら小さくて可愛いイメージがありますよね。
そのイメージの通り、新月グループに所属をする人たちは人から可愛がられることが得意です。
また、人から「大切にされている」と感じることで伸びていくタイプの人が多いのも特徴的。
周りの人にどうすれば大切にしてもらえるのかを計算できる人が多く、根本的に賢いです。

動物占いの歴史をチェック

動物占いは日本発祥の占いです。
あまり馴染みがない占いかもしれませんが、心理学者である増永篤彦氏が生み出したと言われています。
実は年代によっては動物占いを知っている人が多い年代があり特に1994年ごろに学生だった人の多くは自身の動物を知っている確率が高いです。

動物占いのルーツをチェック

動物占いにはルーツがあります。
それが「四柱推命」です。
四柱推命は古代中国で編みだされた学問のひとつで現代になっても多くの方が大切な人生を歩むうえで参考にする占いになっています。

四柱推命の中に「十二運勢」という考え方があり、干支を使用します。
これと動物占いは似ているところがあり、干支よりも少し馴染み深いポップな動物を使い性格や本質を当てはめることで愛着を持ちやすくいています。

5種類の動物を調べる前に!まずは自分の動物をチェックしよう

この記事では動物占いの中でも有名な5種類の動物について紹介をするのですが、その前に「自分の動物が何なのか」を知っておきましょう。
調べる方法は自身の生年月日から数字を出し、動物一覧表に当てはめて確認をする方法があります。
ただ、これでは時間がかかってしまい「できない」と苦手意識を抱き途中で諦めてしまう人もいるでしょう。

せっかくの機会なので、自分のことを改めて知るために動物占いはオススメです。
だからこそ気軽にできる「無料占い」を試してみましょう。
下記のサイトでは生年月日を入力するだけで基本の動物占いができます。
https://www.doubutsu-uranai.com/uranai_12chara.php

詳しく知りたいならカラーも合わせてチェック

生年月日から自身の動物を知ることができたのなら、併せてチェックをしてほしいのが「カラー」です。
上述しているように同じ動物を持って生まれていても「色味」が違えば思考には違いがでます。
自身についてもっと詳しく知りたいと考えている方は是非この機会にカラーもチェックしてみませんか?

5種類の動物占いからは何が分かる?

動物占いで自身の動物とカラーを知ることができると自分について詳しくなることができるでしょう。
しかし、人間として生まれているのであれば様々な面を持って生まれているはずです。
例えば、友達に見せる顔と上司に見せる顔が違う人は多いでしょう。
また、恋人にだけしか見せない顔を持っている人もいるはずです。

このように人間には様々な面があり動物占いでは様々な面を5種類の動物で現わし「5
アニマル」と読んでいます。
5アニマルはその人の心の状態を5つに分けており「本質・意思決定・表面・希望・隠れ」に動物を当てはめていきます。

本質はその人の基本的な性格や考え方を表しており、生年月日を入れて出てくる動物になります。
表面はあなたが他人と接しているときに見せているキャラクターであり、本質とは違うこともあります。

隠れは自分が困ったときや助けてほしい時などに現われるキャラクターです。
人はピンチの時ほど「本性」が出ると言われています。
そして意思決定は人生の中で大きな決定をするときに出現をするキャラクターです。
軸となる動物と考えることができるでしょう。

そして希望というのは、あなたが「なりたい」と憧れているキャラクターになります。
意識をしていないつもりかもしれませんが、実は無意識で憧れていることが多いです。

あなたはどの動物?動物占いの基本となる5種類の動物をチェックしよう


ここまで「自分自身を深く知ることができる」動物占いの5種類の動物(5アニマル)について解説をしました。
きっと自分がどんな内面を持っているのかが気になった方も多いでしょう。
最後に5種類の動物を無料でチェックできるサイトを紹介するので是非参考にしてください。

https://www.doubutsu-uranai.com/uranai_chara_5animals.php
5種類の動物は生涯変わらないので、是非覚えておきましょう。

まとめ

この記事では動物占いと自身が持つ「5種類の動物」について解説をしてきました。
5アニマルを知ることができると、きっと自分でも気付けなかった性質に気づくことができるでしょう。
この機会に自分を見つめて今後どうすればより自分らしい人生を歩めるのかを考えてみてください。
この記事を読んだことが少しでも自分を見つめなおす機会や、今後の人生と向き合う機会になれば幸いです。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事