あなたはいくつ当てはまる?占いをしても当たらない6つの理由

占い好きな人の中で、まさに永遠のテーマとなっているのが「当たる」「当たらない」という的中率の問題です。
当たると感じている人も多くいますが、占いが当たらないと感じている人もやはり数多く存在します。
そして、占いが「当たらない」と感じるのには、実は6つの理由が存在します。
今回は占いが当たらないと感じる理由について詳しく解説してみたいと思います。
あなたは思い当たる節がないか、是非チェックしてみて下さい。

おすすめの占いサービス

占いが当たらない理由として考えられる原因は?

占いが当たらない理由は、もともとスピリチュアルなことに否定的な人を除き、実はいくつかの原因があります。
占いが当たらないのは、「あなた」に原因がある場合もあれば、「鑑定士」に問題がある場合もあるので、冷静な判断が必要です。
では、占いが当たらないのには、どんな理由があるのか、一つずつ確認していきましょう。

当たらない理由1:占いに完璧を求めている

占いが当たらないと感じる理由の一つ目は、占いに「完璧」を求めているからです。
占いをする人はみんな、100%鑑定結果が一致するとは思っていないと思いますが、一部の人は占いに「100%」の的中率を求める傾向があるのです。
8割程度を言い当てたとしても、完璧を求める人は、「2割もハズレた!」と不満を持ちます。
普通、占い慣れをしている人は、「5割程度当たっていれば十分」と考えている人が多く、ちょこちょこ鑑定士の指摘が当たらないとしても、大体合っていればそれほど気にしません。
完璧を求めている人には、いつまでも経っても占いは「当たらない」と感じてしまうでしょう。

当たらない理由2:占い師に無理を強いる

占いが当たらないと感じる理由の二つ目は、占い師に「無理」を強いるからです。
実は電話占いや対面鑑定などでは、「禁止事項」が存在します。
禁止事項とは、「相手の死」や「呪い」を依頼することです。
不倫関係やいじめなどが原因で、「相手を不幸にしてやりたい!」「相手の奥さんが死ねば自分が不倫相手と上手くいく」などと考えている人は、実は少なくありません。
しかし、相手の不幸を望むような依頼は、どこの占い専門店でも禁止されており、人のために役立ちたいと考えている鑑定士たちにとっても、やはり受け入れ難い要望です。
そんな禁止事項を無視して、呪いや相手の不幸を望む依頼をしてくれる人には、占い師も断固拒否します。
そして、占い師にこうした依頼を拒否された相談者の中には、「この鑑定士は当たらない!」と腹いせに口コミで言いふらすケースもあるので、結果的に「当たらない」という評判が広まってしまうこともあるでしょう。

当たらない理由3:悪い占い結果は信じない

占いが当たらないと感じる理由の三つ目は、相談者が「悪い占い結果」を信じないことが挙げられます。
確かに占いで悪い結果が出た時には、ネガティブに考えすぎないように、「あまり気にしない」というのは、正しい受け止め方でもあります。
しかし、「自分にとって都合が悪いこと」を当たらないと全部スルーしてしまう人は、ある意味「現実から目を背けている」とも言えるのです。
例えば、「復縁」を願っている人が、鑑定士から「復縁は無理」だと鑑定されても、自分の希望とは合わないので、「あの鑑定士の鑑定はどうせ当たらない」と切り捨ててしまうことがよくあります。
そういう相談者は、都合が良いことばかりの「アゲ鑑定」を「当たる」と信じ、都合が悪い鑑定は「当たらない」と信じがち。
「自分の希望に合わない鑑定=当たらない」と考える人が多くいるのも問題の一つです。

当たらない理由4:占い師との相性が悪い

占いが当たらないと感じる理由の四つ目は、「占い師との相性」が悪いことが考えられます。
四柱推命・九星気学・占星術などの「命術」は、個人情報から鑑定結果を割り出すため、どの占い師にお願いをしても鑑定結果がぶれにくく、能力にそれほどの大差が生まれにくいです。
しかし、霊感によって鑑定精度が大きく違ってくる「霊術」については、個々の能力差が非常に大きく、鑑定結果には相談者との相性にも左右される傾向があります。
特にお互いの波長が悪く、相談者が占い師に対して心を開いていないと、霊視がしにくくなってしまい、鑑定も当たらないことが多くなってしまうのです。
占い師との相性が悪いと途中で気づいた場合は、最後まで鑑定を続けないで、途中で切り上げてしまうのも一つの方法。
電話がつながったら、早々に占い師とのフィーリングを見極めましょう。

当たらない理由5:占い師の体調が悪い

占いが当たらないと感じる理由の五つ目は、占い師の「体調」が悪いこと場合が挙げられます。
霊感というのは、毎日一定であるわけではなく、その日の体調によって大きく左右されます。
そのため、運が悪く、占い師が疲れていたり、調子が悪くてあまり霊感が鋭くない時に鑑定してもらうと当たらない場合も出て来るでしょう。
特に待機時間中、ずっと順番待ちができるような人気の占い師は、立て続けに鑑定になるので、後ろになればなるほど、疲れがたまって調子が悪くなっている可能性もあります。
そのため、占い師の疲れがたまっていない早めの時間帯に鑑定してもらう方が、霊感が安定しており、質の良い鑑定が受けられるかもしれません。

当たらない理由6:占い師の実力不足

占いが当たらないと感じる理由の六つ目は、占い師の「実力不足」もあります。
デビューしたてで、鑑定歴が浅い鑑定士は、やはりこれまでの経験があまりないため、実力不足から当たらない可能性があるでしょう。
占い師の実力不足を避けたい場合は、やはり鑑定を依頼する時に、経験豊富なベテランを選んでおくと予防できます。
経歴の浅い占い師は、鑑定料金が安いという魅力があり、ついつい手を出しやすいですが、やはり当たり・ハズレが非常に大きいので、鑑定の品質を重視する人であれば、ベテランを選ぶ方が無難です。
経験の浅い占い師を選ぶ場合は、「当たらないかもしれない」ということを覚悟しておきましょう。

占いが当たらない原因が「あなた」にある場合

占いが当たらない原因が、「あなた」自身にある場合、まずは考え方を変える努力が必要です。
「占いに完璧を求め過ぎない」「自分の都合の悪い鑑定もしっかり受け止める」という点に気をつければ、占いを当たると感じ、楽しめるようになってきます。
占いが当たらないと感じるのは、それだけあなたが占いに対して高いハードルを設定している可能性が高いです。
占いは当たるのが当然ではなく、当たったらラッキーくらいの感覚で受ける方が、前向きな気持ちで占いと付き合うことができます。
相談者が欲しがっている言葉ばかりをくれる「アゲ鑑定」の鑑定士は、一時的に楽しい気持ちになれるかもしれませんが、長い目で見た時に、本当に相談者にとって役立つ鑑定だったのかどうかは別問題です。
厳しい言葉であったとしても、正直に悪い鑑定結果も伝えてくれた鑑定士の言葉が、後になってから「本当だった」と気づく場合もあります。
占いが「当たる」か「当たらない」かの本当の判断は、実はかなり時間が経ってからじゃないとわかりません。
自分にとって都合が良い事ばかりを囁く鑑定士ばかりを信じても、実際には「ヨイショ」をされているだけで、何も実りがなかったという可能性もあります。
本当にあなたのためになることを言ってくれている鑑定士というのは、意外に「厳しい言葉」を言ってくれる人であるケースも多いので、「自分にとって都合が良いかどうか」だけで、占いが当たる・当たらないと判断するのは辞めた方が良いでしょう。

占いが当たらない原因が「鑑定士」にある場合

一方、占いが当たらない原因が「鑑定士」側にある場合、「鑑定結果にムラがある霊術を避ける」「経験豊富なベテランを選ぶ」という点に注意をしましょう。
対面とは違い、直接顔を見て鑑定するわけではない電話占いの場合、霊術を得意としている鑑定士が多いですが、霊術は個々の霊感によって当たり外れが大きいため、当たらない鑑定は避けたいと感じている場合は、出来るだけ避けた方が無難です。
霊術は「その日の体調」や「相性」などに大きな影響を受ける為、個人情報から読み解く「命術」などの占術に比較して、安定感がありません。
また、「霊感」をあまり信用していない人にも、霊術の鑑定士は向かないでしょう。
霊感を胡散臭いと思っている人は、やはりそうした気持ちが障害となり、鑑定士に心を開けなくなってしまいます。
霊術で良い鑑定をしてもらうためには、心を開放して、素直に応じることが大切になります。
霊感は目に見えない力なので、信じることは難しいですが、霊感に対して悪いイメージを持っていると、占い結果にも反映してしまうので、鑑定士を選ぶ時には「占術」をしっかり見極めることも重要です。
霊術のように、目に見えない力を信用できない人には、「知識」や「経験」を活用して読み解く「命術」や「相術」などをおすすめします。
命術は「四柱推命」や「占星術」、相術は「風水」や「手相」などが代表的です。
ト術の「タロット」も、相談内容や鑑定士の能力によっては素晴らしい結果を出しますが、霊術と同じように、不確かな部分が大きく、当たり外れを気にする人にはあまりおすすめできません。
霊術やト術で鑑定してもらう時には、多少料金が高くなっても、「実力者」を選ぶのが非常に重要です。
占いも「命・ト・相・霊」の4種類の占術によって、それぞれ特徴が違いますので、どのような占術だったら、受け入れやすいか、事前に基本を勉強しておくと良いでしょう。
そして、鑑定士を選ぶ時には、実績や占術も重要ですが、「人柄」も重要。
サバサバした口調の鑑定士に依頼をしたとしても、「せかせか早口の鑑定士だと何を言っているのか聞き取れない」という人もいれば「短時間でサクサク進むので有難い」など、人によって受け取り方は様々です。
あなたが好感を持ち、心を開いて相談できるような人柄の鑑定士を選びましょう。

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事

  • 動物占いでグリーンのライオンの性格と恋愛そして相性

    動物占いでは、グリーンのライオンで、性格とか恋愛運とか、仕事運・相性などが分かります。動物占いは、「四柱推命」に基づいて、作られているので、信憑性はかなり高いです。12種類の動物に分類して、4~6色のカラーを加えて、全部で60パターンに分け…

  • 動物占いについて60キャラの一覧をまとめてみました

    動物占いの動物キャラの一覧の一部をまとめてみました。同じ動物でも、カラーによって少し差が出てきます。動物占いは、四柱推命を基にした占いです。昔からある十干十二支の組み合わせで、60種類の動物に分けます。12種類の動物をカラー分けで、60種類…

  • 動物占いで華やかなこじかについてのイメージは?

    動物占いで華やかなこじかはどんなイメージでしょうか?こじかと聞くだけであの可愛いこじかを、思い浮かべますが、実際はどうでしょうか?もしかしたら、かなりギャップがあるかもしれませんね。それでは、こじかさんです! おすすめの占いサービス 公式サ…

  • 動物占いで虎でブルーってどんな虎なんでしょうか。虎でブルーって?

    動物占いでブルーの虎は、ゆったりとした悠然の虎をあらわします。四柱推命では「地球系グループの壬」にあたります。非常に明るくて、社交的な性格です。いつも元気いっぱいで、その場の雰囲気を明るくするオーラを持っています。またバランス感覚も優れてい…

  • 動物占いで人気の無料サイトのご紹介と12種類の動物の基本的な性格

    今、動物占いが人気です。12種類の動物とカラーで色分けされて、合計60種類に分類されます。同じ動物でも、カラーによって微妙に性格に違いがあります。あなたはどの動物にあてはまるでしょうか?動物の基本的な性格と人気の動物占いのサイトのご紹介です…

  • 動物占いで正直なこじかについて

    動物占いで正直なこじかが友達だったら、どうします?あの通り可愛いし、ピュアで、なんかほっておけないかんじで、でも警戒心が強くて、意地悪なんてしたら猛反発、二度と口もきいてもらえません。正直なこじかさんには、優しく接してあげてくださいね。そん…

  • 動物占いってどうすればいいのか。占い方についてもう一度基本から

    動物占いの占い方について、どうすればいいの?占い方と動物占いの基本的なことを解説します。動物占いは、元々は四柱推命の十二運星を動物に当てはめたもので、日本で誕生した占いと言われています。 おすすめの占いサービス 公式サイトを見てみる 公式サ…

  • 動物占いで無邪気なひつじの性格と相性

    動物占いで無邪気なひつじは、周りの人と仲良くできる能力が動物の中でも一番です。あのふわふわの毛と、あの人なつっこい無邪気な目で見られると本当にキュンとなります。 おすすめの占いサービス 公式サイトを見てみる 公式サイトを見てみる 目次 1 …