今離婚するべきかどうか占いをしてみることは必要か?

離婚するべきなのか、やめるべきなのか?離婚について思い悩むとき、占いを活用する前に整理しておくことをこちらでご紹介させていただきます。精神的に辛い方は是非ご参考にしてみていただけますと幸いです。

おすすめの占いサービス

離婚するべきか?やめるべきか占いに頼ってみる?

「離婚」について考えたことはありますか?恐らく、誰でも一度くらいは「離婚」の文字が頭に浮かんだ経験はあるかと思います。離婚について悩むときというのは、とても苦しく辛いと思います。気軽に人に相談することができないので、わらにもすがる思いで占いに頼りたくなってしまいます。

そのような離婚について占いたい時に気を付けておきたいことや前もって整理しておきたいことを考えてみましょう。パニックに陥りそうなそんな時ほど、落ち着いて、最善な選択ができるとよいですね。

離婚するべきか占いをする前に日本の離婚率を知るべし

まずは厚生労働省が発表している政府の統計によれば、2017年度の「離婚件数」は21万2000組。離婚率は1.70と推計されています。日本の既婚者の1000人に1.7人が離婚している計算になり、前年2016年度の21万6798組を4798件下回りました。

近年70年間にわたる統計を見てみると、1947年には7万9551組だった離婚件数、1971年になると10万組を突破しました。

1996年には20万組を突破し、離婚件数の一番多い年が、2002年の28万9836組。
次いで多い年が、2001年の28万5911組、その次が2003年の28万3854組と、何故か占い、離婚診断2000年を越えた辺りの3年間の件数が最も多くなっています。

ここ10年間では、多少の変動はあるものの、26万件を越えることはなくなっています。

離婚するべきか占いをする前に世界の離婚率について知るべし

厚生労働省が発表している「政府統計」に、世界の離婚率についての記載もありましたので、参考程度にこちらも見ておきましょう。

統計がとられた年代は2015年~2016年と、少しバラつきが見られるのですが、それぞれの国の人口1000人に対する離婚率がアメリカ3.1、韓国2.1、イギリス2.05、フランス1.91、イタリア、0.86、ドイツ、2.05、スウェーデン2.70、シンガポール1.9
この通り、日本はイタリアに次いで二番目に離婚率が低いということになります。

離婚するべきか占いをする前に日本の離婚原因を知ろう

では、実際に離婚に発展してしまうその「要因」とは一体何なのでしょうか?
最高裁判所が情報開示している「司法統計」によれば、全国の家庭裁判所に申し立てられた離婚調停のうち、妻の方から申し立てがなされたもの、離婚したい要因のうちに最も件数の多かったのが1位が性格の不一致、2位が相手からの暴力、3位生活費の未払い
上記以下では、4位が精神的な虐待、5位が異性関係とその内容は非常に重々しいものとなっておりました。

続いて夫の方から申し立てられたものでは1位が性格の不一致、2位異性関係、3位相手からの精神的虐待上記以下では4位が「家族、親族との不仲」5位が「性的不調和」と、こちらも軽視できない内容となっておりました。

これで見て分かるように、夫、妻方ともに離婚要因の第一位が「性格の不一致」ということになりました。離婚率トップのアメリカは「女性の社会進出が進み経済的に自立できるようになった」こと。

「無責離婚法」とは、どちらかに不倫などの非がなくとも結婚を解消できるという制度で、カリフォルニア州で採択されたのを皮切りに、瞬く間に全米に広まったと言います。
よって、以前よりも、簡単な手続きで離婚に踏み切れるようになったことで、離婚率がより上昇したのではないかと考えられているようです。

他にも、「夫の雇用形態」保険の有無や派遣社員や、パートタイマーの夫への経済的不安など、妻から夫へ離婚を申し出るケースが増加していること、日本の離婚要因にもあった「性的不調和」なども要因としては多い傾向にあるとのことでした。

子供がいる場合離婚するべきか占いをするべき?

離婚するべきかどうか悩んでいる方がもしも、配偶者から身体的・精神的に暴力を受けている場合。その場合はすぐ、信頼できる誰かに素直に助けを求めてください。
心も体もボロボロに疲弊し切ってしまい、普通の生活さえままならなくなってしまいますので、まずは、一旦そんな相手との物理的な「距離をとることを最優先にしてください。
まずは何より、自分自身の身の安全が第一。

お子さんがおられる場合はなおさらです。ご両親はじめ、親族・知人・友人たちへの意地やプライド、「迷惑をかけてしまうかも」などというのは脇に置き、問答無用で「逃げるが勝ち」を実行してくださいね。もし、配偶者から酷い扱いを受けるという場合、実はあなた自身も自分の事を軽く見ていたり、「大したことない」「魅力がない」など、ありのままの自分に対してどこか「否定的」であったり、充分な「価値を感じられていない」ということはありませんか?

本来の愛というものはあなたを縛るものではなく、あなたをどんどん
「自由に」「魅力的に」輝かせてくれるものです。何より、本当にあなたを大切に思い、精神的に自立している相手ならば、あなたに危害を加えたりはしません。
まずはあなた自身があなたに敬意を払えているか?

占いにてチェックしてみてください。

離婚するべきか占いをするにはまず結婚について深く知るべき

では、一体どのようにして、「性格の不一致」を乗り越えていけば良いのでしょうか?
ここでは、スピリチュアル的に見た「結婚」について、意識を向けてみましょう。
スピリチュアル的に見た「結婚」の意義とは、「魂と向き合うこと」

まさに性質の違った魂のふたつが「結婚」という現世上のシステム通して、時にぶつかり合い。妥協し合い、何よりも、その「違いを認め合う」ことこそテーマなのです。互いを認め合うこととはそれぞれの良さを分かち合うこと。違う魂から受ける刺激によりもたらされる「変化」であり、その「変化」からもたらされる「成長」です。

引き寄せの法則からの見解もここに加えさせていただければ、違う性格である配偶者のことを「つまらない、くだらない」とみるのか「素晴らしい、有り難い」とみるのかで、その後に引き寄せられてくる現実も間違いなく変わってきます。

離婚するべきか占いをする前の注意点について

占いの良いところというのはズバリ「自分にとって違う世界が開ける」こと。占いとは、その占いを専門に学ばれた占い師さんから「専門的」「客観的」にアドバイスいただくことができます。

そして恐らく一般人にとってみれば、そんなアドバイスとは自分ひとりではなかなかたどり着けないものであり、時に、「目からうろこ」といったような、思いもよらない解決方法を提示して貰える可能性もあります。

それらに加えて、何より、「人に悩みを話す」ということで、少しでも精神的に楽になれたり、話しながら、自分自身でも改めて気持ちに整理がついたりなど、そんな心理的効果も得られることと思います。

一方で、何点か注意点をあげるとすれば「占い結果に頼りすぎない」ということがあげられます。あくまで、占い師さんの結果というものは「参考」程度に留めて置き、最終的に離婚か、結婚生活続行かを決断するのはあなた自身であるということを固く心に留めておくことです。

引き寄せの法則の観点から申し上げれば、もしも、誰かになんとかしてもらいたいというような他力本願な心持ちで行動をしていれば、そのような気持ちにふさわしい「全てわたしの言う通りにしなさい」というような占い師さんを引き寄せてしまうかもしれません。

どうか「不幸である」という観点から占いに頼るのはやめましょう。

絶対に幸せであるあなたが好んで選びそうな占いを直観で感じ取ってください。

自分の幸せを考えるために離婚するべきか占いをする

誰であっても、最初はお相手のことが「好き」であり、2人して「幸せになりたい」と願い、結婚に踏み切ったはずなのです。

決して、離婚を願っていたわけではないはずです。
引き寄せの法則には一つ弱点があり、「他人の言動は変えられない」ということにあります。あくまで、変えられるものは自分自身の思いと考え。
不要な思い込みを捨てて、潜在意識を書き換えて想いが変われば、発する波動が変わります。

結果、現実が変わってきます。
発する波動が変われば、いつの間にか関わる人の言動も変わり、もうその頃には「人を変えよう」「人を変えたい」という想いすら、不要になっている自分自身の変化に気が付きます。

離婚するべきか占いじっくり考えること

本当に離婚するべきなのか、悩むところですよね。そこで、まずは夫婦のことを冷静に分析してみましょう。「口論となる前にまずはお互い冷静に話し合う機会を待つ」「夫婦のスキンシップの時間をなるべくはとれるようスケジューリングを心がける」「家事は分担すること」などなるべく喧嘩にならないように、2人して心がけて行くことも大切になってきます。占いを参考にし、大切なのは夫婦2人の判断です。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?離婚するべきか占いをしてみることは必要なのかということについて、ご紹介させていただきました。離婚に悩んでいるすべての方に何らかのヒントとなることを願っております。夫婦の問題は色々あるとは思うのですが、お互いにとって良い人生を選択されていくと良いかと思っています。

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事

  • 処女は引かれる!?28歳アラサーの幸せになるための恋愛術

    今はアラサーの3人に1人は処女だと言われていることはご存知でしょうか。28歳でも処女だという女性は意外といるのです。きっと本人たちは周囲に隠している人も多いのでしょう。年齢を重ねれば重ねるほど、周囲には相談できない内容ですよね。一人で悩みを…

  • 33歳独身はリミット寸前!?アラサー女性の持つ本当の幸せとは

    33歳という年齢はとても微妙な年齢ですよね。30代に入り、そろそろ35歳という歳も見えてくる時期です。アラサーとは言っていられない歳がすぐそこまで迫っているのです。現代では、33歳でも独身の女性は多くいることでしょう。アラサー女性の人生の楽…

  • 40代既婚女性の心理は読めない!?モテる女性の秘密

    40代既婚女性と聞くとおばさんと思う人は多いのではないでしょうか。しかし、実際は、40代既婚女性でも素敵な女性はたくさんいてモテているのです。そんな40代既婚女性たちはどのような心理なのでしょうか。 彼女たちが一番望むことは何なのでしょうか…

  • 素敵なプランで愛が深まる!?カップルの誕生日特集

    恋人と誕生日を過ごしたことのある人は多いのではないでしょうか。カップルが一緒に過ごすイベントは、1年を通していくつかありますよね。そのイベントの中でも、年に一度の誕生日はとても特別なものなのです。相手の誕生日を二人で過ごすことが出来るのは、…

  • ピンチを切り抜けろ!!消えないキスマークはどうごまかす?

    恋人とイチャイチャして、盛り上がりキスマークをつけられたことのある人は多いのではないでしょうか。その時、は、盛り上がってキスマークをつけても、後々そのキスマークが消えないと焦った経験をしたことがある人がほとんどでしょう。 キスマークは人に知…

  • シャイな人はどうすればいいの!?シャイな彼氏の説明書

    今は、草食男子という言葉もあり、シャイな男性は少なくありません。シャイな彼氏と交際をしている場合、彼の反応に戸惑ったり、彼の気持ちが分からず不安になる人も多いのではないでしょうか。 シャイな彼氏には特徴があり、心の内に秘めているものがありま…

  • ストイックに生きることは幸せなの!?幸せな生きかたとは

    ストイックに生きる人はとても輝いている印象がありますよね。ストイックな人は自分に厳しいのです。ストイックな人は周囲の目を気にすることはほとんどないでしょう。己との戦いをしているのです。自分に厳しくもあり、自分に自信を持っている人なのです。 …

  • バレない不倫は出来る!?不倫を隠すには

    今は不倫の話題はとても多いですよね。実際、不倫をしている人は思っている以上に多いのではないでしょうか。しかし、不倫がバレないことはあるのでしょうか。不倫はバレてしまう印象がありますよね。不倫がバレないためには、さまざまな注意や行動、意識をす…