算命学で見る性格診断!

皆さん今まで算命学に触れた事はありますか?算命学でぜひ自分の性格を診断してみませんか。まずは、自分で自分自身を深く知り、理解することで、さらなる飛躍や幸福に繋がるのではないでしょうか。

算命学と聞くと難しいイメージがあり、自分には理解出来ないと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。まずは、算命学の基本を読みとくことで自分の星を知り、自分の性格を診断することが出来ます。

まずは、算命学について見ていきましょう。

おすすめの占いサービス

算命学のルーツは?まずは自分の星を調べよう!

算命学は、主に中国で生まれた占術であり、性格や運勢、または気になる人との相性を占うことが出来ます。算命学は、古代中国で生まれた干支暦を元にした占術となります。古代の中国では、秘蔵の帝王学とも言われていたのが算命学なのです。中国ではとても有名な占術であることが伺えますね。

また、算命学は、中国で生まれた占術であると同時に「人間学」ともいわれています。日本では主に占術つまり占いとして広く知られておりイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、古代中国では、政治や軍略でも使用されるなど、実用面でも多く活用されてきたのです。中国ではとてもメジャーなものということですね。

算命学は、自然にも大きく関わりがあります。そして、自然の中に「陰陽五行説」や「十干十二支」という法則を生み出しており、広く活用されています。つまり、算命学を学ぶということは、自然を学び、深く関わることに繋がるのです。

算命学では、生年月日を元にした「命式(自分の持って生まれた特質や配置)から自分の本質や性格を深く探り、この先、自分が最大限に活躍できるためには、どのような環境や人が合っているのか、どのような分野が向いているのかを読み解くことが出来るのです。

算命学では、生年月日で導き出される命式を「宿命」といいます。生まれた日の星の位置や動きを自分の思い通りに変化させることは出来ないのです。

自分の宿命は何なのか。どのような星であり、どのような特質があるのかは、まず自分の命式を知ることが鍵となっています。

自分自身がどのような性格なのかは、「十大主星」どんな運気なのかは、「十二大従星」という星があり、その星を調べるには、「自分の命式を知る」つまりは、陽占法から知ることが出来るのです。

宇宙から受け取っている自然エネルギーのことを5大本能と言われ、守備本能、伝達本能、引力本能、攻撃本能、習得本能のことを言います。その5大本能を通過して、自分の行動や性格となって現れる世界が「陽占」なのです。陽占によって算出された星は、22種類の星があり、その星が十大主星と十二大従星なのです。

算命学の「人体図」とは?「人体図」から見る性格は?

算命学から性格を占う上で、「人命図」は深く関わっています。算命学では、生年月日と年齢により、算出された八つの星のを「人体図」に配置するのです。
「人体図」の配置の考え方があります。部位によって読み解く星や意味が異なっているのです。

・頭  十大主星    胸が自分自身ならば、頭は親。 
・胸  十大主星    胸は自分自身の心から出てくるところ。
・腹  十大主星    腹は自分より下である。子どもを意味する。
・右手 十大主星    利き腕。配偶者。
・左手 十大主星    自分と同じ立場の人間。友人や兄弟。
・左肩 十二大従星   親に最も近い次期。初年期。
・左足 十二大従星   自分と子どもが深く関わる時期。中年期。
・右足 十二大従星   晩年期。

「人体図」の八つの星は全て自分自身を現しています。それぞれの星が意味することをしっかりと理解し、自分自身を深く読み解いていきましょう。

算命学の星の意味とは?星が示す性格

算命学を宗教と混同される人がいますが、宗教ではありません、算命学では、「性格=本質は変わらないから環境や習慣=運命を変えなさい」と言われます。宗教の場合は、自分自身の性格=本質を変えなさいということが多いようですが、算命学は真逆の意味を持つため、宗教ではないのです。

人間は、肉体は親から授かりますが、心は無形であり宇宙から授かるといわれています。だから、人間の心も宇宙の「気」が身体を通り、別の形となった、それこそが算命学といわれています。

算命学の星を詳しく読み解いていきましょう。

まずは、性格を示す「十大主星」についてです。十大主星は、十方世界と言われ、現実世界の出来事や事象を現したものです。「十大主星」とは、人間に備わっている5大本能である守備本能・伝達本能・引力本能・攻撃本能・習得本能が大きく関わっています。その5大本能に陰陽(+-)をかけ合わせてできた星である10種類の星のことをいいます。その10種類の星を見ていきましょう。

まずは守備本能である「貫索星」と「石門星」です。「貫索星」は頑固でマイペースな正確であり、集団行動より単独行動を好みます。「石門星」は柔軟で適当な性格であり、集団行動でも広く浅く接することができるのです。

次に伝達本能である「鳳閣星」と「調舒星」です。「鳳閣星」は、率直でありのんびりとした性格です。「調舒星」は繊細でクリエイティブな性格を持っています。

引力本能である「禄存星」と「司禄星」です。「禄存星」は、お人好しで自分が大好きな性格であり、「司禄星」は、用心深く家族愛に溢れた性格の持ち主です。

そして、攻撃本能である「車騎星」と「牽牛星」です。「車騎星」は、勝負運が強く反発心が強い性格です。「牽牛星」は、責任感が強く、プライドが高い性格となっています。

そして最後に習得本能の「龍高星」と「玉堂星」です。「龍高星」は、グローバルな性格であり、「玉堂星」は古典的で母性愛に溢れる性格を持っています。

次に、運気を現す「十二大従星」を見ていきましょう。「十二大従星」とは、12の世代で自分の時間を分類し、それそれの世代を星で現しています。

・「天報星」  世代「胎児」可能性、変化
・「天印星」  世代「赤子」無邪気、明るい
・「天貴星」  世代「児童」真面目、正直
・「天恍星」  世代「少年・少女 夢、恋愛
・「天南星」  世代「青年」若さ、挑戦
・「天禄星」  世代「中年」冷静、堅実
・「天将星」  世代「家長」地位、プライド
・「天堂星」  世代「老人」マイペース、経験
・「天胡星」  世代「病人」感性、知恵
・「天極星」  世代「死人」お人好し、受け身
・「天庫星」  世代「入墓」粘り、一途
・「天馳星」  世代「彼世」 役割、多忙

一つ一つの世界が独自の時間軸を持っているため、決して比較し合うものではありません。それぞれの星の特徴があるのです。

算命学で分かることは?性格で適正を予測出来る!

算命学では、命式により性格を占うことが出来ます。自分の「運命」は気になりませんか。「運命」とは、持って生まれた「宿命」と自分の周囲を取り巻く「環境」との間に生まれるエネルギーです。

自分の宿命を知り、自分の人生を良い方向へと導くために、自分の性格や能力、適正を正しく理解することはとても大切なことでなのです。

誰しもが自分らしく自由に生きていきたいと思いませんか。その願いを叶えるためには、やはり自分自身を知る事なのです。自分がどのような性格で、どのようなことを得意としているのかをしっかりと読み解くことは何より重要なことです。

算命学は、その手助けをし、導いてくれる学問なのです。

算命学で性格を調べる方法とは?

算命学で自分の性格を読み解く上で、まずは自分の星を知ることはとても大切です。人体図に配置される場所の意味と自分の持っている八つの星の意味を正しく理解することはとても大切なことなのです。

それぞれの人体図の場所に配置された八つの星は、全ての星が寄り添いあい、補い合うことで自分自身の心を支え、形を形成しているのです。

まずは自分の星を知りましょう。そして星の特性をしっかり読み解きましょう、全てが自分自身の心であり性格なのです。

おすすめの無料算名学鑑定!性格診断してみよう!

算命学で、性格診断をする基本があります。まずは、占いの基本である十干を知りましょう。十干とは、自分の本質や特性を大自然に置き換えたものとなります。生年月日より干支番号をまずは知りましょう。

干支番号により、あなたの性格を読み解くことが出来るのです。簡単にまずは鑑定をしてみたいという人にお勧めなのが、虹蝶さんの算命学鑑定です。算命学を分かりやすく解説してくれます。

まとめ

算命学を読み解いていきましたが、いかがでしょうか。自分の性格診断をしてみたくはなりませんか。ほとんどの人が自分自身のことを深く探り、考える機会は稀なのではないでしょうか。まずは、己を知ることは人生を豊かにする上でとても大切なことなのです。

自分自身を正しく理解している人はどれほどいるのでしょうか。自分自身のことが一番よく分かっていない人がほとんどなのではないでしょうか。自分でも知らない内にフィルターをかけているはずです。そのフィルターを取り除き、まずは自分の本質を理解することが重要なのです。

算命学は、他の占いと比べて最も神秘的な精密な占いだといわれています。算命学は、自然と深くかかわり合い。宇宙からの自然エネルギーの法則により占っているからです。

算命学は、すごく複雑な学問です。しかし、しっかりと正しく学び理解しようと努めることで誰しもが占うことが出来るものでもあります。

まずは、算命学を深く学びませんか。その上で算命学により自分の性格を読み解いていく。己を知ることで、さまざまなことが見えてくるでしょう。未来の自分の人生の豊かさや幸福へと繋がるのではないでしょうか。

占い同じカテゴリのおすすめ・評判記事

  • 頭脳線で性格も適職も丸わかり!二股の手相はどんな人?

    手相の中でも代表的な「頭脳線」は、二股に分かれていることがよくあります。頭脳線は「ビジネスの才覚」や「創造性」などを示し、性格や適職を判断することが可能。特に、頭脳線の二股の「向き」「長さ」「右手か左手か」「フィッシュや三角紋の有無」などに…

  • 動物占いでグリーンのライオンの性格と恋愛そして相性

    動物占いでは、グリーンのライオンで、性格とか恋愛運とか、仕事運・相性などが分かります。動物占いは、「四柱推命」に基づいて、作られているので、信憑性はかなり高いです。12種類の動物に分類して、4~6色のカラーを加えて、全部で60パターンに分け…

  • 動物占いについて60キャラの一覧をまとめてみました

    動物占いの動物キャラの一覧の一部をまとめてみました。同じ動物でも、カラーによって少し差が出てきます。動物占いは、四柱推命を基にした占いです。昔からある十干十二支の組み合わせで、60種類の動物に分けます。12種類の動物をカラー分けで、60種類…

  • 動物占いで華やかなこじかについてのイメージは?

    動物占いで華やかなこじかはどんなイメージでしょうか?こじかと聞くだけであの可愛いこじかを、思い浮かべますが、実際はどうでしょうか?もしかしたら、かなりギャップがあるかもしれませんね。それでは、こじかさんです! おすすめの占いサービス 公式サ…

  • 動物占いで虎でブルーってどんな虎なんでしょうか。虎でブルーって?

    動物占いでブルーの虎は、ゆったりとした悠然の虎をあらわします。四柱推命では「地球系グループの壬」にあたります。非常に明るくて、社交的な性格です。いつも元気いっぱいで、その場の雰囲気を明るくするオーラを持っています。またバランス感覚も優れてい…

  • 動物占いで人気の無料サイトのご紹介と12種類の動物の基本的な性格

    今、動物占いが人気です。12種類の動物とカラーで色分けされて、合計60種類に分類されます。同じ動物でも、カラーによって微妙に性格に違いがあります。あなたはどの動物にあてはまるでしょうか?動物の基本的な性格と人気の動物占いのサイトのご紹介です…

  • 動物占いで正直なこじかについて

    動物占いで正直なこじかが友達だったら、どうします?あの通り可愛いし、ピュアで、なんかほっておけないかんじで、でも警戒心が強くて、意地悪なんてしたら猛反発、二度と口もきいてもらえません。正直なこじかさんには、優しく接してあげてくださいね。そん…

  • 動物占いってどうすればいいのか。占い方についてもう一度基本から

    動物占いの占い方について、どうすればいいの?占い方と動物占いの基本的なことを解説します。動物占いは、元々は四柱推命の十二運星を動物に当てはめたもので、日本で誕生した占いと言われています。 おすすめの占いサービス 公式サイトを見てみる 公式サ…