退職占い今の仕事はやめるべきか?転職するべきなのか?

今の仕事に色々と思うところがあって辞めるかどうか悩んではいないでしょうか?仕事の内容や人間関係など悩む点は多いかと思います。転職をする時の注意点や成功のポイントを占うと共に、仕事を辞めるべきか悩んだ時の判断基準を紹介致しますので、どうぞご覧頂ければと思います。

おすすめの占いサービス

退職占い。仕事をやめるべきかの判断基準は?

仕事を辞めるべきかの判断基準は色々あるかと思いますが、こちらでいくつかご紹介していきます。

人間関係の問題

一番仕事を辞めるかどうしようかで悩む時の原因となるのが人間関係といえるでしょう。直属の上司と上手く行かない、同僚との仕事の連携が上手く取れない等悩んでいるのではないでしょうか?上司のパワハラ、セクハラなどの自分の働き方で変える事のできない原因もあり、このようなハラスメント問題を人事にそうだんしたとしても上手くいかない場合は専門機関に相談しても取り除けない場合は転職を視野に入れても良いでしょう。

また同僚との意識の差も仕事に対するモチベーションに大きく関わってきます。周囲が不満ばかりを言って馴れあっている状況ではあなたの仕事に対するモチベーションは下がる一方でしょう。仕事に対する意識の差を強く感じたとき、自分だけ仕事や人間関係でおいていかれていると劣等感を感じた際も判断基準に入れても良いでしょう。

勿論、あなたの意識次第です。変えることができることもあるかもしれませんが、どうしても変えることができない場合という状態もあります。その時は迷わずに新天地を求めても良いのでにでしょうか?

ルーティンワークが辛い

日々の労働がルーティンワークとなって目新しさを失っている場合、その仕事に価値を見いだせない時は特に転職を意識するのではないのでしょうか。毎日の積み重ねが仕事だとわかっていても、どうしても今の仕事内容に自分としての存在定義を見いだせない時、「自分にしかできない仕事がしたい」と願うのは当然です。

もしもそれがストレスとなり、あなたの身体にまで影響を及ぼすならば、これも判断基準として考えても良いでしょう。またストレス以外だと人体に影響を及ぼす業務内容、働かせ方は法律で禁止されているので、それを強要するのは法律で禁止されています。

過酷な労働環境にあり、毎日の残業が深夜近くまであったり、休みが殆ど無い会社では、仕事に対するモチベーションが高くても、時を待たずとして身体を壊す場合もあります。一刻も早くその労働環境を改善できないようであれば身体を大切にすべきです。

会社の方針と合わない

会社の方針が自分のポリシーと合わない場合も転職を考える場合が多くあります。顧客を食い物にしていたり、職場全体が体育会系気質だったりする場合、それが自分と合わないと感じる場合にも多くあるのではないでしょうか?

どうしても性格的についていけない場合の会社というのもあります。入社後に違和感を感じ続けていて、居心地が悪い場合も考えた方がいいでしょう。フィーリングが合わない会社に所属し続ける事自体があなたのストレス減となっている可能性もあります。

給料が低い

労働に見合わない基本賃金の場合も考えた方が良いでしょう。サービス残業は論外ですが、残業することでやっと自分の目標とする賃金になる場合はもれなく身体を壊しかねません。「このままでは生活するのにいっぱいいっぱいで結婚資金を貯めることも普通の貯金をする事もままなりません。

正規の賃金を見直すこと、給料明細や、家計簿を見直す要因となります。またボーナスや手当が低い場合も考える要因となります。残業手当てだけでなく、スキルに見合った資格手当が低いという場合もあるでしょう。残業代、残業時間が一致していない場合は尚更考えるべき要素となります。

その結果どうしても生活レベルは上がらない、貯金ができないと感じるようでしたらやはりこれも転職を考える要因となります。

いつまでたっても希望する部署に配属されない

頑張ってスキルアップの勉強をし、資格も手に入れたのに希望する部署に配属希望を出してもいつまでも受理されない場合も転職を考える要因となります。本当に自分のやりたい仕事に就けない場合、スキルも生かせず、飼い殺しとなっている自分に嫌気が指すこともあるでしょう。特に自分の持っているスキルに特化したい仕事をしたい場合には尚更そう感じることでしょう。

例えば技術職に移れるスキルを持っているのに一般事務職から移動できない場合尚更苦痛と感じるのではないでしょうか。また逆にですが、激務過ぎる部署に異動を申し立てているのに異動出来ない場合も判断基準となります。人事があなたの希望をいつまでも受け入れてくれない場合には十分な転職理由となります。

結婚・妊娠を機会に考えるとき

結婚することによって、生活サイクルが変わってきます。妊娠となれば尚更です。今の職場よりも賃金が下がっても生活サイクルに合わせた職場に就きたいと思うことは不自然な事ではありません。生活スタイルに合わせてスキルを生かせるパートや派遣社員に転職しようと思うのは自然の流れと言えるでしょう。

退職占い自分が自分である為には?

仕事をやっていてあまり合わない、別の仕事がしたいと思うときはないでしょうか?自分の仕事の天職が分からなければ、今の仕事を続けても良いのかどうか不安になるのではないですか?退職占いでは転職するかしないかあなたの1年後を占うことができます。やりがいや楽しみのあるあなただけの職を是非さがしてみましょう。

退職占い会社の辞め時と転職のタイミング

入社をして数年が経過してもうそろそろ会社を辞めて転職をしよう。そんな風に考えていても、今が転職のタイミングなのかと悩んでしまうかと思います。転職は時期やタイミングを逃してしまうと思わぬところで大変な目にあったり、とんでもない転職先へ転職してしまうなど、落とし穴に落ちてしまうような事になります。会社の辞め時にはタイミングがあるのです。

退職占い。自分が究極にしんどい時、充実感がない時は辞め時

仕事に行かなきゃいけないけれど、身体が重くて起き上がれない、夜は眠れないそのような症状が続いているようならば、まず精神科もしくは、心療内科を受診してうつ病と診断された場合は、退職は一旦休職扱いにしてもらい、時期を見て退職するもしくは復職するか考えましょう。うつ病になると仕事を辞めた方がいいと感じるかもしれませんが、うつは仕事を辞めることで悪化することもありますので、辞めたい場合には医師のアドバイスに従った方が安心できます。

もし体調不良の原因がストレス性のものならば仕事を辞めることで症状が軽減されるかもしれません。今自分がやっている仕事に関してやりがい、充実感が無い場合にはやはり辞めるタイミングなのだと思います。

退職占い年度が切り替わる時期は転職のタイミング

退職が一番多いのは年度が切り替わる3月頃が一番多いです。新入社員も入ってきますし、3月末まで仕事を辞め4月から新たな気持ちで中途採用での仕事を始められます。他には給料の締日に辞めるようにすると会社にも迷惑かけず辞めることができます。

ここで忘れてはいけないのが「保険料」です。健康保険、厚生年金保険料は日割り計算できませんので、月初めに退社してしまうと丸々保険料を支払う形になります。しっかりと計算した上で退職日を決めるようにすると良いですね。

退職占い。退職前にボーナスや退職金をチェックしよう

転職を考えた場合に6月・12月のボーナスが支給後が一番ベストな退職時期となっています。辞めようとしているのにボーナスをもらっていいの?と感じるかもしれませんが、ボーナスは過去の業務な成果に支払われるものですのでボーナスをもらっても何の支障もありません。

後は今現在会社を辞めたとして、いくらぐらいの退職金が出るのか確認しておかないとあと数カ月働いておけば退職金が増えていたというパターンもあります。なので、しっかりと確認したうえで退職をする必要があるでしょう。

もし転職をした後に、なんだか合わない、しっくりこないという理由でまた転職したいと考えている場合でも、1年未満で転職してしまうと失業保険がもらえない事態に陥ってしまいます。転職活動資金やすぐに仕事が見つからないことも考えるのならば、大変かもしれませんが、1年程度は我慢して働くようにしましょう。

退職占い。転職先が豊富な時期に転職しよう

転職のタイミングを考えた場合に将来の事を考えるならば、求人先が豊富な時期に転職活動をしていけば、転職を有利に進めることができます。一般的に求人が増える時期は3~4月と9~10月頃には一気に求人数が増えていきます。

ですが、時期だからと言って無理に時期を合わせるのではなく、自分の年齢や勤続年数、今現在退職した場合の退職金、ボーナスなどを考えた上で自分が最適だと思う時期、こまめに求人をチェックしておき、自分が興味のある求人があった時などに転職するようにするなど、下準備はしっかりとしておけば、損がない転職をすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?退職占いについてご紹介させていただきました。こちらを見たうえで転職による注意点や、成功のポイントを占い、自分の転職となるような職業について毎日充実した生活が送れるように応援します。こちらを読んだうえで、もう一度ご自身の頭の中を整理するきっかけになれればと思います。

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事