占い師として独立、開業するためには?何が必要?

これから占い師を始めたいと思う方もいるかもしれません。ですが占い師を始めるにあたって「どんな開業方法があるのか?」「どうやって開業すれば良いのか?」悩む方もいるかもしれませんこちらではそのような占い師の開業方法について、わかりやすく解説していきたいと思います。

おすすめの占いサービス

占いの開業をする方法

これから占い紹介しようと思うには大きく分けて二つの方法がございます。それぞれ詳しく解説していきますね。

個人

最初は「個人開業」の占い師です。個人開業の占い師は会社に所属せず自分自身で仕事を行っていきます。おもにメール占いをしたり、路上で占いをしたり、自宅にて占いをしたり、出張して占いをしたり、店舗を構えて占いをしたり、喫茶店などでも占います。
今はネットなどの「オンライン・マーケット」が盛んですのでそこで占いを開業するという手もあります。路上での占いに関しては道路使用許可書が必要であったり、同じ占いしてある「同業者」のかたへの挨拶などを考えなくてはなりません。

色々とトラブルの多い仕事ですので事前にその地域のリサーチなどが必要になります。自宅で占う場合にはお客さんを自宅に招いて占いを行っていきます。ですので自宅に占いの部屋を作る必要があります。

自宅占いは住所というプライバシーが晒されますので注意が必要となってきます。
そして出張占いは「お客様の住んでいる地域」に足を運んで占います。それだけにすっぽかされると痛手が大きいのです。ですので事前に身元の確認をしたり、料金の先払いをしてもらうことが必要になってきたりします。

そして店舗を構えて占う場合には「占いの店」を作って営業するします。店舗経営は失敗すると「投資金」がパーになります。ですのでチャンスは大きいですがリスクも大きくなってきます。そして「喫茶店」を使って占いをします。喫茶店側にも売上アップというメリットがございますので「占いが OK」 という店主もいます。

占い会社に所属する

次に「占い会社」に所属して占い師になる方法ですが、独立して仕事するのはしんどい。
そういう方は会社に所属して占い師をやって行くのが良いでしょう。会社所属の開業方法は
まず「電話占い」「ショッピングセンターなどでの占い」「占いの館」などがあります。

まず「電話占い」についてなのですが電話占いをする人のほとんどは占い会社に所属をしています。 会社にマージンを払って課金システムなどを使わせてもらうわけです。会社がお客様を集めてくれるのでその点はとても楽であると言えるでしょう。次にショッピングセンターなどで占う場合ですが、地域によっては、デパート、駅ビル、ショッピングセンターなどで占いをしていますよね?

「特定の占い会社」がショッピングセンターと契約しているのです。そして「 占いの館」占いは店舗で占うのが王道であると言えるでしょう。
「占いの館ウィル」など、たくさん店舗がありますよね。求人や募集も多いので腕に自信のある人は一度問い合わせてみることをお勧めします。

占い師として開業するとカフェでできるの?

カフェでの占い。しかし、そもそもカフェで占いをさせてもらえるのでしょうか?実際が OK のところもあり、NG のところもあります。 OK をしてくれるカフェも案外多いもので、なぜならば、喫茶店の店内で占いをすると店側にも、「喫茶店の売り上げになる」お店で売らなければそのぶんの飲食費がお店に落ちることとなります。ですので喫茶店の売り上げがアップするということです。次に「お店の集客になる」占い好きな方はとても多いのです。ですのでその喫茶店で占いをやっていることが分かれば「占い月のお客さん」がたくさん集まってくる可能性があります。

占い師として開業すると路上でできる?

それでは路上占い師になるにはどのようにすれば良い?について説明します。「路上占い師」になるにはまず何らかの「許可」を取る必要があるのです。
もしと商店街だったら、その商店街の管理組合に許可を取ります。

店の軒先ならその店の主なに許可を取ります。公共の道路の場合は警察に「道路使用許可」を取らなくてはなりません。ただ噂ですがこの「道路使用許可」というのはほとんど降りることはないそうです。

そして日本全国、土地には、縄張りというものが存在します。これを貸すとロクなことがありません。「同業者」「その筋の方」への挨拶が必要になってきます。

占い師として開業するとメールでできる?

そしてメールで占いをやるにはどのようにすればよいかを説明していきます。
まず電話占いの会社の中には「メール占い」を取り入れてることころがあります。例えば電話占いヴェルニなどでは「メール占い師」募集しています。この絵の占い会社では服用すればメール占い師を始めることができるでしょう。そして自宅にネット環境があるならば一人で「メール占い」を開業します。

メール占いをするにはホームページを作る必要があります。めんどくさいと思うかもしれませんが、今なら「BASE」や「STORES」などのネットショップがあります。ですのでスマホ一台で簡単にできてしまうのです。

占い師として開業すると自宅と出張どっち?

自宅で占いをするメリットは快適な空間で占えることです。「自宅占い」は自宅でサロンをするわけです。ですので、その間を自由に演出することができます。 BGMをかけても良いですし、コーヒーやお茶を入れても良いです。 自由に空間をカスタマイズすることができます。そのため占い師は「快適な空間」で占うことができます。

まだお客様にとっても満足度が高くなるでしょう。そして時間のロスが少ないことが挙げられます。二択占いはお客様の到来を待っていれば良いのでそのぶん時間が省けることです。そして自宅占いをお客様を自宅に招き入れるわけですのでお客様とのより親密な関係を築き上げることが可能となります。そして二択占いのデメリットですが、立地条件に左右されるということがあります。

千葉駅から遠かったりとんでもない中だったりするととっても大変です。なかなか来てもらえなかったりすることもあります。二択占いをお客様にこちらまで足を運んでもらうことになりますので、それなりの満足度を与えなければなりません。「せっかくここまで来たのに、この程度なのか」なんて思われてしまうともう二度と来てもらえることはないと思います。近くで占いを開業するにはお客様を心底満足させる実力が必要となってきます。そしてストーカーには注意しましょう。

そして出張占いのメリットとしては、店舗を構える必要がありません。占う場所はお客様の自宅にも良いですし喫茶店でも買わないということでお客様にとって一番都合のよい場所を選択できるということがお客様のこと考えて楽な占い形態といえます。しっかし出張は手間や費用などがかかってきます。交通費はもちろんですが、場合によっては宿泊費もかかってくる場合があります。その他費用負担をするのは「占い師」なのか「お客様」なのかををあらかじめ決めておく必要があるのです。

お客様の自宅に呼ばれた際は密室になってしまうので注意が必要となってきます。このご時世ですからトラブルに巻き込まれることも考えられます。初めてのお客様の自宅に行くのには細心の注意が必要となってきます。

占い師として開業お店を構える方法は?

では占いの店舗を開くにはどうすれば良いかなのですが、店舗開業するにはまずその場所で開業して本当にお客様をゲットすることができるのか?というのはリサーチする必要があります占いのニーズがあるのか?周辺に競合店がないか?交通の便は良いのかなどよく調べておく必要があります。

そして次に物件探しです店舗を開業するにはもちろん物件が必要になってくるんですが、 OK という というところですそして多少古い物件でも大丈夫ということです。占いはちょっとしたスペースでもあれば営業できますのでどこかの店舗の一角を借りて営業するという手もあります。 そしてお客さんに来てもらうにはその地域で占いを営業しているということと開業届というものが必要となってきます。

占い師として開業個人と会社に所属するとどちらが良いの?

では占いを開業するには個人開業と会社相続はどちらが良いのでしょうか?
まずトラブル。障害にはトラブルがつきものだと言いますが特に占いが仕事ではクレームから発展するトラブルに注意が必要となってきます特に個人開業の場合トラブルは自分で対処しなければなりません占いの仕事は最悪の場合訴訟沙汰になることも考えられるのです。

こちらはの個人情報もお客様には開示されませんですのでクレームやトラブルに関しては随分と気が楽になるということが挙げられます。しかし、儲けに関しては占い会社に払うマージンは個人開業には必要ありませんそのため設けはそれだけ多くなります。一方占い会社に所属している場合は手数料がっぽり取られ儲けは少なくなることが挙げられます。

占い師として開業するための集客方法

占い師として開業するためには集客というのは非常に必要となってきます。占い会社に所属をしていますと一定の宣伝をしてくれます。ですのである程度の集客が認めるという利点があります。

まとめ

さていかがでしたでしょうか?占い師として開業する方法はわかりましたか?占い師として開業するといってもいろんなルートがあることが分かったと思います。 占い師開業としての知識を深め、占い師として独立していただければと思っています。

鑑定実績27万件突破!ここらむ編集部がおすすめする占いサービス「みんなの電話占い」

\ 初回最大7,290円無料 /

今すぐ無料登録してみる

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事