タロットのイエスノーとは?そのやり方を解説!

タロットカードのイエスノー占いはどのようなやり方をするのでしょうか。タロットカードと言えば、その神秘的なイメージから占いファン以外の人から見ても魅力的に映るでしょう。しかしそのやり方はまだ世の中に広まっておらず、知らない人も多いかもしれません。
タロットカードを使った代表的な占術の一つにイエスノー占いがあります。この記事ではタロットカードの入門編としてイエスノー占いについて取り上げましょう。

おすすめの占いサービス

【イエスノー占い】タロットカードの歴史を見てみよう!

タロットカードのイエスノー占いを取り上げるに当たって、まずはタロットカードの成り立ちについて調べてみましょう。タロットカードの存在は知っていても、その歴史というとあまり多くの人には知られていません。タロットカードの歴史から、その占いの世界に足を踏み入れてみましょう。

タロットカードの歴史~①シャルル6世のタロットが起源

タロットカードの起源を探る時に、古代のエジプトやユダヤにその起源を置く説も中にはあります。しかしこれらの説に関しては今のところ確かな裏付けはされていません。記録として辿る事ができるタロットカードの最古のものは、フランスのシャルル6世のタロットカード。
シャルル6世は14世紀から15世紀に活躍したフランスの国王で、シャルル6世が1392年にタロットカードを使用した記録が残っています。ただしこのシャルル6世のタロットカードは現在は残っていないので、そのカードがどのようなものだったのかは謎に包まれています。
現存しているタロットカードで最古のものは、15世紀のイタリアで使われた『ヴィスコンティ・スフォルツァ版』と呼ばれるものです。このタロットカードは、現在のタロットカードとかなり多くの共通点を持っています。

タロットカードの歴史~②19世紀フランスのオカルティズム

14世紀から15世紀頃にはその存在が確認されているタロットカード。しかしそのタロットカードが本格的に広まったのは約300年後の事でした。18世紀にフランス人の占い師エッティラが著書『タロットと呼ばれるカードのパックで楽しむ方法』を出版しました。
これがタロットを占いとして使うやり方を説いた最初の書籍です。フランス革命後の19世紀、フランス国内ではオカルティズムや神秘主義など、不思議なものに関する興味が高まっていきました。その中でタロットカードは神秘的な占いができるツールとして注目を集めます。
タロットカードをフランスに広めた人物としてオカルト主義者のエリファス・レヴィも挙がります。彼がカバラと呼ばれるユダヤ教神秘主義とタロットカードの関係を結び付けた事により、フランスでのタロットカードのブームは白熱しました。

タロットカードの歴史~③1970年代の英米でブームに

現代に直接繋がるタロットカードのブームとしては1970年代の英米で起こったスピリチュアル・ブームが挙げられるでしょう。この頃、ヒッピーと呼ばれる社会派の人々が社会運動を起こしていました。ヒッピーは東洋の哲学や宗教に傾倒し、自然派の生き方を追求していました。
当時のヒッピー達は『ラブ・アンド・ピース』を合言葉に、差別のない社会を提案。自然に回帰した共同体生活を行い、精神世界に傾倒していました。彼等ヒッピー達は神秘主義やサイケデリックな音楽を愛し、生活のスタイルにしていました。
そのヒッピーの文化の中で神秘的なタロットカードは広く普及。現在のタロットカードや占いブームの基礎を作りました。

【イエスノー占い】タロットカードとは何か?~カードの種類は?

まずはタロットカードの歴史について説明しました。次にタロットカードの構成カードについて見てみましょう。現在、タロットカードの存在自体は一般に広く知られているでしょう。しかしタロットカードがどのようなカードの集まりでそれぞれのカードが何を意味するのかはあまり知られていません。
タロットカードとはどのようなカードなのか詳しく説明します。

タロットカード~①構成カードは全78枚

現在、一般的に使われているタロットカードは78枚一組となっています。カードの構成としては、大アルカナと呼ばれる種類のカードが22枚、小アルカナと呼ばれるカードが56枚となっています。日本では、大アルカナに比べ小アルカナは知名度が低いと言えるでしょう。
そのため、日本でタロットカードというと、大アルカナ22枚のみを指す場合もあります。それでは大アルカナと小アルカナについて説明しましょう。

タロットカード~②22枚は『大アルカナ』

タロットカードの構成カードとしては、まず22枚の大アルカナがあります。大アルカナにはそれぞれ寓意図、つまり他の物事を象徴するような絵柄が描かれています。タロットカードでは、めくった時に上下が正しければ正位置、逆さまになっていれば逆位置と呼び、それぞれ意味が違います。
例えば愚者というカードがあります。愚者のカードが正位置で出た場合は、「未知の分野でも結果を恐れずに行動すべし」という意味を象徴します。逆位置で出た場合は「愚かな行動を慎んで他人の話を良く聞くべし」という意味となります。
このように大アルカナに描かれたキャラクターは取るべき行動をそれぞれ象徴しています。大アルカナのカードの種類は以下の22種類となります。因みに番号の振り方は1~22ではなく0~21となっています。

0愚者11正義
1魔術師12吊るされた男
2女教皇13死神
3女帝14節制
4皇帝15悪魔
5教皇16
6恋人17
7戦車18
819太陽
9隠者20審判
10運命の輪21世界

タロットカード~③56枚は『小アルカナ』

タロットカードの構成カードとして、大アルカナ以外の56枚は小アルカナと呼ばれます。小アルカナはトランプのカードの構成と良く似ています。そのため、タロットの小アルカナからトランプが生まれたという説や、逆にトランプから小アルカナが生まれたという説があります。両者は関係ないという説もあります。
まず小アルカナは、トランプのマークのようにスートと呼ばれる4つの組に分かれます。4組は以下の通りです。

棒(杖)聖杯
硬貨(護符)

そしてそれぞれのスートの中のカードは、トランプの番号のように分類されます。トランプと違うのは『小姓』というカードがあり、各スートのカードの枚数が14枚になるところです。スート内のカードの種類は以下のようになります。大アルカナと同様に、スートとカードの番号によって意味が与えられています。

1(エース)8
29
310
4小姓
5騎士
6女王
7

タロットカードを使ってみよう!イエスノー占いとは?

タロットカードのカード構成について説明しました。それではこの記事のテーマであるイエスノー占いのやり方について説明しましょう。イエスノー占いはタロットカードでできる占いとしては最も簡単なものだと言えるでしょう。

イエスノー占いとは何か?

タロットカードのイエスノー占いとは、自分が答えを知りたい質問に関して、『はい』か『いいえ』の答えを導き出す占いです。その答えを導き出すのには、引いたカードの向きを使います。上下が正しい向きで出たカードは正位置、上下が逆で出たカードは逆位置です。
イエスノー占いは、自分が用意した質問に対して正位置を『イエス』、逆位置を『ノー』として占います。イエスノー占いの際に使うタロットカードは、大アルカナ22枚とエースのカード4枚、そしてカップの9の合計27枚と決まっています。

イエスノー占いのやり方

タロットカードのイエスノー占いをする時に、まず2種類のカードの引き方があります。1種類目は『ワンオラクル』と呼ばれる方法。たった1枚カードを引いてそのカードが正位置か逆位置かで判断する方法です。もう一つが『5枚引き』。カードを5枚引いて占います。
この場合、多かったほうの位置をその答えとします。カードの引き方としてはシャッフルした後でデッキにして、上のカードもしくは自分がピンときたカードを引きます。また5枚引きの場合はそのパーセンテージも占う事ができます。
例えば正位置のカードが5枚中1枚であれば、質問についての『はい』の確率が20%。5枚中5枚であれば100%といった具合です。

イエスノー占いの注意点

タロットカードのイエスノー占いを行う時に、そのカードの意味を占いに加味する方法もあります。前述の通り、タロットカードの大アルカナ及び小アルカナには、1枚ずつにそのカードの意味が与えられています。そしてその意味は正位置が逆位置かで変わってきます。
イエスノー占いでは、『はい』か『いいえ』かの答えだけでなく、そのカードの意味も読む事ができます。カードの意味を読むか読まないかはイエスノー占いをする前に決めておく必要があります。
しかし、もしカードの意味が解らなかったり、タロットカードの初心者であったりする場合は、まずはカードの意味を読まないイエスノー占いから試すと良いでしょう。

プロの鑑定も受けてみよう!~評判のタロット占い師3選

タロットカードで簡単にできるイエスノー占いについて紹介しました。最後にタロットカード占いで評判になっている占い師を紹介しましょう。タロットカードに興味を持ったら、まずは専門の占い師の先生に見てもらうのも良いでしょう。おすすめの先生を3人紹介します。

タロット占い師①YUKI(占い館ウィル渋谷店)

タロットカード占いで有名な占い師としてまず紹介するのはYUKI先生です。YUKI先生は占いの館ウィルの渋谷店の占いを行っています。YUKI先生の特徴としては短い時間にすぐ占ってもらえる事でしょう。そして当たるという事も評判になっています。
時間がなかなか作れない人でも安心して頼む事ができる占い師です。

タロット占い師②志磨(フォーチュンBARタロット)

タロットカード占いで評判の占い師として次に志磨先生も紹介しましょう。志磨先生は新宿にあるフォーチュンBARタロットにて占い鑑定を行っています。フォーチュンBARタロットは、お酒を楽しみながら占い鑑定もできるという珍しいお店。志磨先生はタロット占い以外に四柱推命・数秘術・気学なども使う事ができます。
予約を取らずに占い鑑定ができる点もセールスポイントと言えるでしょう。

タロット占い師③聖羅(占い館アゥルターム新宿)

タロットカード占いで定評がある占い師の先生として、最後は聖羅先生の紹介となります。聖羅先生は、新宿で最古と言われる占い館のアゥルタームで占いを鑑定しています。タロットの他に霊視も得意とする聖羅先生。ヒーラーとして、相談者の心を癒す存在でもあります。

イエスノーは自分でできるタロット占い

この記事では、簡単なタロットカード占いであるイエスノー占いについて取り上げ、タロットカードの占い師も紹介しました。イエスノー占いはタロットカード初心者でも簡単にできる占いです。まずはこのイエスノー占いや評判の占い師の先生の鑑定でタロットカードの世界を覗いてみましょう。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事