気になる晩年の運勢は?四柱推命占い

四柱推命は、生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの柱を元に占うものとされており、時間軸に分けて占うことも可能です。初年期、中年期、そして晩年期の運勢を占うことが出来ます。晩年期はどのような結果が出るのか気になりませんか。人生の終盤である晩年期は、一番自分の人生で自由な期間なのかもしれません。自由な時間であるからこそ、どのような晩年期なのか想像が出来ない部分がありますよね。

まだまだ仕事に邁進する人、自分の家族を大切にする人、仕事を全うし、第2の人生を歩人、さまざまな人生が晩年期にはあるのでしょう。

どのような晩年期を描くかによってこれからの人生の生き方にも影響してくるのではないのでしょうか。

四柱推命は時間ごとの運勢を占うことが出来るのです。四柱推命は、複雑であり、結果が具体的といわれています。それ故、時間ごとの運勢を占うことが出来るのです。

まずは、四柱推命で自分を読み解いてみましょう。そして、自分の人生や傾向を深く理解しましょう。自分を知ることは自分の将来の人生を予測し、考察する上で欠かせないことのなのです。

自分自身を理解出来ている人はどのくらいいるのでしょうか。自分の資質や傾向を全て理解することはなかなか難しいことです。その時は、四柱推命を活用してください。自分の特性や傾向を具体的に算出してくれるのです。

自分の人生がどのような人生となるのか、まずは四柱推命で読み解いていきましょう。

おすすめの占いサービス

四柱推命とは?晩年を占う

四柱推命では、晩年の運勢を占うには、時間の柱や大運を見ながら占っていきます。

四柱推命とは、生まれ持った先天的な運勢を占う占術とされており、的中率抜群のため、「占いの王様」と称されています。占い方もとても複雑であり、占いから導き出す結果もとても具体的で詳細となります。より詳細な自分の運勢を導きだしてくれるのです。

四柱推命とは、古代の中国で生まれた占いとなります。「過去」「現在」「未来」を予見する運命学の一つであり、「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」を元に占います。人が生まれ持っている、性格や才能、資質を算出し、的確に結果を出すことが出来ます。

東洋占術である四柱推命は、最も信頼が厚く、古代中国では、軍事にも活用され、とても強い信頼を得てきた占術であります。とても高い的中率から「占いの帝王」と呼ばれ、政治にも密接に関わってきたのです。的中率が高くなければ、軍事や政治に活用されることはなかなか起こらないことでしょう。それほどまでに、四柱推命は信頼されてきたという証なのです。

占星術とは、どのような「星」に支配され、どのような「星」を持っているのかで、その人自身の運命や運勢、そして宿命などを算出していきます。人の宿命は、生まれた日で全て決まるとされています。

気になる晩年の運勢を占う!四柱推命占い

四柱推命には大きな時間軸があります。気になる晩年の運勢はどのように算出されるのでしょうか。

四柱推命には、10年ごとの社会運を現す「大運」というものがあります。「大運」で重要なことは干支から導きだす「通変星」です。

通変星とは、四柱推命において最も重要な星とされています。自分自身の性格や能力、資質を判断する上でとても重要な役割を担います。また、通変星は、自分自身の内面や精神性を表す役割があるため、とても繊細なのです。通変星により、内面に秘めた性格や傾向がはっきりと別れるのです。

晩年が気になる方必見!四柱推命占い

四柱推命では、生年月日と生まれた時間から「命式」を算出する運命学です。自分の晩年の運勢が気になりませんか。

命式とは、自分自身の性格や個性や社会的な関わりなどを書いたものです。自分を表すものであり、自分を知る上で重要な指針となるものなのです。幸福になるためには、まずは自分のことをしっかりと理解し、知ることです。そのためには、四柱推命での占いがとても役に立つのでし。

四柱推命を活用し、人生のチャンスを掴みましょう。

四柱推命とは、「人生の参考書」です。人生を豊かにするための道具なのです。他の占術では難しい「時期」についても占うことが出来るのです。人生にはさまざまなタイミングや決断の時が訪れます。そのタイミングや好機を教えてくれるものこそ四柱推命なのです。

人生において、いかにベストなタイミングで、正しい行動をすることが出来るかどうかは、今後の幸福な人生を得る上でとても大切なことです。

四柱推命は当たるのか?当たる人と当たらない人の違いとは

四柱推命とは、陰陽五行を元にしたものです。生まれた生年月日を10個の「干」と、12個の「支」に置き換えたものであります。晩年期の運勢が気になる方は、四柱推命を深く読み解きましょう。

それでは、四柱推命には欠かせない「十干」を見ていきましょう。

・甲(こう) 公平無垢な性格。おしゃべり好きではなく。一徹な面を持ち合わせています。何事も最後まで成し遂げようとする反面、権威に逆らう反逆精神を持ち合わせています。主ぐれた眼力を持つため、人望があります。

・乙(おつ) 穏やかであり、周囲から好かれる性格をしています。臆病な面を持ち合わせており、新しいことを好みません。中途半端なまま逃げ出してしまうこともあります。

・丙(へい) 活発で陽気な性格です。愛情が薄く軽薄な面を持ち合わせています。忍耐力が乏しい面があります。

・丁(てい) 「謙遜の美徳」の持ち主であり、親切丁寧で、人を教育する力があります。博愛心が強く、人望に厚い人が多い傾向にあります。

・戊(ぼ)  人情の薄い人が多く、傲慢で我が強い性格です。飽き性であり、他人と争うところがあります。

・己(き)  温和ですが、他人に胸の内を明かさない傾向にあります。勝負ごとを好み、決断力に乏しい面があります。

・庚(こう) 働き者であり、口が達者な性格です。活発ですが落ち着きがない面があります。

・辛(しん) 神経質な性格です。金銭には縁がありますが、迷い気があります。

・壬(じん) 運気は旺盛であり、人の上に立てる人徳があります。

・葵(き)  活発で短気な性格です。精神力が強い面がありますが、融通が利かない面があります。

十干(じゅっかん)は、古代中国の時代から日の順序を示す記号として活用されていたものです。1ヶ月を10日毎の上中下の三旬に分け、1日目から順番に数えられたことが始まりであるとされています。

そして、陰陽五行説と関わり、五行の「木」「火」「土」「金」「水」のそれぞれの「陽」を「兄」とし、「陰」を「弟」と区別して、十干に割り当てられたのです。

そして、十二支は、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)に分類されます。

それぞれの資質があります。四柱推命は複雑な占いであり、結果も具体的といわれています。当たる人は、占いの結果に対して素直に受け入れられる実直な人なのではないでしょうか。四柱推命の結果をどう自分自身で受け止めるかが大事なことなのです。自分自身で前向きに考えられない人はどのような結果が出たとしてもプラスに考えることが出来ないのではないでしょうか。

まずは、四柱推命の占いで、自分を傾向と特性を知りましょう。新しい自分自身を発見出来るかもしれません。

四柱推命の四つの柱とは?晩年を読み解く

四柱推命は、四つの柱「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」を元に、さまざまなことを占う運命学なのです。四つの柱から晩年を含めた時間を読み解いていきましょう。

「年柱」(ねんちゅう) 
「月柱」(げっちゅう) 
「日柱」(にっちゅう) 
「時柱」(じちゅう)  

時柱とは、生まれた時間を現すものであり、時柱には、本人の本質が凝縮されたものが秘められているのです。晩年の運勢には時柱と大運が大きく関わってきます。

運勢の流れとは、10年ごと、1年ごとなど、大きさの単位の運勢であるほど重要とされています。10年ごとの運勢をみるものが「大運」なのです。この大運を決める時に重要なことがあります。自分が「順行」であるのか、「逆行」であるのかです。これは命式の年干と性別の組み合わせでより算出されます。

そして、強く影響されるものが、12運です。時間の柱には、部下や子どもとの関係性が見えてくものでもあります。この時間の柱には、通変星を引従した12運が関係しています。

まとめ

四柱推命はいかがでしたでしょうか。四柱推命は時間軸で占うことが出来るため、それぞれの人生の軸を見ることが出来ます。あなたの晩年の運勢はどうでしょうか。

四柱推命の算出した結果が全てを認識はしないでください。四柱推命は、あくまでも、人生の参考書であり、助言なのです。結果が全てを語るものではないのです。

今あなたは、四柱推命の占いの結果をどのように受け止めることが出来ますか。悪い内容の場合も、良い内容の場合もあることでしょう。将来の晩年の運勢が良い場合は何もしなくてよいという意味ではありません。

良い晩年を迎えるためにも、その結果を受け止め、その晩年に向けた人生を計画するのです。そしてそれに向けて歩みを進めるのです。

また悪い晩年の結果が出た場合は、嘆き悲しむだけでは駄目なのです。悪い結果が全てではありません。何が悪いのかまず読み解きましょう。そして、幸福な晩年となるために、自分の行動や行いを改めましょう。

将来、自分がどのような人生を生き、晩年を迎えるかどうかは自分次第です。歩みを進める上で、何かに迷ったり、悩んだりした時は、四柱推命の助言を取り入れましょう。

幸福な人生を、幸福な晩年を送るために、まず自分を深く読み解いていきましょう。

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事

  • 頭脳線で性格も適職も丸わかり!二股の手相はどんな人?

    手相の中でも代表的な「頭脳線」は、二股に分かれていることがよくあります。頭脳線は「ビジネスの才覚」や「創造性」などを示し、性格や適職を判断することが可能。特に、頭脳線の二股の「向き」「長さ」「右手か左手か」「フィッシュや三角紋の有無」などに…

  • 動物占いでグリーンのライオンの性格と恋愛そして相性

    動物占いでは、グリーンのライオンで、性格とか恋愛運とか、仕事運・相性などが分かります。動物占いは、「四柱推命」に基づいて、作られているので、信憑性はかなり高いです。12種類の動物に分類して、4~6色のカラーを加えて、全部で60パターンに分け…

  • 動物占いについて60キャラの一覧をまとめてみました

    動物占いの動物キャラの一覧の一部をまとめてみました。同じ動物でも、カラーによって少し差が出てきます。動物占いは、四柱推命を基にした占いです。昔からある十干十二支の組み合わせで、60種類の動物に分けます。12種類の動物をカラー分けで、60種類…

  • 動物占いで華やかなこじかについてのイメージは?

    動物占いで華やかなこじかはどんなイメージでしょうか?こじかと聞くだけであの可愛いこじかを、思い浮かべますが、実際はどうでしょうか?もしかしたら、かなりギャップがあるかもしれませんね。それでは、こじかさんです! おすすめの占いサービス 公式サ…

  • 動物占いで虎でブルーってどんな虎なんでしょうか。虎でブルーって?

    動物占いでブルーの虎は、ゆったりとした悠然の虎をあらわします。四柱推命では「地球系グループの壬」にあたります。非常に明るくて、社交的な性格です。いつも元気いっぱいで、その場の雰囲気を明るくするオーラを持っています。またバランス感覚も優れてい…

  • 動物占いで人気の無料サイトのご紹介と12種類の動物の基本的な性格

    今、動物占いが人気です。12種類の動物とカラーで色分けされて、合計60種類に分類されます。同じ動物でも、カラーによって微妙に性格に違いがあります。あなたはどの動物にあてはまるでしょうか?動物の基本的な性格と人気の動物占いのサイトのご紹介です…

  • 動物占いで正直なこじかについて

    動物占いで正直なこじかが友達だったら、どうします?あの通り可愛いし、ピュアで、なんかほっておけないかんじで、でも警戒心が強くて、意地悪なんてしたら猛反発、二度と口もきいてもらえません。正直なこじかさんには、優しく接してあげてくださいね。そん…

  • 動物占いってどうすればいいのか。占い方についてもう一度基本から

    動物占いの占い方について、どうすればいいの?占い方と動物占いの基本的なことを解説します。動物占いは、元々は四柱推命の十二運星を動物に当てはめたもので、日本で誕生した占いと言われています。 おすすめの占いサービス 公式サイトを見てみる 公式サ…